Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/21/2005

BROKEN…

ロフトプラス1に「こわれ者の祭典」というイベントを見に行く。
心身障害者たちの障害自慢トークとパフォーマンス。
ノイローゼ、引きこもり、摂食障害やアルコール依存症など、シリアスな話題をお笑いに転化する。
テレビにも取り上げられたそうで、たくさんの客でにぎわっていた。
脳性マヒのダイゴくんは人気者だが、7年前に新潟で『白痴』に出演してもらった。
それまで散々な人生だった彼はそれが転機になって、いまや自分でも映画を作るし、役者をやり詩も作り、今日はブレイクダンスも披露した。
何が人生を変えるかわからない。
ことばと振る舞いはおぼつかないが、明るい元気な障害者である。(酒が入るとただの酔っぱらいスケベだが)
そんなヒトたちの無邪気なパフォーマンスは、自分たちの辛さや苦しみを乗り越える手段なのだろう。
いつの間にかぼくもゲストとしてトークさせられた。
ぼくはこわれ者ではないが、まあ縁だからしょうがない。

ところがその後、夜の部のイベントには、デルモンテ平山夢明くんと(暴力温泉芸者)中原昌也くんが出演していた。
樹海の自殺遺体などについてのトークなんだそうである。
さすがに今度はゲストは辞退したが、このふたりとも学生時代からの20年来の友である。
縁の絆とは恐ろしいものだ。

03:18

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です:
BROKEN…

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム