Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/29/2005

OPENING

前に書きましたがテレビ『ブラック・ジャック』のオープニング+エンディングが変わります。
せっかく馴染んだのに、てところですが、永いおつきあいになりますから、このへんで新鮮な気分に。
新曲はglobeとhiroです。

主題曲はぼくが選んでいるわけじゃなくて、これはレコード会社とのタイアップで決まるのです。
監督に選択権ないので、ぼくはただ映像を添えるだけ。
でも前のジャンヌ・ダルクと大塚愛はとても売れましたね。
『ブラック・ジャック』で使われると売れる、て実績がつめるといいのですけど。
ぼくも以前はMTVけっこう作っていたので、ムカシとったキネヅカ、てヤツですね。

03:52

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46000/4320581

この記事へのトラックバック一覧です:
OPENING
» ブラックジャック [ひよこがらいおんになる日まで から]
オープニング、エンディングとも変わりましたね。 初めて聴いた感想は・・・なかなか
続きを読む...
受信 May 30, 2005 7:53:14 PM
» ブラック・ジャック 新章へ [blog珍品堂 から]
 本日放送分より、ブラック・ジャックのOP・EDが変わった。  歌の方は、「今さらglobeかよ!」という感じで、むしろ時代を退行したような雰囲気。でもまぁ、もう何回か見たら慣れるかも。  ところが、歌はどうでも良くても、絵の方はそうはいかん。なんと、オー......
続きを読む...
受信 May 30, 2005 8:16:35 PM
» ブラック・ジャック「karte:29 命を生ける花」 [astroboy-nj's today@WebryBlog から]
今日から新オープニング・エンディングになり、さらにはみんなであっちょんぶりけ!写真紹介もスタートしたブラック・ジャック。特にオープニングは、B.Jファンの間ではTVシリーズに出るのか出ないのか?と話題になった「あの人」もついに登場します。今回は、命を生ける花(原題:命を生ける)。...
続きを読む...
受信 May 30, 2005 9:40:34 PM
» ブログの終わり−無名ブログが死ぬことを決めた日 [叛逆郊外#6 → 自虐時計#9 から]
今日でこのブログは終わります。「神は死んだ」   フリードリヒ・ニーチェ 「人間は死んだ」   ミシェル・フーコー 「ロックは死んだ」   ジョニー・ロットン「お前はもう死んでいる」   ケンシロウ「ブログを殺す」   堀江貴文「ブログが死んじゃいました・・・...
続きを読む...
受信 May 31, 2005 12:35:42 AM
» \★☆東京優駿2005☆★結果/とりあえず勝ったで! [D.D.のたわごと から]
ディープインパクト銀行,利子は10分で10%ナリ。 (発売〆切から払い戻しまで) まさにトイチ! あ,日本ダービー回顧です。 パドックで入れ込み,尻っぱねを連発, 単勝をしこたま買おうという“投機家"の根性を試して 単勝百円元返しを回避(単勝支持率%を超えたらJRAの持ち出し)するという 演出をする心憎さ。 前走皐月賞でもスタート直後大つまづきを演じて その後巻き返しぶっちぎるという即席時間ハンデに続く ショー�...
続きを読む...
受信 May 31, 2005 5:52:55 AM
» ブラックジャックの新主題歌 [Happy☆Lucky から]
昨日の放送からブラックジャックのオープニングと エンディングのテーマがかわりましたが、 昨日子どもに「こういう歌は誰がきめてるの?」ときかれ 「さあ〜、監督さん?プロデューサー?  まあ、とにかく一番偉い人かな」などと適当にこたえていたら (子どもは「小学校で言ったら校長先生みたいなもんか」  と納得してましたが^^;) 手塚眞さんのブログのこちらの記事手塚眞の絶対の危機: OPENINGに 「レコード会社のタイアップできまる」と書いてありました。 なるほど〜〜。 そういう大人の...
続きを読む...
受信 May 31, 2005 9:44:58 PM

コメント

こんにちは、映太郎と申します。
テーマソング変わりましたね、ちょっと驚きました。もう変わっちゃうのかぁと。

かつての鉄腕アトムにしても、巨人の星にしても、悟空の大冒険やアタックNo1にしても、それぞれの作品にはそのメロディーを聴けば懐かしいヒーローが脳裏に蘇る強烈なアニメソングが必ずありました。

さて今現在、コナンや犬夜叉やブラックジャックを見て聴いて育っていく人たちは、将来どんな思い出し方をするのでしょう。目まぐるしく変わるテーマソングに、私はふと寂しさを覚えてしまいました。

時代と言ってしまえばそれまでなのですが、それにしてもちょっと目まぐるし過ぎて驚きです。まぁ、番組からヒット曲が出てくれればそれはそれで、また違った思い出し方の芽を植えつけてくれていることにもなるわけですが、頭の固い四十路の私にはかなりシンドイことには変わりません。

スイマセンねぇ、ターゲット層から外れた人間のたわごとをこんなところに書き記して…。まぁちょっと嘆いてみただけでして、どうかお許し下さい。

失礼しました。どうかこれからもお仕事頑張ってください。

投稿者:
映太郎
Jun 2, 2005 10:55:23 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム