Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/17/2006

BERGMAN?

ドイツ映画祭でヘルツォークの未公開新作『ワイルド・ブルー・ヨンダー』を観る。

懐かしい、かつてのヘルツォークのスタイル。
ぼくの大好きな『蜃気楼』のような。

語り手としてブラッド・ダリフが登場する。
ヘルツォークの映画はいつもレクイエム的だけど、これはことさらそんなイメージが強い。

こういう作品は(『蜃気楼』がそうであるように)DVDにもならず、静かに観られてゆくのだろう。

でも、なぜヘルツォークは原点に回帰した?


その会場で、信じられないものを手にする。

ベルイマン監督の新作のちらしだ。


えっ、ベルイマンは引退したのでは?

20年前に「映画を味わい尽くした」と言い残して、映画監督を辞めたはずだった。

しかも、
なんと『ある結婚の風景』の続編だ。

なんと、リブ・ウルマンも出ている。

たぶん、それだけでぼくは観ると泣いてしまう。
なんというか、自分の若い頃を想い出すから。

本当に観たい!

どんなにベルイマンに影響を受けてきたことか。
どんな敬意をこめて、その映画を観てきたことか。
なんとか日本で発売された『狼の時刻』のDVDを、どんな心持ちで手に入れたことか。

でも複雑な気分。

なぜ、ベルイマンはまた映画に戻ったのだろう。

正真正銘の映画の“最期”の巨匠。
20年前、『ファニーとアレクサンデル』で、あれほど光と愛に満ちた至福のエンディングを見せてくれた後で。

自身が「遺作」と公言する、これは自作に対するレクイエム?

それはつまり、映画に対するレクイエム?


映画は滅んでしまうの?

22:26

コメント

ベルイマンってまだ生きてたんですね、もう亡くなったのかと思ってました。
第七の封印とか沈黙とか好きで何回も観ました、懐かしいなぁ。
僕も新作本当に観たい!

投稿者:
NEZUMI
Jul 19, 2006 4:08:54 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム