Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Sep 26, 2016

FINISH


去年から作っていた新作映画が

やっと完成します。


あと、

音をミックスするだけ。


映像は

できました。

何度も見ているとね、


もっとここをこうしたい

とか

あそこを変えたい

とか


きりがないんです。

どこかで

「これで完成!」

と終わらせないと。

もちろん

映画は観客がみて

本当の完成と言えるのですが


とりあえず

中身を作る作業は

これにて終了。

しかし

一息つくひまもなく

今度は見せるための

仕事になります。

配給会社と話し合い

劇場をきめて

宣伝をして

イベントをやり

上映をして…


と、

ここからまだ

長い道のりです。


だから

まだ行程の半分くらいかな。

映画は時間がかかりますね。


とりいそぎ

新作完成を記念して

発表イベントをやります。


まだ

映画本編を見せるわけではありませんが


これまで

内緒にしていた

映画の話を

新作出演者を交えてやります。


完成直後の

今しか話せないこともあったり


映画作りに参加している気分を

味わってください!

星くずサロン vol. 8
「THE BRAND NEW」
『星くず兄弟の新たな伝説』完成発表会

10月4日 火曜日
18:30 open/19:30 start
代官山 晴れたら空に豆まいて

トーク:高木完、久保田慎吾、
    & 新作出演者たち

ライブ:赤城忠治
    cinema

ホスト:手塚眞

http://www.neontetra.co.jp/stardust-brothers/salon08.html

18:43

Sep 13, 2016

CAMP


自分の映画の最後の仕上げを前にして

新潟の山の中で何をしているかと言うと…

話は数ヵ月前に遡ります。

見知らぬ大学生から突然の連絡があって曰く、


自分は新潟の大学の映画サークルの者である。

この夏、サークルで合宿して短編映画を作る予定である。

ひいては手塚監督にも参加していただき

映画作りのご指導を仰ぎたい、


ということなのだった。

よく

学園祭で講演してください

なんて話はあるけれど


合宿に来てくれとは。


なんと大胆な。

その意気込みとチャレンジ精神をかって

手弁当で

大学生と合宿しているというわけです。

なぜぼくが選ばれたかというと

18年前に新潟で『白痴』という映画を撮って、

地元に映画作りを根付かせたから

らしい。

「手塚サンならきっと引き受けてくれるだろう」

という地元の声もあったそうだ。

見こまれたというより

見透かされた感じ。


まあしかし

学生が合宿にプロを呼ぶなんて

珍しいし洒落ているじゃない。

ぼくは学生と

珍しいものと

美女には

弱いのである。

映画作りははじめて

という学生もたくさんいて


慣れないながらも

何かに一生懸命な姿は

初々しく、


少なくとも
スマホのゲームにはまっている姿より

清々しい。

たどたどしい撮影を眺めながら

ぼくも最初はこんなものだったよなあ

と感慨深い。


そのころ

プロの映画監督にずいぶんと励まされた


おかげで

いまがある。

だから

このくらいの

お返しはしないとね。

19:58

Sep 10, 2016

CHAMPAGNE


ちょっと気のきいた旅館に行くと

「ウェルカムドリンク」

のサービスがあったりします。

この世の果てのような

絶壁の上に載ったホテルについたら

「ウェルカム・シャンパン」

があるというじゃないですか!

すてきです。


シャンパンに目がないワタシです。


しかも

何十人ものお客の

ひとりひとりにグラスを渡している。


なんと
太っ腹なことか。

いそいそと

カウンターに行くと


あれ、

シャンパン・グラスじゃないな。


まあ

標高2,000メートルの山のてっぺんのホテルだから

そのくらいは目をつぶろう。

しかし、

なんかちょっと

いやな予感が…。

小さなグラスに注がれた酒を口に運ぶと


甘い。


シャンパンじゃない…


スパークリングワイン?


シードル(発泡リンゴ酒)だ。


その横で

「人生で初シャンパン!」

とはしゃいでいる若者がいる。

「これはシャンパンではないよ」

と教えてあげるべきか、


否か。


そのくらい

見逃してあげないとね。

幻想があっても

いいんじゃないかな。

せっかくの

旅なんだから。

00:28

Sep 8, 2016

RETROSPECTIVE


30年ほど前の

自分の映画が

映画館にまたかかるのは

ありがたいものです。


しかも

フィルムで!

映画の生きる場所は

やはり劇場。

事実上の劇場映画デビュー作

『星くず兄弟の伝説』

が、

特別に(30年ぶりに)生き返りました。

(鉄人社さんありがとう)

当時のプロデューサー(近田春夫さん)、

主役のふたり(久保田慎吾、高木完)

と共にステージに登壇して

昔話に花を咲かせました。


司会進行は
学生の頃からの映画仲間、

三留まゆみさん。


ときには

過去を振り返るのも

いいものです。


映画は何十年も残りますからね。


実は

さらに遡って

38年前、


高校生のときに作った短編映画も

偶然にも

今月、上映されるのです。


ぴあフィルム・フェスティバル
http://pff.jp/38th/lineup/8mm-madness/


恥ずかしいけど


なんか面白いなあ。

その一方で

最新作の映画が

今月完成する。

(長い道のりだった…)

さらにいま、

手元には

その次の映画のシナリオがある。

自分の

38年前と

31年前と

現在と


未来が


交差する。


映画に

ありがとう。

17:47

Sep 7, 2016

SALAD


サラダが食べたい〜


と思って歩いていたら

目の前に

本日オープンの店があって

店員が近づいてきて

いろいろ説明しながら
チラシをくれるんですよ。


なんと

サラダバーじゃないですか!

もちろん、

そのまま飛び込みました。

実は

数日前から

すてきな偶然が

続いています。


「ラッキー!」

「なんで、今日?」

「タイミング、良すぎない?」

そんな感じ。

さあ、

いまこそ

タイミングの謎に迫るとき。


なにが理由で

(もしくはきっかけで)

あらゆるタイミングが

ピッタリ合い出すのか。

この
謎が解けたら

ノーベル賞ものですよ。


いや、

きっともっとすごい。


人類に貢献できる。

よし、

ひとつずつ
思い返してみるぞ。


どこから

タイミングが

良くなったか…。

12:35

Sep 6, 2016

CICADA


さあ、寝よう

というときに

寝室にセミが飛び込んできた。


灯りを慕っての
ことなのだろう。


窓のブラインドにしがみつく
その子は

羽も透明な
美しいセミ。


思わず

見とれる。


たぶん
ヒグラシ。

一度、外に出したんだけど

すぐ
Uターンして

また部屋の中へ。


結局、

一晩いたのだけど

ジーともカナカナとも鳴かずに
静かにしていた。


夜中だしね。

こちらも

気にせず
よく眠れた。


朝方に
外に帰してやると

元気よく

飛んでいった。


きっと
メスだったのだろう。

と、

勝手に思い込んでいる。

17:30

Aug 18, 2016

OSTRICH


仕事先に行く途中、


軽く食事しようと

通りかかった肉バルに立ち寄る。


カウンターで飲みながら

炭火焼きの肉が

色々つまめる。

最近は

肉食女子が増えたのか

この手の肉バルが流行ってるね。

都会だけの傾向だろうけど。


カウンターのメニューに

「ダチョウ 国産」

とあったので

思わずオーダーする。

ちょっと脂があったけど

まずまず柔らかく

うまい。

「どこですか?」

と尋ねたら

山形産とのこと。

天然だったら

コワイけど。

15:49

Aug 16, 2016

WHO?


ぼくの素性を知らない人と

たまたま歌舞伎町を歩いていたんです。


向こうから

若手の俳優が何人かやってきて

ぼくを認めるや、


「お疲れさまです!」

と元気よく言って

お辞儀をしたんですね。

でも
場所が場所でしょう。


相手が俳優、なんて

ふつうはわからないじゃないですか。

ぼくもなにげにジャケット着てたし。

一緒にいた女性が

「あなた何物なの!?」

ちょっとビビっていました。


「彼ら、すごい腰をひいて、頭下げてましたよ」

って。

よく

歌舞伎町を歩いていると

黒服の客引きの兄ちゃんに

軽く会釈されるんです。

いや、

そっちの業界じゃないから。


ただ、映画作っているだけだから。

21:08

Aug 4, 2016

LAST SPART


映画制作もラスト・スパート。


編集はおわり、

CGもできあがり、

音楽も間もなく揃うので、


あとは

ちょっと面倒な画像処理と

色や画質に手を加えて


音をミックスすれば

完成。

いや、

まだか。


観客にみせないと。

映画は

人にみてもらって

やっと「完成」と言えます。

作品の存在理由というか

価値を決めるのは

それをみた人。

何と言われようと構わない。


気に入ってもらえなくても

怒られたとしても。

はやく

誰かにみせたい。

18:28

Jun 20, 2016

INTERMISSION


数週間ぶりの、


いや、もしかしたら

数ヵ月ぶりの

完全な休日!

今日こそ

なにもしないで

ひたすら寝る!

昼がすぎても

夕方になっても

布団から出ない。

こんなに休めるのは

1年に1回

あるかないか。

寝るのも体力といいます。


たくさん寝られるのは

まだ若い証拠だ


と、

開きなおって

寝続けた。

11:58