Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Apr 30, 2015

RETAKE


一度、
納品したアニメ作品の

リテイクが
ほぼ終わり

ニューバージョンで
再完成しました。

リテイクというのは
画や動きを直す
ということで


今回の作品では
数百カットの
リテイクがありました。


中には
3回、
4回とやり直す
カットもあります。


劇場アニメでは
それがほぼ常識です。

一度完成させた作品を
作り直すと言うのは

うちの父親のお家芸ですが、


完成していないものを
納品して

それを知りながら
許容している
この業界も

あまり褒められたものじゃ
ありませんね。

作品を
どこで完成というかは

難しいところです。


直し続けていると
きりがないので

どこかで
納得しなきゃいけない。

納得か

満足か

その違いは

微妙です。


いずれにしても

観客には
観てもわからないくらいの
差なのですが。

22:17

Apr 29, 2015

DELAY


おおっ。

頼んでいた脚本が予定通り
できてきません。


まあ、
ありがちな話です。

しかし

脚本が遅れると
キャスティングが遅れ

キャスティングが決まらないと
製作や配給が確定せず

ロケハンや準備にも影響し


映画製作全体が
進みません。

ハラハラしますが

焦らず
我慢して
待ちましょう。


きっと
待った甲斐がある
すてきに面白い脚本が
出来てくることでしょう。

20:05

Apr 24, 2015

DATE


来年製作の予定の
映画の主演俳優と
初顔合わせしました。


お見合いです。


撮影の半年以上前に
俳優と
打ち合わせするのは

日本の映画では
希なことなんです。


でも
映画としては
むしろ常識と思います。

他の映画のほうが非常識ですね。


衣装合わせで
「初めまして」
なんて

本当に嫌です。

お見合いは
やっぱり
飲むに限ります。

相手がお酒を飲めれば
ですが。


初めての
酒のグラスが
お互いの距離を縮めます。


こればかりは
世界共通で

ハリウッドでも
ヨーロッパでも

そんなものです。

来年が楽しみです。


その前に

今年の映画が
あるのですが。

23:52

Apr 24, 2015

SCRIPT


この2ヶ月で

映画の脚本を書き、

舞台の脚本を書き、

書き下ろし小説の仕上げをしています。


その傍らで

アニメの監督と

CMの演出の仕事を

してます。

結局、

いつものペースです。


たまには
「これだけ」
ってひとつ仕事に打ち込めれば
いいのですが

23:36

Apr 8, 2015

DEVELOPMENT


脚本を書いたり

キャスティングしたり

というのは

いってみれば
企画開発中
なわけで


こんな場面は面白いぞ
とか
こんな出演者はどうかな
とか

あれこれ
考えているのは
うきうきと楽しいのですが


まだ
製作が決まったわけではないので

落ち着かない時期でもあります。

出演者の事務所にしてみれば

製作の決まってない作品にスケジュールを空けるのは
リスクがあります。


しかし
製作は
出演者次第で決まる

という
卵か鶏か
みたいな話になってしまいます。


だから
ここで
政治的な駆け引きが
必要になるんですね

両者とも
リスクを抑えて
関係性を保持しなきゃならない。


一般的な映画製作では
これはプロデューサーの仕事。


しかし
インディーズ映画では

監督自ら
これをやらなければならない
場合もあるんです。


映画なんて
絶対できるという
保証はどこにもないのです。

進み始めた企画が
途中でご破算になる

なんてことは
日常茶飯事なんです。


だからこそ

「絶対つくってみせる」

という
監督の強い意志と
意地が
大事なんですね。


無茶を承知でチャレンジする

そんな覚悟がなくては

映画は生まれないのです。

12:21

Mar 11, 2015

SCRIPT


いま
新しい映画の脚本書いてます


今回は
ケラリーノ・サンドロヴィッチさんと共作。


先ずは
ぼくが書いて、

それをケラさんが
好きにいじって、

という感じでの
やりとり。

ケラさんは古い知り合い
(それこそ有頂天のころから)で

一緒に映画やりましょう
って
何十年も前に話してましたが

実際に組むのは
初めて。


ちょっと
ワクワクします。


脚本の書き方は
いろいろです。


ひとりで書くこともありますが、
たいてい2、3人で。


誰かに書いてもらって
それに手を加えることもあるし

その逆も。


『白痴』のときなど
最終的に
9人の脚本家が参加しました。

いまの日本映画は
たいていひとりの脚本家が
書いていますね。


黒澤明監督は
3人くらいで名作を
書いていました。


ハリウッドでは
5人、10人で交代したりが
当たり前だったりします。


海外には
スクリプトドクター
という職種があって

脚本をカウンセリングしてくれるのです。


どこに問題があるか
どうしたら良いか

的確に
アドバイスしてくれます。


ぼくも何度か
彼らと仕事をしたことがあります。

「な〜んか、違うんだよな」
という日本的なニュアンスの感想ではなくて

しっかりしたレポートをもらえるので

やり易いですよ。

もっとも

いま書いている脚本は
規格外を狙っているので

常識が通用しないかも
しれませんが。

20:41

Feb 26, 2015

BIGINNING


新しい映画の企画が

始まりました。

よく
映画のメイキングというのがありますが

だいたい
撮影以降に関してだけ
おいしいところを見せてます。


実際は
撮影よりも前に
長いながい経緯があるものです。


そして
あまり知られていません。


映画は
クランクインまで辿り着ければ
ほぼ OKで、

なんとか完成できる。


その前の段階で
たくさんの作品が
消えていきます。

せっかくの機会なので

映画作りのリアルを
文字通りリアルタイムに

書いていこうと思います。

もちろん、
細かいことすべては
とても書ききれませんが。

映画は

最初に

企画ありき。


製作に入る前に
企画を開発しなければなりません。


よく
「構想何年」
とか監督が言いますよね。

その間、
ただぼんやり構想だけを練っている訳ではないのです。


企画書を作る。
脚本を書く。
キャスティングをする。

プロデューサーや映画会社を見つける。


そして

スポンサーを見つける。
(お金を集める)


これすべて、
実は
監督の仕事です。


特に
インディペンデントの監督の場合。


映画会社の企画なら
逆に監督が決まっていなくて
プロデューサーが
これに当たります。


しかし
フリーの映画監督が
自分の企画で映画を作ろうと思ったら

企画開発は
自分でやらなければなりません。

つまり

「映画監督は営業能力がないとダメ」

なんです。


話上手、売り込み上手でなければ。

もちろん

「出資します」

というスポンサーが現れたといっても
安心してはいられません。


いつ
状況が変わるかもわかりません。

まずは

契約。

その関門を潜らなければ
映画製作は
砂の城です。


スーツ着て
ネクタイしめて

契約をとってくること。

それが
映画作家の
真の姿というものです。

19:07

Feb 13, 2015

GOSEN


今日は新潟の

五泉市というところで

ひとり飲んでます。


なんで
そんなところに

というと
いろいろワケがあるのですが

まあ
それはそうとして。


知らない土地に
ひとりでふらりと来て

はじめての店で
飲むのは
好きなんですよ。


ちいさな冒険と
ささやかな寛ぎが
心地いいんです。

外は
少し吹雪いていて

超さむいです。


でも何故か

胸の内は
温かです。

五泉駅から
電車に乗ったら

電車ではなかった。


ディーゼル車でした。

22:05

Feb 13, 2015

ANGO EIGA


坂口安吾没後60周年企画

ということで

新潟の市民映画館シネウインドにて

映画『白痴』の上映があります。


坂口安吾映画祭2015

2月14日から20日まで。

http://www.cinewind.com/


『白痴』は
14日
17日
20日
ともに10時から。

14日は
安吾さんの息子さん
坂口綱男さんとふたりで
トークもあります。

(二世トークですね)

もちろん
『白痴』は
新潟市でロケした作品ですが

撮影から
すでに17年も経ちます。

はやいものです。


新潟市内に
東京ドームほどの面積の
巨大な街のセットを
爆破し
燃やし尽くしたのが

今となっては
懐かしい。


ぼくは
坂口安吾と
こんなにも
深い関わりが続くとは

想像もしていなかった。


いや、

新潟とも。

「ふるさとは語ることなし」

という言葉を
安吾は残して
故郷を去ったけれど


ぼくはといえば

ふるさとでもない地で
語り続けています。

03:39

Jan 14, 2015

PLUTO


浦沢直樹さんが描いた

『PLUTO』

の舞台がありました。


演出は

以前に

『T e Zka』

というダンス作品を創り出した

ヨーロッパ有数の振付家

シディ・ラルビ・シェルカウイ。


彼は大の手塚治虫ファンです。


なので
全編が
マンガに対するリスペクトに
満ちていながら

単なるオマージュを越えた
見ごたえのある
ステージアートになっていました。

本作の大きなテーマは

『ロボットは人間になれるか』。


ロボットは人間のように
愛や悲しみ、憎悪を
持てるか

ということが
描かれていました。


高尚なテーマではあります。

しかし

舞台を見た翌日、

お茶を飲みに
ファミリーレストランに入ったら

隣に熟年の夫婦がいて

離婚の相談をしています。


どうやら
夫の方が
出張で行った海外(東南アジアらしい)で
愛人ができてしまい、

それを妻が責めているようでした。


奥さんは専業主婦で
稼ぎがないから
別れても困るし

子供たちは
海外留学の希望があるのに

どうすればいいの、

という
ベタな話です。

その隣のテーブルでは
若い女性が

なかなか結婚に踏み切れない彼氏を
どうしたものかと

女友達に相談していました。

半分はノロケなんですがね。


愛とか憎しみとか

言葉にすれば
高尚に響きますが

現実は
こんなものなのだなあ。

ロボットが

出張先で浮気をしたり

昼間からファミレスで

離婚の相談やら

彼氏の悩みやらで

うだうだしていてほしくないです。

技術的に
如何に人間に
近づこうと

人間には

なってもしょうがないですよね。

20:01