Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

May 25, 2016

INFORMATION


忙しさにかまけて

ふっ
と気を抜くと

たちまち
時間が過ぎてゆきます。


6月1日は
恒例、
星くずサロン。

@代官山 晴れたら空に豆まいて

今回は
トークゲストが
津田大介さん。

白髪ふたりトークですね。


津田さんは
社会学者といいますか

政治からコンテンツまで
幅広く語れる方。

バンド活動もされていたので

トークは楽しみです。

ライブは
葡萄畑の青木和義さんのオルタナティブな

バンド・プラネタリオ。


青木さんはパール兄弟の元ディレクターで
90年代にはお世話になりました。

彼のバンドはボヘミアンで
無国籍な感じで

でもどことなくフェイクで

何より
すごく寛げるんです。


意識高揚しながら
ゆったりと寛げる。

朗らかに笑いながら
ちょっぴり
考える。


これぞ
「星くずサロン」という一夜を

是非味わってください。


http://mameromantic.com/?p=43609

12:46

Apr 21, 2016

CRAZY

自分の映画の仕上げ中ですが


またしても

友人の監督の映画に出させていただきました。

高校生の頃からの友人、

増井公二監督の

『ロリさつ』

という作品です。

たいてい

ぼくに出演依頼が来れば


1シーン、
ちょこっと、

というのが多いのですが


今回は

十数ページに渡る台詞が
びっしりあるという…

しかも

想像していた通り

1カットですよ。


ひょえ〜

です。


今回の役は

キレた

というより

イカれた警察関係の
謎の男


という

一見やりがいのありそうな


しかし
増井監督

「もっとメチャクチャにやってくれていいです」

という容赦ない演出。


この前の出演作が

やさしい彼氏で


今回が

イカれた警察、


さらに前が

5月に公開される

『少女椿』の

変態オヤジ



役者の振り幅、広すぎです。

22:16

Apr 15, 2016

EDIT


ずっと

映画の編集をしています。


編集はたいへんですが

楽しいです。

職業的な監督によっては

自分で編集をしない方もけっこういますが

ぼくは
自分でやるのが好きなんです。


だから
編集のスタッフを使いません。

映画作りのどこが醍醐味かと聞かれれば

編集なのかもしれません。


料理でいえば

編集こそがキッチンの調理で

切ったり煮たり焼いたりする。


買い物 = 撮影
が楽しいということもありますが。

時間を気にしなければ

PCに入った編集ソフトを何時間もいじっています。


集中しすぎて
目眩の発作を起こしました。


休みもせずに5時間くらい
ぶっ続けに作業していたせいです。

頭がフラフラです。


身体が揺れている

と思っていたら
熊本で大地震があったようです。


それでもめげずに
編集を続けます。


編集中毒です。

編集は
ただ映像を繋ぐだけではなく

映画の中の時間と秩序と

テンポとリズムを作り出し


観客をその世界に引き込む

魔法を仕掛けるのです。

編集にも

様々な映像作りのテクニックが潜んでいます。


本当に新しくクリエイティブな作業は

実は編集みたいに地味なところに

あります。

20:23

Mar 10, 2016

GREETING


たまに

映画の舞台挨拶を見るのですが

面白いということは

ほとんどないですね。

単なる儀式のような、


観客にとっては時間潰しです。

なぜ
舞台挨拶があるかというと

映画の興行は

初日、二日めが
勝負なんですね。


つまり

最初の週末に
どれほど観客が来たかで

興行価値を判断する。


だから

映画会社としては

なんとか初日の観客動員を計るために

出演者を呼んで舞台挨拶をさせる。



もうひとつは

それをネットやスポーツ新聞に取材させて

宣伝記事にするわけです。



ところが、

日本のたいていの俳優は
トークが苦手です。

台本がないとうまく話せません。


タレントならともかく、

俳優は台本があって仕事ができるわけですから。


撮影現場のカメラの前では緊張しなくても

舞台挨拶では
かなり緊張しています。

監督に至っては

さらに悲惨です。

俳優以上にスピーチに慣れていません。


(ぼくは様々なキャリアにより、慣れていますが)

しかも、

ビジネスライクな司会者は気のきいた質問なんか用意していません。

「どんな作品ですか?」
「出演してみて如何でしたか?」
「撮影中の面白いエピソードは?」
「見所はどこでしょうか?」
「観客の皆さんにメッセージを」

といった無味乾燥な質問です。


つまりこれは
メディアの記事のためであって

目の前に来てくれた観客のためじゃないんですね。


これから映画を観ようと劇場に来ているのですから

見所など聞く必要ないじゃありませんか。

観客を馬鹿にしてるのか

と思いながら

業界のつまらない慣習に


つい、ため息が出ます。

どうせやるなら、

プロらしくきちんと楽しませてほしい。

12:22

Mar 5, 2016

KOHADA


すし

といえば

コハダ。

江戸前と言えば。

寿司屋のカウンターに座ったら

コハダで始まり

コハダで〆る


というほど

コハダ好きです。

家の近所の居酒屋が

気紛れに寿司を握ってくれるのですが

居酒屋のくせに

しっかり

コハダを握る。

やるじゃないか。


と、

つい思う。

(しかも、旨い!)

寿司は

いまや世界的な料理かもしれないけど


おいしいコハダが食べられるのは

日本だけじゃないかな。

寿司は江戸前。


腐らないように
ひと工夫を凝らしたのが

(つまり、生を握らないのが)

寿司の真髄じゃないかと、


思いながら

居酒屋で

酔っぱらっているわけです。

22:34

Feb 22, 2016

ENKA


タクシーに乗ったら

珍しく演歌がかかっていた。


しかも

運転手さんが気持ちよさそうに口ずさみ始めたので、

「うるさいので音を小さくして」

と言えなくなっちゃった。

演歌

って

謎ですね。

子供の頃、

演歌はオジサンの聴くもの

だと思ってました。


いまは自分が

十分にオジサンです。


でも

演歌はいまだに

聴かないし、

馴染みません。

ぼくが子供の頃

演歌を聴いていたオジサンたちは

すでにオジイサンか、

それ以上でしょう。

ところが

いつのまにか
新しい「オジサン」が

演歌を聴いています。


いったい、

人はいつ、どんなきっかけで

演歌を聴くオジサンになるのでしょう。


なにが

人を演歌に誘うのか。

家庭の環境なのか

職場の環境なのか、

はたまた

地域の環境なのか。

それとも、

これこそ日本人の

「血」

というものなのでしょうか。

もし
そうであるなら

ぼくは日本人ではないのかもしれません。


オジサンになったのに

演歌に馴染めないからです。

それとも、

演歌を聴かないということは

まだオジサンではない証しなのでしょうか。

そういえば

老眼もまだだしね。

13:56

Feb 20, 2016

FIGURES


タレントでもないのに

迂闊にNHKなどに出ると


すぐに電車に乗ったり

コンビニに入れない


と、つい躊躇してしまいます。

でも

意識しすぎかもしれないし


1週間も経てば

もうそろそろ大丈夫かな。

新幹線のったけど

視線は感じないから


じゃあ大丈夫だと


近所の居酒屋に行って

カウンターの隅で飲んでました。

よしよし、

誰も気にしていないぞ


とホッとして

熱燗たのんでたならば


ただでも声の大きい店長が近寄ってきて


「手塚さん、テレビ見ましたよ!」


とでかい声で言ったんです。

そのとたん、


素知らぬ顔でいた回りの客が

一斉にこちらを向いて


「わたしも見ましたよ!」


というじゃないですか。

なんだ、

みんな気づいていたんだ。

メッ チャ

恥ずかしい。

そもそも

自分が店に入って

さりげない客でいようと

思うほうが間違いですね。


こんな
ルックスで…。


でも、

自分の姿は

自分で見えないんだもの。

21:11

Feb 12, 2016

HISTORY


2月9日は

父親の命日でした。


毎年、
巣鴨にある
菩提寺に参ります。

ここには
江戸以来の

「手塚家」の墓があります。


累代の墓の左には

手塚治虫の記念碑。


右側には

手塚良仙の碑があります。

良仙さんは

マンガ『陽だまりの樹』にも登場しますが

ぼくの曾曾祖父で、

軍医をしていました。


江戸時代は

水戸潘に仕えていた医者です。

福沢諭吉らと蘭学に接して

種痘を行った革新派でありました。

その
良仙さんの碑の裏に

ひっそりと

手塚良庵の墓があります。

手塚良庵光照。


江戸時代、
何代にも渡って

幕府に仕えた

医者の家です。


彼は自らの家系を
しっかりした系図に残しました。


それが
うちに残る家系図です。

それによれば、


手塚家は信州の出身で

天正年間に水戸にやって来た

手塚吉兵衛が

先祖だといいます。

さらに遡れば

吉兵衛の先祖は

平安の武将、


手塚太郎光盛だということです。


10年ほど前、

別所温泉にある

臨泉楼柏屋別荘という

老舗の旅館に泊まりました。


その建物を建てた大工が

手塚村出身の

手塚長平さん


と知って

思わずその足で手塚村を訪れたのが

先祖と繋がるきっかけでした。

(上田市手塚)


しかし、せっかく訪れた手塚集落に

手塚家は見つからなくて

ちょっとがっかりしていました。

それが去年、

不意に

本家の方に繋がる連絡があって、

手塚から数キロ離れた

山上の集落に

手塚家が集まり


ご本家があるとわかって

びっくり。

この話は

昨年書きましたね。

ここにまた

タイミングよく

NHKから

『ファミリーヒストリー』の出演依頼が来ました。

かくして

NHKの調査で

裏がとれて


平安時代と

いまが繋がった。

すべては

絶妙なタイミングで、


偶然が重なって、

うまくできているものです。

これを

「縁」

というわけですが、

何かに仕組まれているのか


はたまた


呼び寄せる力が働いているのか

いずれにしても


これが
何に繋がるのか


その先を考えるのが

愉しいこの頃です。


実は


祖先に関係ある

木曾義仲の映画を撮りたくて、


何年も前から

企画を練っています。

そこに向かって行くのでしょうか。

22:56

Feb 12, 2016

ACT


リアルタイムで

映画の撮影現場から
伝えようと思っていたのですが

やっぱり
撮影中はなかなか余裕なくて

難しいですね。


それに、

パブリシティの事情で

まだ書けないことも
色々あるし。


これから

仕上げなんですが

これも
いま書けない事情もあって

ちょい
遅れ気味です。


『星くず兄弟の新たな伝説』


映画の状況とイベントはこちらに。

https://www.neontetra.co.jp/stardust-brothers/


目先を変えて

別の話題で

映画に出演しました。

学生時代以来の友人

吉村元希さんが監督する

ショートムービーです。


なんと、

主演なんです。

…って、

大丈夫かなぁ。


実は

学生時代には

けっこう映画に役者として
出演していました。


自分の映画を含めて。

皆さん

よくご存知なのは


薬師丸ひろ子さん主演の

『ねらわれた学園』

かな。

最近は

1年に1本くらいの割合で

ちょこっと出るだけ。

今年は

春に上映される


『少女椿』


という映画に

やっぱりちょこっと出ています。

これも友人の

TORICO監督の新作。

まあ、

ぼくの映画にも

友人の監督にちょこっと
出てもらうことがあるので


おあいこですね。

19:17

Jan 8, 2016

LIFE


映画は

芸術ではありません。

映画を
芸術と呼ぶのは自由です。


しかし
実制作者の
私たちは

それが
決して美しく純粋な心の産物ではないことを

知っています。

もちろん

スタートは

ひとりの人間の空想です。

しかし

それを映画にするためには


たくさんの人を働かさねばならず

たくさんのお金を使わなければならず


さまざまな
異物が混ざり

さまざまな想いが
主張しあって

その結果として

偶然のように
生まれてくるのが

映画です。


ぼくは

たったひとりで

映画を作ることもあります。


だからこそ

わかっています。


どんな天才も

映画作りで
すべてを制御するのは不可能。

だから

面白い。


名優が
一世一代の素晴らしい演技を披露している

その横で

誰かがくしゃみをしてしまえば

それでNG。


屋外で

すてきな演説を撮っていても


飛行機が飛んできて

その音が響けば

NG。

数十人が

右往左往する

落ち着かない撮影現場で

時間に追われながら

とりあえず映している場面が


良いか悪いかは


経験と 勘と

運の世界。

そうして

出来上がる作品は

神のみぞ知る。

だから

映画は

人間の産みだす

芸術などではなく

それは

神秘であり


奇跡

なのです。

それが故に

人を感動させるのです。

12:02