Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/06/2005

KOMATSU

今日は小松に行ってました。
講演の仕事です。
けっこうあるんですよ、地方での講演て。
日帰りなのが悔しいけど。
東京を離れるとね、やっぱり日本酒ですよ。
ぼくは金沢でお酒を覚えて。
今日も甘えびとカニをしっかり堪能しました。
ほろ酔いで戻ってきて、これからまた仕事です。
明日までに『ブラック・ジャック』の2年目のラインナップ考えなきゃならない…。

20:58

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46000/3197221

この記事へのトラックバック一覧です:
KOMATSU
» ブラック・ジャック@TV「Karte:16 メールの友情」(補足情報付き) [astroboy-nj's today@WebryBlog から]
今回のエピソードは、メールの友情(原題 ハローCQ)。
続きを読む...
受信 Mar 8, 2005 10:35:25 AM
» まだまだやります、「ブラック・ジャック」! [blog珍品堂 から]
 現在、わずか1万円の予算でホラー映画を制作、という難題に挑んでいる手塚眞監督。その様子は逐一ブログの方で公開されているのですが、最後にさりげなく重大なことを言...
続きを読む...
受信 Mar 14, 2005 8:17:34 PM

コメント

やったぁ!!二年目もやるんですね!2年目も頑張ってください!!
それにしても、甘エビとかにを食べられるなんてうらやましいです。日本酒に合うんでしょうね。(未成年ですので予想です)

投稿者:
サファイア
Mar 8, 2005 10:09:44 PM

こんにちは。ブラックジャックまだまだ続くのですねー!嬉しいです!小5のチビ1のクラスでミニ発表会(寸劇)がありブラックジャックの登場シーンもありまして大人気!また会の閉めはこれまた主題歌”月光花”の大合唱でした。感銘を受けたのか”医者になりたい!”なんていってくれちゃってます(^^ゞこれからも楽しみにしてます。

投稿者:
chi-ko
Mar 9, 2005 2:57:39 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム