Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/17/2006

原稿です

しかし毎日更新は意外にタイヘンです。
書き貯めておけばいいのかもしれないが、その日の気分で書き直してしまうので同じことかな。


文字原稿書くのは、面倒だと想いながら、実はそんなに嫌いじゃない。
時間さえあれば、ダラダラ何時間でも書き続けていられる。
そもそも最初にやった「仕事」は、雑誌の連載だった。
19歳のとき、『POPEYE』という雑誌にインディーズ映画のコラムを書いていた。
取材して、記事にまとめる。
最初は要領がつかめず、たくさん話を詰め込みすぎて、何がいいたいのかわからなくなっていた。
編集のヒトに書き直しを命じられて、何度も書いては持って行った。
まだファックスもメールもない時代だったから。
たった数百字のコラムだけど、仕事だと思うと真剣だったな。
そのときの編集者は、いまはマガジンハウスの社長をしている。


それから四半世紀。
いろんな原稿を何千枚も書いてきたけど、未だに自分の文体はよくわからない。
その都度、変わるし。

ノリのいいときのエッセイは自分でもオモシロイと想うけど、どうしたらそれがいつでも書けるのか、コツがわからない。
たぶん、身内しか読まないと割り切ったときがいいのかもしれません。
あ、こんな風に「デスマス」で書いてるうちはダメだにゃ。


いつも考えすぎてしまうのだけど、読み手を意識して面白がらせるのと、とことん自分勝手に書くのとは、どちらがよりオモシロイのか。
結局なやんだ挙げ句、間を取ってしまう。
絶妙なバランス感覚が身上なのだけど、それがわかっているから、なお気に入らない。


たいてい、依頼原稿は締め切りより早く書き上げる。
そして数日寝かせる。
締め切り前に改めて読み直して、場合によっては書き直す。
ことにしている。
坂口安吾は名文のコツとして、読み返さないこと、と言っているけれども。


最近おぼえたイケナイ書き方は、時間のないとき、お酒を飲んで勢いで書く。
意外とシナリオなんかも、ちょっと飲んで書くとはかどる。
ことが判明した。
スピードもあがるし。
飲酒執筆は罪じゃないよね。

ちなみに、いまはシラフです。

03:38

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です:
原稿です

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム