Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/25/2004

ロボットの危機

親の因果で、ロボットものの解説をよくさせられる。
『アイ・ロボット』というハリウッド映画が封切られるけど、ひと口でいうなら「ロボットの惑星・序章」という感じかな。
アトムの時代よりはずっと過去のハナシ。
原作はアイザック・アシモフ。
といっても映画のストーリーはかなり違う。是非とも原作を先に読んでから観てほしいな。

TZKが解説を書いている角川文庫『アイ・ロボット』は本日、発売です。
590円。

01:56

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46000/1274331

この記事へのトラックバック一覧です:
ロボットの危機
» 続 アイ、ロボット [minimal から]
手塚眞氏のブログでも、「アイ、ロボット」が取り上げられていた。「ロボットの惑星・
続きを読む...
受信 Aug 27, 2004 8:59:04 PM

コメント

I,Robot、ちょっと面白そうだな、と思ってます。
AIも、周りの人はみんなつまらないと言ってたけど、僕は面白かったです。

投稿者:
小鳥
Aug 25, 2004 2:08:43 AM

初めまして。
『アイ・ロボット』は観たいな、と思っていました。
原作、ぜひ読んでみたいと思います。

投稿者:
haru
Aug 25, 2004 7:50:32 PM

残暑お見舞いもうしあげます。
かつて公開された『アンドリュー
NDR114』や『A.I.』観ていて、
なんだかなーって思いました。
どうしても手塚作品や石森作品を
連想してしまう内容だから。

投稿者:
シャンブロウ
Aug 26, 2004 12:59:51 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム