Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Aug 22, 2015

LIVE! LIVE!


6月に行った

『星くず兄弟の伝説』ライブ!

すでに新しい伝説になりましたが


さらに

新作映画化に向けて


定期的に

ライブ・イベント
やることになりました。

トークショーと
ライブで綴る

「星くずサロン」

です。

第1回は

「星くずクラブ結成式!」

と銘打ち


トークゲストに

近田春夫さん。


ライブの方は

赤城忠治 BAND

(ex. FILMS)


そして
スペシャルゲストで

スターダスト・ブラザース

(高木完 & 久保田慎吾)


という、
カンペキに

『星くず兄弟の伝説』メンバー。


もちろん
ホストは私、

手塚です。

単なるノスタルジックを突き抜けて

未来的なエンターテイメント

になる予想。

9月1日 火曜日

19時オープン
19時30分スタート

代官山 晴れたら空に豆まいて

http://www.neontetra.co.jp/stardust-brothers/

「星くずクラブ」

とはなにか、

ということも
ここで発表します。

30年ぶりに

30年前の映画を

またもカンペキに
インディーズで

作るわけです。


きっと
ただの映画じゃ
済まないでしょう。

という
ワクワクする感じを

体感しに来てください。

22:56

Aug 7, 2015

COME BACK


ふたつの脚本を抱えています。

もちろん、どちらも自分の映画の。

両方とも
別の脚本家に任せて

そこから
帰ってきた


いわば
出戻り
というか

帰国子女

みたいな
脚本です。

シナリオ・ドクター(もちろん国際的な)のカウンセリングとか
製作上の都合とか

そんなこんなで


結局、
自分が修整することになりますが

(つまり、その方が早い)


とはいえ
創作作業であることには違いありません。

書いているうちに
登場人物は

勝手に行動するし
色々
喋り出すし


なかなか
製作者の都合には
合わせないものです。

頭では

「もっとシンプルに!」
「もっと短く!」

と唱えているのですが


何しろ
創作の主導権を
握っているのは

創作の神さまなので

ぼくは操られて
手を動かしているだけ。


プロデューサーは
「言い訳だ」
というかもしれませんが


自分の意志以上の
力が働いている方が

作品には
良いと思っています。

さぁ
これから、


神さまと
物質界の

整合性を
取りなすのが


監督の

大事な役割です。

21:20

Jul 30, 2015


夏に予定していた

映画が

すっかり秋にずれこみました。


なかなか
スムーズにいかないものです。

時期がズレれば

俳優の予定も変わります。


場合によっては
スタッフも……。

幾度も予定が変わるなかで

モチベーションを保つのも

なかなか
たいへん。


さぁ
やるぞ、

と意気込んでから
数ヵ月
GOサインが出ないと

気分も変わります。

ぼくは
一度やると決めると

それは
仕事ではなく
人生なんですね。


つまり
損得じゃない。

ぼくは
自分の人生を
そろばん勘定で
生きたくないのです。


だから
映画を選んだつもりなんですがね。

電卓片手で
映画の仕事をするヒトの

なんと多いこと……。


いや
そうではなく

自分の人生に
値段をつけて
生きている人の

なんと多いことか。

12:25

Jul 2, 2015

FORWARD


さてさて

映画の方は


気持ちよく脚本の上がりが遅れ

(しかも全部できていなかった…)


キャスティングが遅れ

製作に影響が出て


撮影が
のびました。


まあ、
ありがちなハナシです。

頼りにしていた人たちが

まったく頼りにならなかったり。

業界にありがちな
状況ですね。

いま、

日本の
エンターテイメント業界は

サイテー
と、自虐的に語られています。


CDも
DVDも売れず


先がないとか

もう終わりだとか。


ネガティブになっているヒトが
多いですね。

そんなハナシを
聞くと

ぼくは
妙に燃えます。


なんか
やってやれ、
と。

どのみち
金儲けとは

無縁の創作。


誰かが
楽しんで
幸せになれれば
いいと。

根が
前向きなもので。

21:46

Jun 19, 2015

AFTER 30 YEARS


『星くず兄弟の伝説』30周年記念ライブに
お越しくださった皆さん、

出演してくれた
アーティストの皆さん、

本当にありがとうございました。

4時間近い長丁場、

お疲れさまでした。

タイヘンに
盛り上りました。

すっかり
大人になったはずの
出演者全員が

30年前に戻って

完全にその頃の
空気とノリを
取り戻していました。

人間、
変わらないものですね。


そうそう、

これこれ、

この空気から生まれた映画だった


思い出しました。

当日(6月15日)は
30年前にちょうど映画が封切られた日で

しかも
主演の久保田シンゴの誕生日!

いやあ、
めでたい。

そして
何よりのサプライズは

映画の原作者、プロデューサーで
作曲者だった


近田春夫さんが
飛び入りで
来てくれたこと。

ふたりで始めた
映画でしたからね。


やっぱり、
すごく嬉しい。

そして
ファン代表で

綾小路翔さんと
森山直太朗さんが
駆けつけてくれたのも

嬉しい驚き。

雑な映画だったのだけど

こんなに皆に愛されていて……


作って良かったと

30年たって
初めて思った。


で、

せっかくなので

当日、
爆弾宣言しました。

『星くず兄弟の伝説』パート2、

作ります。


今年。

実は

前からこのブログに
書いていたのは

そのことでした。

これからも

現在進行形で

書くよ。

19:27

Jun 7, 2015

LIVE!


初めて取り組んだ長編劇場映画

『星くず兄弟の伝説』。


なんと
ロックミュージカル映画でした。


俳優ではないアーティストが役を演じる映画は
いまや珍しくありませんが

劇中で
演奏もあり
がんがん歌う映画は

当時も今も
珍しいかもしれません。


もともと
天才的アーティスト、近田春夫さんが
架空の映画のサントラを作って

それを「映画にしてくれ」っていう
お誘いから始まった映画です。


関わった人の大半が
素人。


ぼくはすでに映画を作っていたとはいえ
まだ学生でしたからね。

22歳とか23歳とか、
そんな歳ですよ。


「大人に誉めてもらいたくて映画作るんじゃない!」

と、突っ張ってました。


学生映画のままの自由なノリで
やっちゃえ、
と。

だから
当時の批評はサイテイで

「救いがたい安っぼさ」

なんて言われましたが。


まあ
自分でも

「日本で一番くだらない映画」

なんて
豪語してましたからね。

それから30年経って

出演者たちが再び集まって

映画の中の曲を
演奏し、歌うという

初のライブを行います。


The 30th Anniversary
STARDUST BROTHERS LIVE!

6月15日19時から
渋谷 ClubAsia


詳しくは
http://www.neontetra.co.jp/stardust-brothers/


ぼくも出演しますが
歌はうたいません。


いいなあ、アーティストは。

監督なんて、ライブでは何もすることがないからな…

15:23

Jun 6, 2015

CASTING


映画のキャスティングは

意外と大変なんです。

選ぶのは簡単。

でも
決まりません。

誰でも知っているような
有名で実力もある
俳優やタレントは

たいていスケジュールが数ヵ月先まで埋まっています。


映画や舞台で活躍していれば
1年以上先まで
身体が空いていません。


テレビドラマが入れば
それだけでも
数ヵ月はスケジュールが取れません。

だから
どんな企画であろうと

希望する有名俳優が
出演する可能性は

タイミングと
運でしかないのです。

あとは
芸能事務所との
お付き合い(関係)ですかね。

そういう
政治的なことが
苦手であれば

キャスティング・ディレクターに
振ります。

昨今、ハリウッド映画では
キャスティング・ディレクターが
プロデューサーにつぐ
身分です。


スターを捕まえられるか否かは
キャスティング・ディレクターにかかっていますから。

最後に決めるのは監督ですが。

俳優も監督を選びます。

オーディションというのは
一種のお見合いです。


いくらお見合いしても
決まらないこともあるし


何度かデート(オーディション)して

やっと
落ち着くこともあります。


理想の相手を
慎重に選ぶ人もいれば

勢いと勘で
決めてしまうことも。

ぼくは
まったく慎重ではありません。


勘ですね。


というか

偶然の導きというか。


たまたまコンビニで見かけた雑誌で
目についたタレントを選んだり。


でも、

そもそも人生の出会いって

そんなものですよ。

これまでの人生を振り返って


大事な人との出会いは

かなり偶然か

もしくは

勘で
選んでいます。


理由や
計算なんか

ないんです。

だから
いいのかもしれません。

18:56

Jun 4, 2015

ATOM


『アトム ザ・ビギニング』

第1巻、

6月5日発売。


ゆうきまさみさん、コンセプトワークス、

カサハラテツローさん、作画。

鉄腕アトムが誕生するまでの
長いながい物語。


お茶の水博士と
天馬博士が
まだ学生時代から
始まっています。

このマンガが始まるまでも
長いながい物語がありました。


なにしろ
言い出しっぺはぼくなので


やっと単行本ができて
感慨ひとしおです。

21:19

May 30, 2015

SHAKE


家の近所にできた
野菜イタリアンレストランで

紅くるりを食べていたら

カウンターの頭上に下がったグラスが
一斉にゆらゆらと揺れ出した。


賑やかな店内は
はじめはみんな笑顔だったのですが

揺れが酷くなってくると
さすがに静かになり

皆さん
様子を伺っていた。

震度5

でした。


でも
誰も騒いだり
ビビったりもせず

店員も
何も言わず冷静に
揺れるグラスを抑え

入り口をさりげなく
開けて
非常時に備えるなど、

無駄なく動いた。


やがて
揺れが収まると

何事も
なかったかのように

すぐまた
もとの喧騒が
戻ってくる。


5分も経てば
みんな
忘れたかのようだ。

ああ、
日本人だなあ

と感心した。

21:12

Apr 30, 2015

RETAKE


一度、
納品したアニメ作品の

リテイクが
ほぼ終わり

ニューバージョンで
再完成しました。

リテイクというのは
画や動きを直す
ということで


今回の作品では
数百カットの
リテイクがありました。


中には
3回、
4回とやり直す
カットもあります。


劇場アニメでは
それがほぼ常識です。

一度完成させた作品を
作り直すと言うのは

うちの父親のお家芸ですが、


完成していないものを
納品して

それを知りながら
許容している
この業界も

あまり褒められたものじゃ
ありませんね。

作品を
どこで完成というかは

難しいところです。


直し続けていると
きりがないので

どこかで
納得しなきゃいけない。

納得か

満足か

その違いは

微妙です。


いずれにしても

観客には
観てもわからないくらいの
差なのですが。

22:17