Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Jun 20, 2016

INTERMISSION


数週間ぶりの、


いや、もしかしたら

数ヵ月ぶりの

完全な休日!

今日こそ

なにもしないで

ひたすら寝る!

昼がすぎても

夕方になっても

布団から出ない。

こんなに休めるのは

1年に1回

あるかないか。

寝るのも体力といいます。


たくさん寝られるのは

まだ若い証拠だ


と、

開きなおって

寝続けた。

11:58

Jun 16, 2016

RIP


冨田勲さんの

お別れの会にゆく。

父の時代から

永くお世話になっていました。


手塚アニメは

冨田サウンドあってこそ。


『ジャングル大帝』『リボンの騎士』は

もちろん知られていますが


手塚治虫総監督の
大人のための劇場アニメ

『千夜一夜物語』
『クレオパトラ』

のサントラも忘れてはいけない。


ぼくにとっては

こちらのほうがずっと
手塚アニメ
という気がする。

父の趣味趣向とアイデアが
満載だから。


大好きです。


ぼくは2度

冨田さんと

仕事をご一緒しました。


最初は
宝塚市立手塚治虫記念館開館のときに作った

『オサムとムサシ』

という短編アニメ。


全編、冨田さんの音楽だけで構成されています。

あたたかな気持ちにさせてくれる小編。

もうひとつは

劇場アニメ
『ブラック・ジャック ~ふたりの黒い医者』

のサントラ。


ぼくの要求を叶えて

テーマ曲は
口笛を使ってくださいました。

柔軟な頭脳と
卓抜したセンス、

並外れた才能の持ち主でした。

仕事中の急逝とお聞きしました。


別の次元にいるうちの父から

声がかかったのでしょう。


ふたりで

どこの宇宙を訪れているのでしょうか。


その

『ブラック・ジャック』のアニメで

ピノコを演じてくださっていた

水谷優子さんも


急逝されました。

本当に意外で

まだ現実感がありません…

ピノコ、

どうしてブラック・ジャック先生は

助けてくれなかったの?


足かけ5年

ぼくは水谷さんと仕事をしました。


テレビアニメの制作中は

毎週スタジオで顔を合わせて

ジョークを言い合ったり、

みんなでごはんに行ったり、


水谷さんのラジオに呼ばれて出たときに

ぼくがフルーツコウモリを飼っていると聞いて

タイだかインドだかで
フルーツコウモリを食べたって話を
してくれて


「ごめんなさい」と言いながら

眼に涙を浮かべて
笑いが止まらなくなった

その笑顔が
実にチャーミングで…


台湾のキャンペーンにはBJ役の大塚明夫さんと一緒に行って

舞台挨拶したり

取材受けたり

温泉に行ったり

美味しいもの食べたり
飲んだり…

まだまだ

一緒に仕事して

遊んだりする
予定だったのに。

だって
水谷さんは

ぼくの主演女優じゃないですか。


監督にヒミツで

どこに行ってしまったんですか ?


隠れていても

あなたの屈託のない笑い声がまだ響いてきますよ。


遠くからでも聞こえる

よく透るあの独特の笑い声と

そこで輝いているあなたの笑顔。

森岡賢さん、


冨田勲さんのように

あなたもシンセの才人だったのに。


まさか

冨田先生からスカウトされたわけじゃあるまいし

ディビット・ボウイに会いに行ったわけでもないだろうし

どうしてまた、

急に逝ってしまったんですか。

もう一度、

ソフトバレエも観たかったし

仕事もしたかったのに。

ライブハウスなんかで

あなたの柔らかい物腰に接すると

こちらまでなんだか

ほんわかしてきて


まだまだ
あなたの才能を聴かせてほしかった。


一緒に

何かしたかった。

まだまだ
一緒に仕事できる友人が

逝ってしまうのは


本当に寂しい。

23:46

Jun 15, 2016

DRUNK 2


サニー久保田とオールドラッキーボーイズ

のライブに行って飲む。


(飲んでばっかり)

説明のいらない

オリジナル『星くず兄弟の伝説』の
主演俳優。

久保田シンゴは
いつまでも変わらない。


歌は少しうまくなった。


曲作りはある意味、

天才的。


本当に、
いい曲を作るな
って。


酒のせいもあって

ついジーンときてしまった。

そして

30年前からまったく変わらない

渋谷のライブハウス「クロコダイル」

の佇まいにも涙する。

そもそも

新しい『星くず兄弟』の映画を
やってもいい

と思ったのは

1年以上前の
ここ、クロコダイルの

シンゴのライブに行ったからだ。


この
ポジティブなばか騒ぎが

無性に懐かしくて

楽しくて、

元気付けられて、


そうそう、

ライブハウスの
このノリを忘れちゃいけない


と思ったから。

本当に

シンゴはいつも

バカで

くだらなくて

下品で

酔っぱらいで


でも

とてもピュアで

いじらしくて

オシャレで

愛嬌があって


楽しい。


そんな映画が

いまの時代に

またあってもいいって。

16:27

Jun 13, 2016

DRUNK


矢崎仁志監督と
ひさびさに飲みました。

震災前の
パリ映画祭以来かな。


最新作『無伴奏』の
トークイベントのあと。

たまに
同業者と飲みに行きます。


監督だったり
プロデューサーだったり、

俳優だったり。

何か特別な理由があるわけじゃないです。


ただ

飲むだけ。

楽しく飲んで

お互いこの仕事をしていることの
喜びと
苦しみを

分かち合うんです。

矢崎監督は

大学(日芸)の先輩ですが、

当事、学校では会った記憶がありません。

彼の監督した

『風たちの午後』

という自主映画の名作があって


女性二人の

繊細な関係を描いた渋い傑作なんですが


同じ頃

ぼくは
もっと馬鹿馬鹿しく
ハチャメチャな

『MOMENT』という8ミリ映画を作って

「自主映画の双璧」
とも言われたことがあります。

お互い十分大人になって

でも

「変わってないね」

なんて言い合いながら

新宿の居酒屋で飲む。

たまには

こんな感じも

いいんです。

隣には

やはり学生映画時代から知り合いの

(いわゆる「PFF」出身監督である)

吉村元希さんがいて

(彼女の最新作に主演してしまった)


その隣には

モデルの田中玲ちゃんがいて


という
業界飲み。

そして
やっぱり
矢崎監督は

スタイリッシュで渋い

『無伴奏』

を発表して


ぼくはと言えば

『星くず兄弟の新たな伝説』

という
馬鹿馬鹿しく、ハチャメチャな映画を作っている。


人間、

変わりませんな。

20:49

May 25, 2016

INFORMATION


忙しさにかまけて

ふっ
と気を抜くと

たちまち
時間が過ぎてゆきます。


6月1日は
恒例、
星くずサロン。

@代官山 晴れたら空に豆まいて

今回は
トークゲストが
津田大介さん。

白髪ふたりトークですね。


津田さんは
社会学者といいますか

政治からコンテンツまで
幅広く語れる方。

バンド活動もされていたので

トークは楽しみです。

ライブは
葡萄畑の青木和義さんのオルタナティブな

バンド・プラネタリオ。


青木さんはパール兄弟の元ディレクターで
90年代にはお世話になりました。

彼のバンドはボヘミアンで
無国籍な感じで

でもどことなくフェイクで

何より
すごく寛げるんです。


意識高揚しながら
ゆったりと寛げる。

朗らかに笑いながら
ちょっぴり
考える。


これぞ
「星くずサロン」という一夜を

是非味わってください。


http://mameromantic.com/?p=43609

12:46

Apr 21, 2016

CRAZY

自分の映画の仕上げ中ですが


またしても

友人の監督の映画に出させていただきました。

高校生の頃からの友人、

増井公二監督の

『ロリさつ』

という作品です。

たいてい

ぼくに出演依頼が来れば


1シーン、
ちょこっと、

というのが多いのですが


今回は

十数ページに渡る台詞が
びっしりあるという…

しかも

想像していた通り

1カットですよ。


ひょえ〜

です。


今回の役は

キレた

というより

イカれた警察関係の
謎の男


という

一見やりがいのありそうな


しかし
増井監督

「もっとメチャクチャにやってくれていいです」

という容赦ない演出。


この前の出演作が

やさしい彼氏で


今回が

イカれた警察、


さらに前が

5月に公開される

『少女椿』の

変態オヤジ



役者の振り幅、広すぎです。

22:16

Apr 15, 2016

EDIT


ずっと

映画の編集をしています。


編集はたいへんですが

楽しいです。

職業的な監督によっては

自分で編集をしない方もけっこういますが

ぼくは
自分でやるのが好きなんです。


だから
編集のスタッフを使いません。

映画作りのどこが醍醐味かと聞かれれば

編集なのかもしれません。


料理でいえば

編集こそがキッチンの調理で

切ったり煮たり焼いたりする。


買い物 = 撮影
が楽しいということもありますが。

時間を気にしなければ

PCに入った編集ソフトを何時間もいじっています。


集中しすぎて
目眩の発作を起こしました。


休みもせずに5時間くらい
ぶっ続けに作業していたせいです。

頭がフラフラです。


身体が揺れている

と思っていたら
熊本で大地震があったようです。


それでもめげずに
編集を続けます。


編集中毒です。

編集は
ただ映像を繋ぐだけではなく

映画の中の時間と秩序と

テンポとリズムを作り出し


観客をその世界に引き込む

魔法を仕掛けるのです。

編集にも

様々な映像作りのテクニックが潜んでいます。


本当に新しくクリエイティブな作業は

実は編集みたいに地味なところに

あります。

20:23

Mar 10, 2016

GREETING


たまに

映画の舞台挨拶を見るのですが

面白いということは

ほとんどないですね。

単なる儀式のような、


観客にとっては時間潰しです。

なぜ
舞台挨拶があるかというと

映画の興行は

初日、二日めが
勝負なんですね。


つまり

最初の週末に
どれほど観客が来たかで

興行価値を判断する。


だから

映画会社としては

なんとか初日の観客動員を計るために

出演者を呼んで舞台挨拶をさせる。



もうひとつは

それをネットやスポーツ新聞に取材させて

宣伝記事にするわけです。



ところが、

日本のたいていの俳優は
トークが苦手です。

台本がないとうまく話せません。


タレントならともかく、

俳優は台本があって仕事ができるわけですから。


撮影現場のカメラの前では緊張しなくても

舞台挨拶では
かなり緊張しています。

監督に至っては

さらに悲惨です。

俳優以上にスピーチに慣れていません。


(ぼくは様々なキャリアにより、慣れていますが)

しかも、

ビジネスライクな司会者は気のきいた質問なんか用意していません。

「どんな作品ですか?」
「出演してみて如何でしたか?」
「撮影中の面白いエピソードは?」
「見所はどこでしょうか?」
「観客の皆さんにメッセージを」

といった無味乾燥な質問です。


つまりこれは
メディアの記事のためであって

目の前に来てくれた観客のためじゃないんですね。


これから映画を観ようと劇場に来ているのですから

見所など聞く必要ないじゃありませんか。

観客を馬鹿にしてるのか

と思いながら

業界のつまらない慣習に


つい、ため息が出ます。

どうせやるなら、

プロらしくきちんと楽しませてほしい。

12:22

Mar 5, 2016

KOHADA


すし

といえば

コハダ。

江戸前と言えば。

寿司屋のカウンターに座ったら

コハダで始まり

コハダで〆る


というほど

コハダ好きです。

家の近所の居酒屋が

気紛れに寿司を握ってくれるのですが

居酒屋のくせに

しっかり

コハダを握る。

やるじゃないか。


と、

つい思う。

(しかも、旨い!)

寿司は

いまや世界的な料理かもしれないけど


おいしいコハダが食べられるのは

日本だけじゃないかな。

寿司は江戸前。


腐らないように
ひと工夫を凝らしたのが

(つまり、生を握らないのが)

寿司の真髄じゃないかと、


思いながら

居酒屋で

酔っぱらっているわけです。

22:34

Feb 22, 2016

ENKA


タクシーに乗ったら

珍しく演歌がかかっていた。


しかも

運転手さんが気持ちよさそうに口ずさみ始めたので、

「うるさいので音を小さくして」

と言えなくなっちゃった。

演歌

って

謎ですね。

子供の頃、

演歌はオジサンの聴くもの

だと思ってました。


いまは自分が

十分にオジサンです。


でも

演歌はいまだに

聴かないし、

馴染みません。

ぼくが子供の頃

演歌を聴いていたオジサンたちは

すでにオジイサンか、

それ以上でしょう。

ところが

いつのまにか
新しい「オジサン」が

演歌を聴いています。


いったい、

人はいつ、どんなきっかけで

演歌を聴くオジサンになるのでしょう。


なにが

人を演歌に誘うのか。

家庭の環境なのか

職場の環境なのか、

はたまた

地域の環境なのか。

それとも、

これこそ日本人の

「血」

というものなのでしょうか。

もし
そうであるなら

ぼくは日本人ではないのかもしれません。


オジサンになったのに

演歌に馴染めないからです。

それとも、

演歌を聴かないということは

まだオジサンではない証しなのでしょうか。

そういえば

老眼もまだだしね。

13:56