Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Nov 16, 2016

A-PORT


『星くず兄弟の新たな伝説』

は、完全なるインディーズ映画です。


みんなで協力しあって

手作りで


って感じです。

映画としては

完成しましたが

宣伝して上映してゆく

資金がありません!

そこで

クラウドファンディング

はじめました。

千円から、

『星くず』をサポートできます。


こちらから
ティーザー映像も視れますよ。

https://a-port.asahi.com/projects/stardustbros/

コースに応じて

色々なリターンがあります。

劇場招待券はもちろん、

サイン入りの非売品プレスシートとか

特製ブルーレイとか。

監督と星を見ながら食事会

なんてのも。

映画クレジットに名前が入ったり、


究極は


映画の中に出演できます。


こんなのも

インディーズならではの

特典ですね。

皆さん、

是非とも上映活動をサポートお願いします!

13:05

Nov 7, 2016

FILM FESTIVAL


『星くず兄弟の新たな伝説』


東京国際映画祭で

上映しました。

この映画祭には

ほぼ10年ぶりかな。


映画祭ディレクターの矢田部さんが

変わらず頑張っていてくださるので


それが頼りです。


今回は

「日本映画スプラッシュ・場外乱闘(アウトオブコンペティション)」

という

これまでにない特別な(特殊な)プログラムで

『俺たち文科系プロレスDDT』
『星くず兄弟の新たな伝説』
『変態だ!』

の3本の新作(すべてワールドプレミア)を

オールナイトで観るという


濃密な時間。

爆笑トークも挟みながら

観客とゲスト、
主催者が連帯感で結ばれた

幸福な時間を過ごしました。

朗らかな笑い、

温かい拍手、


すてきな観客の反応。

これでやっと

映画は本当に完成です!


会場にお越しくださった皆さん、

本当にありがとうございました。

さあ、

これからは

伝説を目指して


宣伝


劇場公開


という

冒険が始まります。

20:48

Oct 14, 2016

PREVIEW


『星くず兄弟の新たな伝説』

初号試写をしました。

「初号」というのは

業界用語ですが


スタッフや出演者に

仕事の結果を確認させる

完全に関係者のみの

試写会です。

当然、

それは普通

めちゃくちゃ緊張するものです。

ところが

『星くず』の場合、

あまりに内容が可笑しすぎて

妙にアットホームな試写会になりました。

みんな見ながら

クスクス、ゲタゲタ笑ってたし。


終わった後に

みんな

ニコニコしてたし。


試写後に80人からの

スタッフ、出演者を招いて

打ち上げをやりましたが

(経費全額持ちで)

みんな楽しそうで

盛り上って


良かった。


プロデューサー兼監督としては


やっと

ここまで来たか


という感慨ひとしおで

逆に言えば


疲れた〜


………。

21:11

Oct 10, 2016

HUMAN


家の近所に

FILIPPO

という東京ではかなり有名なピザ屋があって

遠くから
わざわざ食べに来る客も

大勢いるのですが

(本当にうまい)


今日は
そこのカウンターで

ピザを頼まずに


つまみで

飲んでます。

こんなことができるのも

日本ならではでしょうか。

いや、

そんなことはない。

店でも仕事でも

信頼関係

ってものがあって


相手がわかっていれば

多少のわがままは聞いてくれる。

それは

世界中、同じだと思うんです。

それを

杓子定規に

この店はそうじゃないとか

この仕事はそれではダメとか


人間よりも規則を大事にする

なんて風潮が

世の中を

汚しますよね。

法律とか

ルールとか、


契約書が

どうとか…

秩序のためには

大事だと思うのですが

その前に

人間がいるよ


って。

相手を見ろよ


って。

21:57

Oct 1, 2016

LASSITUDE


映画一本作り上げると

ものすごくエネルギーを消耗します。

単に
体力使うというだけではなく


生命力というか


要するに

命が減ります。

「心血を注ぐ」

という言い回しがありますが


文字通り

命を削って

作ってますね。

内容に関係なく。


作品を産む

とはよく言ったもので


子供を産む感じに近いんじゃないですかね。

(そういえば映画を作るのも最短で9ヶ月くらいかかるし)


そして

今回も難産でした。

あとは

この生まれた子が

すくすくと

元気に育ってくれればいい。

と思いながら

いまは

がっくり

脱力してます。

12:58

Sep 26, 2016

FINISH


去年から作っていた新作映画が

やっと完成します。


あと、

音をミックスするだけ。


映像は

できました。

何度も見ているとね、


もっとここをこうしたい

とか

あそこを変えたい

とか


きりがないんです。

どこかで

「これで完成!」

と終わらせないと。

もちろん

映画は観客がみて

本当の完成と言えるのですが


とりあえず

中身を作る作業は

これにて終了。

しかし

一息つくひまもなく

今度は見せるための

仕事になります。

配給会社と話し合い

劇場をきめて

宣伝をして

イベントをやり

上映をして…


と、

ここからまだ

長い道のりです。


だから

まだ行程の半分くらいかな。

映画は時間がかかりますね。


とりいそぎ

新作完成を記念して

発表イベントをやります。


まだ

映画本編を見せるわけではありませんが


これまで

内緒にしていた

映画の話を

新作出演者を交えてやります。


完成直後の

今しか話せないこともあったり


映画作りに参加している気分を

味わってください!

星くずサロン vol. 8
「THE BRAND NEW」
『星くず兄弟の新たな伝説』完成発表会

10月4日 火曜日
18:30 open/19:30 start
代官山 晴れたら空に豆まいて

トーク:高木完、久保田慎吾、
    & 新作出演者たち

ライブ:赤城忠治
    cinema

ホスト:手塚眞

http://www.neontetra.co.jp/stardust-brothers/salon08.html

18:43

Sep 13, 2016

CAMP


自分の映画の最後の仕上げを前にして

新潟の山の中で何をしているかと言うと…

話は数ヵ月前に遡ります。

見知らぬ大学生から突然の連絡があって曰く、


自分は新潟の大学の映画サークルの者である。

この夏、サークルで合宿して短編映画を作る予定である。

ひいては手塚監督にも参加していただき

映画作りのご指導を仰ぎたい、


ということなのだった。

よく

学園祭で講演してください

なんて話はあるけれど


合宿に来てくれとは。


なんと大胆な。

その意気込みとチャレンジ精神をかって

手弁当で

大学生と合宿しているというわけです。

なぜぼくが選ばれたかというと

18年前に新潟で『白痴』という映画を撮って、

地元に映画作りを根付かせたから

らしい。

「手塚サンならきっと引き受けてくれるだろう」

という地元の声もあったそうだ。

見こまれたというより

見透かされた感じ。


まあしかし

学生が合宿にプロを呼ぶなんて

珍しいし洒落ているじゃない。

ぼくは学生と

珍しいものと

美女には

弱いのである。

映画作りははじめて

という学生もたくさんいて


慣れないながらも

何かに一生懸命な姿は

初々しく、


少なくとも
スマホのゲームにはまっている姿より

清々しい。

たどたどしい撮影を眺めながら

ぼくも最初はこんなものだったよなあ

と感慨深い。


そのころ

プロの映画監督にずいぶんと励まされた


おかげで

いまがある。

だから

このくらいの

お返しはしないとね。

19:58

Sep 10, 2016

CHAMPAGNE


ちょっと気のきいた旅館に行くと

「ウェルカムドリンク」

のサービスがあったりします。

この世の果てのような

絶壁の上に載ったホテルについたら

「ウェルカム・シャンパン」

があるというじゃないですか!

すてきです。


シャンパンに目がないワタシです。


しかも

何十人ものお客の

ひとりひとりにグラスを渡している。


なんと
太っ腹なことか。

いそいそと

カウンターに行くと


あれ、

シャンパン・グラスじゃないな。


まあ

標高2,000メートルの山のてっぺんのホテルだから

そのくらいは目をつぶろう。

しかし、

なんかちょっと

いやな予感が…。

小さなグラスに注がれた酒を口に運ぶと


甘い。


シャンパンじゃない…


スパークリングワイン?


シードル(発泡リンゴ酒)だ。


その横で

「人生で初シャンパン!」

とはしゃいでいる若者がいる。

「これはシャンパンではないよ」

と教えてあげるべきか、


否か。


そのくらい

見逃してあげないとね。

幻想があっても

いいんじゃないかな。

せっかくの

旅なんだから。

00:28

Sep 8, 2016

RETROSPECTIVE


30年ほど前の

自分の映画が

映画館にまたかかるのは

ありがたいものです。


しかも

フィルムで!

映画の生きる場所は

やはり劇場。

事実上の劇場映画デビュー作

『星くず兄弟の伝説』

が、

特別に(30年ぶりに)生き返りました。

(鉄人社さんありがとう)

当時のプロデューサー(近田春夫さん)、

主役のふたり(久保田慎吾、高木完)

と共にステージに登壇して

昔話に花を咲かせました。


司会進行は
学生の頃からの映画仲間、

三留まゆみさん。


ときには

過去を振り返るのも

いいものです。


映画は何十年も残りますからね。


実は

さらに遡って

38年前、


高校生のときに作った短編映画も

偶然にも

今月、上映されるのです。


ぴあフィルム・フェスティバル
http://pff.jp/38th/lineup/8mm-madness/


恥ずかしいけど


なんか面白いなあ。

その一方で

最新作の映画が

今月完成する。

(長い道のりだった…)

さらにいま、

手元には

その次の映画のシナリオがある。

自分の

38年前と

31年前と

現在と


未来が


交差する。


映画に

ありがとう。

17:47

Sep 7, 2016

SALAD


サラダが食べたい〜


と思って歩いていたら

目の前に

本日オープンの店があって

店員が近づいてきて

いろいろ説明しながら
チラシをくれるんですよ。


なんと

サラダバーじゃないですか!

もちろん、

そのまま飛び込みました。

実は

数日前から

すてきな偶然が

続いています。


「ラッキー!」

「なんで、今日?」

「タイミング、良すぎない?」

そんな感じ。

さあ、

いまこそ

タイミングの謎に迫るとき。


なにが理由で

(もしくはきっかけで)

あらゆるタイミングが

ピッタリ合い出すのか。

この
謎が解けたら

ノーベル賞ものですよ。


いや、

きっともっとすごい。


人類に貢献できる。

よし、

ひとつずつ
思い返してみるぞ。


どこから

タイミングが

良くなったか…。

12:35