Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Feb 26, 2015

BIGINNING


新しい映画の企画が

始まりました。

よく
映画のメイキングというのがありますが

だいたい
撮影以降に関してだけ
おいしいところを見せてます。


実際は
撮影よりも前に
長いながい経緯があるものです。


そして
あまり知られていません。


映画は
クランクインまで辿り着ければ
ほぼ OKで、

なんとか完成できる。


その前の段階で
たくさんの作品が
消えていきます。

せっかくの機会なので

映画作りのリアルを
文字通りリアルタイムに

書いていこうと思います。

もちろん、
細かいことすべては
とても書ききれませんが。

映画は

最初に

企画ありき。


製作に入る前に
企画を開発しなければなりません。


よく
「構想何年」
とか監督が言いますよね。

その間、
ただぼんやり構想だけを練っている訳ではないのです。


企画書を作る。
脚本を書く。
キャスティングをする。

プロデューサーや映画会社を見つける。


そして

スポンサーを見つける。
(お金を集める)


これすべて、
実は
監督の仕事です。


特に
インディペンデントの監督の場合。


映画会社の企画なら
逆に監督が決まっていなくて
プロデューサーが
これに当たります。


しかし
フリーの映画監督が
自分の企画で映画を作ろうと思ったら

企画開発は
自分でやらなければなりません。

つまり

「映画監督は営業能力がないとダメ」

なんです。


話上手、売り込み上手でなければ。

もちろん

「出資します」

というスポンサーが現れたといっても
安心してはいられません。


いつ
状況が変わるかもわかりません。

まずは

契約。

その関門を潜らなければ
映画製作は
砂の城です。


スーツ着て
ネクタイしめて

契約をとってくること。

それが
映画作家の
真の姿というものです。

19:07

Feb 13, 2015

GOSEN


今日は新潟の

五泉市というところで

ひとり飲んでます。


なんで
そんなところに

というと
いろいろワケがあるのですが

まあ
それはそうとして。


知らない土地に
ひとりでふらりと来て

はじめての店で
飲むのは
好きなんですよ。


ちいさな冒険と
ささやかな寛ぎが
心地いいんです。

外は
少し吹雪いていて

超さむいです。


でも何故か

胸の内は
温かです。

五泉駅から
電車に乗ったら

電車ではなかった。


ディーゼル車でした。

22:05

Feb 13, 2015

ANGO EIGA


坂口安吾没後60周年企画

ということで

新潟の市民映画館シネウインドにて

映画『白痴』の上映があります。


坂口安吾映画祭2015

2月14日から20日まで。

http://www.cinewind.com/


『白痴』は
14日
17日
20日
ともに10時から。

14日は
安吾さんの息子さん
坂口綱男さんとふたりで
トークもあります。

(二世トークですね)

もちろん
『白痴』は
新潟市でロケした作品ですが

撮影から
すでに17年も経ちます。

はやいものです。


新潟市内に
東京ドームほどの面積の
巨大な街のセットを
爆破し
燃やし尽くしたのが

今となっては
懐かしい。


ぼくは
坂口安吾と
こんなにも
深い関わりが続くとは

想像もしていなかった。


いや、

新潟とも。

「ふるさとは語ることなし」

という言葉を
安吾は残して
故郷を去ったけれど


ぼくはといえば

ふるさとでもない地で
語り続けています。

03:39

Jan 14, 2015

PLUTO


浦沢直樹さんが描いた

『PLUTO』

の舞台がありました。


演出は

以前に

『T e Zka』

というダンス作品を創り出した

ヨーロッパ有数の振付家

シディ・ラルビ・シェルカウイ。


彼は大の手塚治虫ファンです。


なので
全編が
マンガに対するリスペクトに
満ちていながら

単なるオマージュを越えた
見ごたえのある
ステージアートになっていました。

本作の大きなテーマは

『ロボットは人間になれるか』。


ロボットは人間のように
愛や悲しみ、憎悪を
持てるか

ということが
描かれていました。


高尚なテーマではあります。

しかし

舞台を見た翌日、

お茶を飲みに
ファミリーレストランに入ったら

隣に熟年の夫婦がいて

離婚の相談をしています。


どうやら
夫の方が
出張で行った海外(東南アジアらしい)で
愛人ができてしまい、

それを妻が責めているようでした。


奥さんは専業主婦で
稼ぎがないから
別れても困るし

子供たちは
海外留学の希望があるのに

どうすればいいの、

という
ベタな話です。

その隣のテーブルでは
若い女性が

なかなか結婚に踏み切れない彼氏を
どうしたものかと

女友達に相談していました。

半分はノロケなんですがね。


愛とか憎しみとか

言葉にすれば
高尚に響きますが

現実は
こんなものなのだなあ。

ロボットが

出張先で浮気をしたり

昼間からファミレスで

離婚の相談やら

彼氏の悩みやらで

うだうだしていてほしくないです。

技術的に
如何に人間に
近づこうと

人間には

なってもしょうがないですよね。

20:01

Jan 9, 2015

FIRST DREAM


新年おめでとうございます。

今年は年始から
鼻血が強烈に止まらなくなり

深夜から朝まで

あまり出るものですから
ごくごくと自分で飲み続けて

満月でもあり

なにか

バンパイヤな気分です。

バンパイヤ
といえば

昨年末に
映画『ホビット』
を観に行って

クリストファ・リーが出ていたのに
びっくり

というより
嬉しかったですね。


ぼくの少年時代のヒーローが
リーが演じた
ドラキュラ
でしたから。

あんなにアダルトを感じさせる存在はいなかった。


当時のファンは
「ドラキュリー」
と呼びます。


彼は最近
ハードロックのアルバムを出していたのですね。

知らなかった…。


あわてて買って
いま聴いています。


もちろん
演奏ではなく
ボーカルなんですが

どことなく
ライバッハみたいで
シブイです。

いい男は
歳を経ても
いい男ですね。

年末に
新宿ミラノ座が閉館するというので

ファイナルイベントでやっていた
『エクソシスト』
を観に行きました。


1500席という
東京で一番(ということは日本で一番?)大きな映画館でしたが

ついにこれで最期。

28年間
娯楽映画を
かけ続けてくれました。


お疲れさま。
ありがとう。


もう
巨大なスクリーンは
IMAXだけなのか

年始最初に
豊島園のIMAXシアター
(うちから近いので便利)

『インターステラー』
を観たら

エレン・バースタインが出演していて

またまたびっくり。

だって、
『エクソシスト』の事実上の主演女優ですよ!

いまはどうしているだろう
とミラノ座で
感慨に浸っていた直後だったので

映画の神さまは

おつなことをしますね。

そんな今年は

ぼくも映画の神さまのために
働きます。


初夢は

しっかり映画の現場で
働いてました。


夢に見なくとも

働くのですが。


あけましておめでとうございます。

本年も

どうぞよろしく。

02:07

Nov 7, 2014

KAGA


11月3日は文化の日。

手塚治虫の誕生日でした。


もとは明治天皇の誕生日。

その日に生まれたので
「明治」の「治」をとって

「治」

と名付けられました。


毎年、
この日は
お墓参りに行くのですが

今年は
石川県に出張。


なぜならば

加賀市には

手塚家のご先祖、
平安末期の武将、

手塚太郎光盛

ゆかりの史跡があり、

そこで
行事があったからです。

手塚光盛は
諏訪大社下社の宮司(大祝)だった金刺の家系ですが

木曾義仲の軍に加わり
平家と戦いました。


篠原の合戦で
平家に仕えていた
斎藤実盛を
討ち取った話は

『平家物語』でも有名。


能や浄瑠璃、歌舞伎にもなった逸話です。


若き頃、
坂東武者の実盛は源氏に仕え
子供であった義仲の命を救います。

のちに平家に仕えることになり、
成長して源氏の大将となった義仲軍と戦う羽目になってしまいました。

そこで
錦の鎧で身に包み
白くなった髪を黒く染めて
戦さに望みます。


あえて名乗ることなく
手塚太郎光盛と合いまみえ

討ち取られてしまいますが、

光盛がその首を
義仲の元へ持ち帰り
洗うと墨が落ちて
白髪が現れます。

義仲は
幼き頃の恩人実盛であるとわかり
号泣する

という
切ない物語です。

その斎藤実盛のイベントで
手塚光盛について語るのです。


先祖ゆかりの土地とはいえ
何しろ討ち取った相手の行事です。

これは
心して挑まねば
と緊張し

事前に
ひととおりお参りを済ませようと
前日に加賀へ乗り込みました。

その名も
「手塚町」に

実盛の首を洗ったといわれる
「首洗い池」という史跡があるのですが

そこに着いた途端に大雨。


たいてい、
地方でイベントや撮影があるときは
見事に晴らす「晴れ男」なので
むしろ珍しい。


池のほとりに
実盛の首を抱えた義仲と
かしこまる光盛の銅像があるのですが

そこに雨が降り注ぎ
文字どおりふたりを
「号泣」させたのを見たときには

得も知れぬ神妙な気分にさせられました。


これも清めのため雨と
供養に手を合わせました。

翌日、
イベントに先駆けて

実盛の遺体を祀ったといわれる
実盛塚にて
法要が執り行われましたが


まさに僧侶が読経を始めると
それまで降っていた雨が上がり

雲間から
明るい陽が差してきたではありませんか。


ああ、
供養になったのだと

実盛様は喜んでおられると

胸を撫で下ろしました。

加賀を訪れて良かった

いや

訪れなければならなかったのだと

強い縁を感じさせられましたね。

ちなみに
後で判明したのですが

このご先祖様ゆかりの行事への
参加依頼の手紙が
出された日は
8月11日。

実行されたのが
11月3日。


つまり
ぼくの誕生日に頼まれて

父の誕生日に行われた。

仕組まれていますね。

16:59

Oct 27, 2014

BLOOD


寝ようとしていたら

急に鼻血が出てきて
止まらなくなり

焦りました。


30分くらいして
やっと止まりましたが

頭痛がするわけでもなく
めまいがするわけでもなく、

本当に
ただの鼻血でした。

生まれてほぼ初めてです。

鼻の粘膜が弱っていたのでしょうか?
いたって健康なんですがね。

それとも
なにかの徴しなんでしょうか。

そういえば
新月の日蝕だったんですね。

便器に滴り
広がる
血の濁りを眺めながら、

これ止まらなくて
身体中の血液が全部出ちゃったら
どうしよう

とか

この分、献血できればよかったのに

とか

この透明感のある赤を映像で表現するには
どうすればよいか

とか

ぼんやり考えていました。

献血は好きなんですが

仕事柄、
いつでも
というわけにはいかなくて。


採血も好きなんです。

自分の血を見るのが。

00:59

Oct 12, 2014

APES


『猿の惑星 ライジング』

を観ました。


人間 対 猿

という図式は
ぼくには

俳優 対 CG映像

に映りました。


意図なのか
わかりませんが

人間の俳優より
CGの猿の方が表情豊かな映画でした。


最近、一番ヒットした映画は
CGのアニメ、『アナと雪の女王』
です。


そのうちに
人間の俳優は必要なくなるのでしょうか。


映画監督には
俳優は創作の大事なパートナー。

いなくなると
困ります。

『猿の惑星 ライジング』の
原点になった作品は

CGなんてなかった
1978年の映画
『猿の惑星・征服』
です。


オリジナルは
さほど大作ではありませんでしたが

元祖シーザー役の

ロディ・マクドウォールの
素敵な演技が光っていました。

ぼくはその
ロディ・マクドウォールの
ファンクラブ会長だったんです。

いや
過去形にしてはいけない。

まだ解散したわけではないので。

ロディは
記念的な第一作
『猿の惑星』で

シーザーの父親、
(バンド名にもなった)
コーネリアス
も演じました。


彼が好演したからこそ
『猿の惑星』はシリーズになり

ロディは
1本を除く全作と
テレビシリーズに
主演しました。


いわば
ミスター『猿の惑星』です。

日本では
ロディ・マクドウォール
と言っても
いまの人には通じません。


『猿の惑星』に出ていたヒト
と言っても
素顔はわからないわけですから。

実はイケメンの個性派。


しかし
ロディは
元名子役で、

ジョン・フォード監督の名作に出演し
名犬ラッシーの相手役であり

エリザベス・テイラーの『クレオパトラ』では
ローマの英雄オクタビアヌス
を演じ

『ヘルハウス』や『フライトナイト』のような
通好みのホラー映画に主演し

『刑事コロンボ』や『バットマン』といった
アメリカのテレビシリーズの定番ゲストであり

生涯に
100本を超す
出演作がある

名優です。


写真家として
4冊の写真集も
出しています。

最初の『猿の惑星』が作られたとき

多くの名優は
猿の役を嫌って引き受けなかった。

しかも
特殊メイクで
眼以外の顔が見えない。

当時の猿の特殊メイクは
4、5時間もかかったそうです。


ロディは

「自分の顔が見えなくて演技するなんて、エキサイティングじゃないか」

といって
それを引き受けて

シリーズに繋げた。


本当の映画俳優でした。

ぼくは
プロとはなにか

彼からたくさん学びました。

18:28

Oct 6, 2014

ONTAKE


今週より
長野県信濃美術館で

手塚治虫 石ノ森章太郎
マンガのちから 展

が始まりました。

http://www.npsam.com


12月4日まで開催しています。


そのオープニングセレモニーのために
来県しましたが


長野県とは

少なからず
縁があります。

手塚家のルーツが
長野だという話は

何度も書きました。


下諏訪の
諏訪大社 下社の家系と
言われています。


今回、
それをもう一度
検証していて


驚愕の事項を見つけました。

手塚家から分かれて
「武居」という姓に変わった
家系があります。


手元の資料では
木曽義仲(源義仲)に仕えた
手塚太郎光盛の直系ということになっていますが


この武居家は
代々、

木曽御嶽山の禰宜をしています。


……。


御嶽山神社の
家系なのです。


現在はどうなのか
わかりません。


資料によれば

少なくとも
昭和までは
御嶽教管長
だったようです。

つまり


手塚家は
御嶽山とも
深い縁があるのです。

驚きました。


この度の噴火による
災害で
被害に遭われた皆さまに

心より
お見舞いを申し上げます。

この
数ヵ月、

出張で行く先々で
自然が暴れて災害が起きていました。


先の台風が
京都に訪れる日に
よりにもよって
手塚治虫のアニメのオールナイト上映がありました。


宝塚では
土砂崩れが起きた直後に
手塚治虫記念館来場350万人のセレモニーがありました。


広島で
土砂崩れが起きたときは
広島国際アニメーションフェスティバルの開会式があり

『森の伝説 第二楽章』
のプレミア上映でした。

なにか

それぞれの地の
鎮魂に廻っている
気がしています。

02:17

Sep 26, 2014

BRAIN


最近、

時間をかけて
ミュージックビデオを編集していました。

ちょっと複雑なイフェクトを使ったので

PCでのレンダリング(映像イフェクトの計算と描写)に時間がかかったのですね。


(ちなみに
編集はいつも誰も付けず
自宅PCでひとり
黙々とやってます)

数秒レンダリングしては
結果をみてデータ直し

って延々やっていたのですけど


その間、
10分から数時間、
ひたすら映像が出来上がるのを
待っていなければならない。


時間が勿体ないのと
手持ちぶさたで

別の仕事の作業を横でやってました。

(脚本とか絵コンテとか)

しかし、

映像の編集も頭を使うし
別の仕事も同じ頭を使うので

だんだん
疲れてきてしまって。

そこで

頭を切り替えるために

数字パズルを始めたのです。


よけいに頭が疲れそうでしょう?


ところが
意外にこれが、

うまくはまるんです。

恐らく
クリエイティブな脳と
数字パズルを解く脳は

違うのでしょう。


それに
パズルはどこから始めて
どこで止めても大丈夫。

そこで
編集中のレンダリング待ちは

もっぱらパズル解いてました。


それが。


部屋に音楽流してたのですが

これがまた
よく心に響く。


ふだん聴いているのとは
ひと味ちがう。


恐らく
パズルを解く脳と
音楽を聴く脳も

違うのでしょう。


ながら
にも関わらず

音楽が
繊細に聴こえてくるのですよ。


これは
新鮮な驚き

でしたね。

23:34