Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/20/2004

JELLY FISH

風邪がなかなか抜けない。
夜、眠る前になると咳がヒドくなるので眠りも浅く、微熱つづく。
そんな中のテレビ出演は、ひさしぶりの『サイエンスZERO』。
(ブログ仲間?の)眞鍋かをりさんは相変わらず元気だ。
本番の合間、オチャメに動き回っていて見ていて飽きない。「脊椎動物」のことを「SEXY動物」と聞き間違えたり…。
今日のテーマは「巨大クラゲ大発生! 人類絶対の危機」 …ちょっと違うか?
でも直径2mにもなるクラゲ、かなり迫力です。ぜひご覧を。
11月29日午後7時からNHK教育で、お会いしましょう。

01:05

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46000/2011045

この記事へのトラックバック一覧です:
JELLY FISH

コメント

噂の眞鍋さんと競演ですか。
ネタにされたりしないのかな。
風邪気をつけてくださいね。

ブログ1000人斬り!の旅
66人目です。

投稿者:
asterisk
Nov 20, 2004 9:03:48 PM

前略、私、眞様より、2つ年上・・・同年代と申し上げても、よろしいでしょうか ? 
ある、掲示板「最終的には、手塚治虫」に、在籍しており、皆と議論したり、楽しいお話をしております。今年になるまで、お父様のファンと話をする事無く、過ごしてしまいました。
その仲間から、こちらのサイトを教えてもらいました。
お父様のアニメ、漫画とは、小1からの、熱狂的ファンでした。もし、お父様の作品に出会わなかったら、罪人になっていたと思います。
その頃、いろいろあって、ひとり悩み、お父様の作品だけが、心の支えでした。
中学生の時、「手塚治虫、30年展」を荻窪の画廊まで、観に行きました。田舎者ゆえ、母が付き添ってくれました。あそこでの、思い出は、一生の宝物です。丁度、その日、お父様が、夕方、お見えになると言うことで、50名ほどで待っておりましたが、先生は、お忙しいらしく、予定の時間に間に合わず、電車の時間に間に合わず、渋々、帰りました。
でも、当時、ご家族にも、たまにしか、会うこ
とが出来ない、先生の事情を知っておりましたから、何の悔いも有りませんでした。
私の父は、昭和60年に亡くなりましたが、第二の父として、尊敬しておりました、眞様のお父様の訃報を聞き、一日、喪に服しておりました。
その後、お母様のお顔をテレビで拝見いたし、余りのお美しさに、お父様の漫画に出て来る、美人にそっくりでしたので、びっくり致しました。
お父様、亡き後、私の納得出来る、手塚アニメは、ひとつもありませんでしたが、今回の「B.J」は、本当に素晴らしく、感動しております。原作に最も近い事が、大変嬉しいのです。
連載当時は、女の子が少年漫画を手にする事さえ、恥ずかしく、こっそり、知人に買ってもらっておりました。
運命が、第一回目の連載「アナフィラキシー」と、本屋さんで、巡り会わせてくれたのです。
あの時の感動は、忘れもしません。
虫ブロ倒産の記事に、ショックを受けていた矢先の事ですから。
丁度、当時、立川へ毎月、バスで通い、横田基地を眺めておりました。そこが、ストーリィーの中に、出て来た時の感動は、捨てがたいものでした。そして、B.Jに恋をしました。
今回、眞様の監督という事で、期待しておりました。拝見すれば、かなり緻密に、計算されたものとの事。新潟地震への、配慮も、感銘を受けました。
うちの次女・・小五も、ピノコちゃんのかわいさにつられ、一緒に観ております。
現代的にさりげなく、アレンジしてありますし、C.Gがさりげないところが、良いです。
お父様のメッセージを後々の子供達に伝えていきたいと思っております。お体にお気を付けて頑張って下さい。
p.s 私も、射手座のA型です。
最近、やっと、仲間の薦めで、「陽だまりの樹」を読ませて頂きました。私の年代に取っては、なかなか、大人向けの作品への挑戦は、イメージ的に寄せ付けませんでした。
私自身、今、通院中で、ギリギリ、手術をせずに済んでいますが、3年前と今年、緊急入院しまして。だから、幕末の医療に関しての努力と苦労は、現代医学への大変な功績として、有りがたく、読ませて頂きました。
良庵様にも、恋してしまい、途中から、亡き父にお顔が似ていると気づきましたが、最終ページで、51才で亡くなられたと、あり、私の父も、51才で急死致しましたので、もう、涙が止まりませんでした。
「火の鳥」については、太極拳の修練の為、哲学を学び始め、「タオ」・・道教の思想が、根底にある様な気がして、再発見の感動でした。

投稿者:
ミルク
Nov 21, 2004 1:58:23 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム