Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/26/2004

MELANCHOLY

ところで新作映画はどうなったの、って?

実はとっくに製作は終わって後は試写を待つばかり。
映画監督にとって一番ホッとするのは映画ができた瞬間で、一番落ち込むのも映画ができた瞬間。
つまり今、内心はとても落ち込んでいる。
自分の新作をみるのはいつも苦痛ですね。
冷静にはみられない。
ぼくだけじゃなくてほとんどの監督がそうじゃないかな。
「できあがったばかりの映画はまだ糊が乾いてない感じがする」と語った監督がおりましたが、とにかく印象悪い。
試写なんて、できれば逃げ出したいくらい。
人にみせるために作ったのに、誰にもみられたくない、と想っちゃう。
もう、一から作り直したいって。
客観的にみられるようになるのに数年かかります。
『白痴』なんか最近やっとみてられるようになった。
コレ、なかなかいいじゃん、なんて。

とはいえ、映画の本質的な完成は観客に見せたとき。
新作は封切りまでまだ時間あるから、ゆっくり話していきますよ。
映画の舞台ウラと監督のホンネ。

23:06

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46000/1288131

この記事へのトラックバック一覧です:
MELANCHOLY
» 白痴 [TECHNOTE から]
「白痴」 原作:坂口安吾 監督:手塚 眞 主演:浅野忠信 過去なのか、未来なのか、舞台は終戦後。 浅野映画フリークの私、遅ればせながらやっ...
続きを読む...
受信 Oct 22, 2004 11:55:15 AM

コメント

『白痴』懐かしいです!
長くて重かったですが、ワタクシは好きな映画の1本。
「できあがったばかりの映画はまだ糊が乾いてない感じがする」
そういうものなんですね〜!!
新作の『映画の舞台ウラと監督のホンネ』、
楽しみにしております!!!

投稿者:
garam
Aug 27, 2004 2:04:50 AM

そんな苦労が監督にはあるものなのですね。初めて認識した感覚かもしれません。でも、僕自身も楽しみにしているといえど、不安な気持ちがそれを勝るというのが実際のところ。
でもでもとっても楽しみにしているということも僕の後ろ側にある現実。
そんな恥ずかしい気持ちと、わくわく感が積み重なっていって、現実として残される文化になるのでしょうか?
僕にはもう何もしようがないので、あとは、作品に向かってのお祈りをするくらい。作品を初めて味わうまでの、今からの時間を記憶に焼き付けることを、楽しんでいたいと思います。

投稿者:
岡田真善 
Aug 28, 2004 1:31:30 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム