Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Oct 12, 2014

APES


『猿の惑星 ライジング』

を観ました。


人間 対 猿

という図式は
ぼくには

俳優 対 CG映像

に映りました。


意図なのか
わかりませんが

人間の俳優より
CGの猿の方が表情豊かな映画でした。


最近、一番ヒットした映画は
CGのアニメ、『アナと雪の女王』
です。


そのうちに
人間の俳優は必要なくなるのでしょうか。


映画監督には
俳優は創作の大事なパートナー。

いなくなると
困ります。

『猿の惑星 ライジング』の
原点になった作品は

CGなんてなかった
1978年の映画
『猿の惑星・征服』
です。


オリジナルは
さほど大作ではありませんでしたが

元祖シーザー役の

ロディ・マクドウォールの
素敵な演技が光っていました。

ぼくはその
ロディ・マクドウォールの
ファンクラブ会長だったんです。

いや
過去形にしてはいけない。

まだ解散したわけではないので。

ロディは
記念的な第一作
『猿の惑星』で

シーザーの父親、
(バンド名にもなった)
コーネリアス
も演じました。


彼が好演したからこそ
『猿の惑星』はシリーズになり

ロディは
1本を除く全作と
テレビシリーズに
主演しました。


いわば
ミスター『猿の惑星』です。

日本では
ロディ・マクドウォール
と言っても
いまの人には通じません。


『猿の惑星』に出ていたヒト
と言っても
素顔はわからないわけですから。

実はイケメンの個性派。


しかし
ロディは
元名子役で、

ジョン・フォード監督の名作に出演し
名犬ラッシーの相手役であり

エリザベス・テイラーの『クレオパトラ』では
ローマの英雄オクタビアヌス
を演じ

『ヘルハウス』や『フライトナイト』のような
通好みのホラー映画に主演し

『刑事コロンボ』や『バットマン』といった
アメリカのテレビシリーズの定番ゲストであり

生涯に
100本を超す
出演作がある

名優です。


写真家として
4冊の写真集も
出しています。

最初の『猿の惑星』が作られたとき

多くの名優は
猿の役を嫌って引き受けなかった。

しかも
特殊メイクで
眼以外の顔が見えない。

当時の猿の特殊メイクは
4、5時間もかかったそうです。


ロディは

「自分の顔が見えなくて演技するなんて、エキサイティングじゃないか」

といって
それを引き受けて

シリーズに繋げた。


本当の映画俳優でした。

ぼくは
プロとはなにか

彼からたくさん学びました。

18:28

Oct 6, 2014

ONTAKE


今週より
長野県信濃美術館で

手塚治虫 石ノ森章太郎
マンガのちから 展

が始まりました。

http://www.npsam.com


12月4日まで開催しています。


そのオープニングセレモニーのために
来県しましたが


長野県とは

少なからず
縁があります。

手塚家のルーツが
長野だという話は

何度も書きました。


下諏訪の
諏訪大社 下社の家系と
言われています。


今回、
それをもう一度
検証していて


驚愕の事項を見つけました。

手塚家から分かれて
「武居」という姓に変わった
家系があります。


手元の資料では
木曽義仲(源義仲)に仕えた
手塚太郎光盛の直系ということになっていますが


この武居家は
代々、

木曽御嶽山の禰宜をしています。


……。


御嶽山神社の
家系なのです。


現在はどうなのか
わかりません。


資料によれば

少なくとも
昭和までは
御嶽教管長
だったようです。

つまり


手塚家は
御嶽山とも
深い縁があるのです。

驚きました。


この度の噴火による
災害で
被害に遭われた皆さまに

心より
お見舞いを申し上げます。

この
数ヵ月、

出張で行く先々で
自然が暴れて災害が起きていました。


先の台風が
京都に訪れる日に
よりにもよって
手塚治虫のアニメのオールナイト上映がありました。


宝塚では
土砂崩れが起きた直後に
手塚治虫記念館来場350万人のセレモニーがありました。


広島で
土砂崩れが起きたときは
広島国際アニメーションフェスティバルの開会式があり

『森の伝説 第二楽章』
のプレミア上映でした。

なにか

それぞれの地の
鎮魂に廻っている
気がしています。

02:17

Sep 26, 2014

BRAIN


最近、

時間をかけて
ミュージックビデオを編集していました。

ちょっと複雑なイフェクトを使ったので

PCでのレンダリング(映像イフェクトの計算と描写)に時間がかかったのですね。


(ちなみに
編集はいつも誰も付けず
自宅PCでひとり
黙々とやってます)

数秒レンダリングしては
結果をみてデータ直し

って延々やっていたのですけど


その間、
10分から数時間、
ひたすら映像が出来上がるのを
待っていなければならない。


時間が勿体ないのと
手持ちぶさたで

別の仕事の作業を横でやってました。

(脚本とか絵コンテとか)

しかし、

映像の編集も頭を使うし
別の仕事も同じ頭を使うので

だんだん
疲れてきてしまって。

そこで

頭を切り替えるために

数字パズルを始めたのです。


よけいに頭が疲れそうでしょう?


ところが
意外にこれが、

うまくはまるんです。

恐らく
クリエイティブな脳と
数字パズルを解く脳は

違うのでしょう。


それに
パズルはどこから始めて
どこで止めても大丈夫。

そこで
編集中のレンダリング待ちは

もっぱらパズル解いてました。


それが。


部屋に音楽流してたのですが

これがまた
よく心に響く。


ふだん聴いているのとは
ひと味ちがう。


恐らく
パズルを解く脳と
音楽を聴く脳も

違うのでしょう。


ながら
にも関わらず

音楽が
繊細に聴こえてくるのですよ。


これは
新鮮な驚き

でしたね。

23:34

Aug 23, 2014

LEGEND


『森の伝説 第二楽章』を

広島国際アニメーションフェスティバル2014でお披露目しました。


実は3回前のこの映画祭で
作りますと宣言しました。


10数分の短編アニメですし

2年後には出来ているだろう
と悠長に構えていたら

なんと6年近くかかってしまいました。


途中、東日本大震災で中断したり、
何度も作り直したりで

最後は撮影に手間取りました。


ジブリ作品やエヴァを手掛けている
T 2というスタジオにお願いしたのですが、

『かぐや姫の物語』の制作などと時期が重なってしまったもので

さらに遅れました。


それだけ撮影は丁寧にしていただいています。

ご存じと思いますが
この作品は
手塚治虫が取り組んでいた自主アニメで

チャイコフスキーの『交響曲4番』の音楽に合わせて展開する

自然といのち、
そしてアニメーションへの讃歌です。

ディズニーの『ファンタジア』のように
クラシック音楽に乗せて見せるわけで

台詞も効果音もありません。


原曲は四楽章からなり、

第一楽章、第四楽章は
手塚治虫が完成させています。


まだ手付かずだった
ふたつのエピソードのうち、

二番目を完成させたわけです。


この『第二楽章』は
本人がストーリーとメモを残していまして

「最盛期のディズニーの手法を再現。完全なるフルアニメ」

とあります。

ですから
あえて古典的なスタイルで表現しました。


ただし
絵は本人が残していないので

長年、手塚アニメに関わり
『聖書物語』や『ブラック・ジャック』を手掛けられた

杉野昭夫さんに
キャラクターと作画監督をお願いしました。


単なる物真似にならないように

手塚キャラとも
ディズニーとも違う
絵柄で描いてもらっています。


また、
美術を河野次郎さんが手掛けてくださって

和紙を使ったような
独特の質感の背景になっています。

河野さんのストーリーボードが出てから
すべてが見えてきました。

内容は
手塚治虫らしいシンプルで切ないストーリーなのですが

とにかく
自然を如何に見せるか(表現するか)が

最大のテーマでした。


渓流が舞台なのですが

川の水や森の空気感を出すのに
時間がかかりました。


紙の質感を生かすためにあえて撮影台で撮影したり

キャラクターの動画と馴染ませるための加工をしたり


試行錯誤で
何度も行きつ戻りつしましたが

そこが
商業アニメとも
個人作家の作品とも違う

「プロダクションが取り組む実験作品」

なのですね。

何年もかけて
親子二代で取り組む短編アニメ
というのも

ある意味
実験的なのかもしれません。


この作品は

9月5日から
横浜の
Short Shorts Theater で
レイトショー上映されます。

http://www.brillia-sst.jp/

さて

そうなると
残った『第三楽章』を
作らねばならないわけですが


その前に

アニメミライ企画

『クミとチューリップ』

の制作に入ります。

こちらは完全にぼくのオリジナル脚本。

いまから絵コンテを描きます。


アニメ制作が続いてますが

実写映画もちゃんと準備してますよ。

00:47

Jul 22, 2014

TIME SENSE


毎日、違う仕事をしているので

起きる時間、
寝る時間が
まちまちです。


だいたい帰宅してから
なにか作業があるので
早くて午前2時くらいの就寝でしょうか。

平均して午前3時頃に布団に入ります。

朝起きる時間に必ず時計のアラームをかけておくのですが

不思議なことに
必ず10分前に目が覚めます。

そしてアラームを止めるので

鳴らすことは稀です。


恐らく
体内時計が
きちんと働いているのと、

寝ていてもゆるく緊張しているからなのでしょう。

仕事のときは
アラームなくても起きられる。


もし
10分前に目が覚めず、
アラームを鳴らしてしまったら

それは
とても疲れている証拠です。


睡眠が不足しているんです。


体調のバロメーターになりますね。

ところが先日、
意外なことが起きました。


その日、
本当は8時に起きなければならなかったのに

前の晩に勘違いして

9時に起きればいい

と完全に思い込んでしまったんです。


だから
アラームも
9時にセットして寝てしまいました。

何時に起きたと思います?

なんと、

8時ちょうどに目が覚めたんです。

アラームを解除しようとして
それが9時にセットされているのに
気づきました。


そのとき初めて
勘違いに気づいたのです。

よかった…。


でも
どうして起きられた?


偶然?

いや、

無意識が
意識の誤りを
正したのでしょう。


脳は
すごいですね。

22:07

Jul 4, 2014

FAREWELL


同居していた小さな家族が
急に逝ってしまいました。

原因はわかりません。
1日前まで元気で食事もしてました。

仲よくしていたので
ショックでした……。

小動物の突然死はたまにある
とペットショップでも
聞いてます。

以前にいた子も
やはり急死しました。

もう一匹いる仲間は元気に、
もう15年近く生きています。


気晴らしに楽しそうな映画を観ようと
選び間違えて
『her 世界でひとつの彼女』
という映画を観たら

別れの映画で
さらに切なくなってしまいました。

そこで
ひとり弔い酒をして
帰宅したら


今度は
古い友人がやはり急逝されたと
娘さんから連絡がありました。

………。


娘さんは
うちの奥さんのところに
通いで働きに来ているので
ほぼ身内のような感じで

さらに
ショックでした。

ぼくらは
いろいろなものと
別れなければならない時期があります。

親しいもの、
大切なものも、
そうでないものも。

家族であったり、
友人であったり。


それもまた
次のステップのために

必要なイニシエーションなんですね。

別れがあれば

新しい出逢いもある。

いま思うと
映画『her』は
示唆的でした。

『2001年宇宙の旅』の裏を行く話で。

01:13

May 26, 2014

YANG LIPING


ひさしぶりに

ヤン・リーピンの舞台に行きました。


彼女は
ピナ・バウシュ亡き後、

ぼくが一番好きな
ダンス・アーティストです。


そして
たぶん

今の中国で
一番好きなものかもしれません。

初来日のときの
『シャングリラ』は
本当に衝撃的でした。


80年代から
数々のパフォーミングアート、ステージアートを観てきたので
たいていのことには
動じませんが

これには
本当に驚きました。


中国の
少数民族の
トラディショナルな舞踊を
ステージにのせているのですが

はじめはコンテンポラリー・チャイナかと思ったほどです。


それほど
モダンに感じる振り付けと衣装で

美しく
神秘的で

かわいらしく
洗練されていて

見事でした。


しかし
何よりも
ヤン本人の
シルエットとダンスが

人間とは思えぬ動きで
(アニメかイフェクトをかけた映像のような動き)

息を飲みました。


もはや
ダンスなどというものではなく

別次元の
肉体を目撃してしまった
印象でした。


シルエットだけで
しびれたのは
80年代のローリー・アンダーソン以来です。
(ローリーはダンサーじゃないけど、踊ってましたね)

ヤン・リーピンの十八番は
孔雀の舞い
なんですが

今回の公演は
その孔雀の舞いを発展させた
新作で

(といっても中国ではすでに200ステージやっているそうで)

魅惑的な
ヤンの孔雀を中心に
たくさんの孔雀と
鴉が舞います。


あたかも
緑溢れる
中国の美しい大地を

邪な存在が
傷つけ汚してゆく
かのように
鴉が暗躍します。


ヤンが孔雀を舞うと
不覚にも涙が止まらなくなりました。

なにか
懐かしい
美しい
脆く切ないものを
思い出したのかもしれません。


表現の裏にある
そこはかとない
深淵。


以前にも増して
ヤンのステージは
より神秘的に
力強く、
さらに美しくなりました。

もうひとつ
今回の衝撃は

2時間の公演中、
ステージの横の
2メートルの高さの台の上で

片時も止まらず
全く乱れることなく

回転し続けた
15歳のダンサー
ツァイ・チーの存在です。


休憩時間の間も
ずっと回り続けていました。


彼女の役は「時間」で
だから止まらないのです。

なんでも
中国のテレビ番組に出演した際は

4時間も回り続けたそうです。


スーフィーの回転舞踊は
見たことがありますが

またそれとは違う

良いものを見た

と思いましたね。

ところで

そんな翌日、

事もあろうに
自分が
踊ることになるとは。


古い友人
ダンサーで振付師の
香瑠鼓さんの誕生日記念イベントで

まさかの
ケイレンダンスをしました。


むかしは、
たま〜にライブなんかで
踊ってましたが

これも久々で

もうそろそろ
身体が動きませんよ。


しかも
回りはみんな
ちゃんと踊れるダンサーばかりで…

冷や汗ものですね。


素人はコワイ

と自分で思いましたね。

03:46

May 22, 2014

WASHOKU


お昼に
和食のファミレスに入ったんです。


(ファミレスなんか行くんですか? とよく聞かれますが、急いでいる道中とかで、立ち寄ることはよくありますよ)


おすすめランチメニューに

そば と 寿司 のセットという

日本人の食心理をくすぐるランチがあって
ご丁寧に茶碗蒸しも付いている。


深く考えずにそれを頼んで

テーブルに料理が来てから

と悩んだ。


これはいったい、
どれから食べれば良いのでしょう。

そば と すし のセットなんて
珍しいものではなく

そうなると
たいてい茶碗蒸しも付いているものです。


しかし
間が空けば

そば はのびる

すし は風味がなくなる

茶碗蒸し は冷める。

どれも先に
手をつけたいじゃありませんか。

皆さんは
どうしますか?

たかがファミレスのランチです、

うるさく言うつもりはないのですが

とはいえ
日常の問題として

そば

すし、

茶碗蒸し、

どれから食べれば良いのか。


作って出す方は
どうしてほしいのでしょうか。

和食が
ユネスコ文化遺産になった今となっては
そのくらいの身近な問題は
解決しておきたい。

「どうせたいした味じゃないから、どれからでもいい」

のか、

「三つに同時に箸をつけて食べ出す」

のか、

「なんとなくそば、すし、茶碗蒸しの順」

なのか、


それとも

「好きなものからどうぞ」

と完全に客に委ねた態度なのか。

ちなみに
ぼくは

そば
茶碗蒸し
すし

の順にしました。

実は
さらに味噌汁が付いていて

これも悩みましたが

おまけのつもりで
ラストに。


店員に聞いてみようかと
思いましたが

やめました。


へんな客
と思われるのも嫌ですしね。

たかが
ファミレスのランチですが


罪なものですね。

19:01

May 5, 2014

PERFORMANCE


『惑星TEトLA』

の上映、
東京は終わりました。


来ていただいた皆さん、
ありがとうございました。


プライベートな色のもっとも濃い作品なので
自分にとって特別です。

一番自分らしい映画ともいえます。


なにしろ
出演者を除けば
ほぼ、ひとりで作っています。

撮影、美術、制作、編集、録音…

出演もしています。

アニメーションも作ってます。

(ちなみにこれがぼくが最初に作ったアニメです。1985年かな)

もちろんすべて8ミリフィルム、
手作りで
パソコンもデジタルも一切使ってません。

そして
今回は新たな試みとして
朗読と音響のパフォーマンスを加えました。


つまり
100分間の上映に合わせて

舞台でテキストの朗読をし
また音響(ノイズ)を加える
という

「生」上演をしたわけです。


しかも
リハーサルなしの
いきなり本番。

ということは
かなり即興です。


そもそも
映画はふだん
完成したフィルムを上映します。

作った自分は
ただそれを眺めるだけ
なんですね。

しかし
音楽や演劇は
観客の前で
作り出す。

ライブじゃないですか。

それが羨ましくて。

映画も
ライブにしたいといつも想っているわけです。


だから
音楽のライブに合わせた映像(VJ)をやったり
作るたびに変えてしまう映画など
ライブ感を大事にしてきました。


今回は
完全な映画ライブですね。

「弁士つき上映」と言った方がおりましたが

これが
エンターテイメントの分野なら
綿密なシナリオを用意して
幾度もリハーサルをして臨むのでしょうが

それではせっかくの
8ミリのプライベートで
スリリングな感覚が
台無しになります。


この日のために用意した
テキストも
どこで読もうか、
どんな感じで読もうか

探りながらやりました。


内容も
必ずしも
映像の解説ではありません。

合っていないところも
あります。


だから
イメージが
膨らむのです。

慣れないことを
やるのですから

当日はもちろん、
準備の間も

ものすごくエネルギーが消耗します。

でも
それがこういう作品をやる
醍醐味ですね。


(観る方もエネルギーを使いますね)


6月には
福岡と名古屋でも

その場に出向いて
同じように
上演をやります。


福岡
6月6日 14時
福岡市総合図書館

名古屋
6月18日 19時
愛知芸術文化センター


詳しくは
イメージフォーラムフェスティバル2014

http://imageforumfestival.com

22:32

Apr 24, 2014

TEトLA


ライフワークとして
作り続けている
8ミリプライベート映画

『惑星TEトLA』

の上映があります。


これは
架空の惑星の興亡を

徹底したイメージの交錯で
アヴァンギャルドに描いた

純粋なアートムービーです。


あえてプライベートな感覚を生かした
手作り映画です。

「成長する映画」と呼んでいますが

上映ごとに新たに撮影をして
構成、編集、録音が変えられていきます。


つまり
作り替えられてしまうわけで

まったく同じものは
二度観ることができないという
コンセプトの作品です。


もちろん
DVDになったりパッケージソフトにはなりません。

限定上映です。

『惑星TEトLA』
1985〜2014
8ミリ/100分

演出・撮影・編集・録音:T Z K
オリジナル音楽:松岡政長・T Z K
出演:今井萌・松崎友紀・T Z K ほか


イメージフォーラムフェスティバル2014

東京
4月29日13時時45分から
5月2日16時15分から

新宿パークタワーホール


福岡
6月6日14時から

福岡市総合図書館


名古屋
6月18日19時から

愛知芸術文化センター


詳細は
http://imageforumfestival.com


5月は他にも過去の作品上映があります。

『UNK』
『HIGH-SCHOOL-TERROR』
『MOMENT』
『ブラックキス』

詳しくは事務所のサイトをチェックしてみてください。

http://www.neontetra.co.jp/

16:39