Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/13/2006

SILENTHILL

ひさしぶりにとんでもない映画に出会う。

『サイレントヒル』は日本のゲームの映画化だが、(原作のゲームの方は知らない)。

映画はオープニングから(もう1秒めから)アメリカン・ホラーの匂いをさせて喜ばせておいて、そのあと恐ろしい加速度で逸脱してゆく。
それが気持ち良い。
まったく先が読めずに引き込まれてゆくが、急に飛躍があったり破綻して魅せたり。

演出は細かなところが実にウマイ。
そしてウマイな、と感心した瞬間に反則ギリギリにかわす。
やるじゃないか。
反則技を使いながらも映画を保っている。

そしてセンスの良い悪趣味と、堅実なヘンタイ性。
くやしいほどよく作った映画だ。
ゲームの表現をこうまで忠実に映画に消化してしまう異能は賞賛できる。


監督のクリストフ・ガンズは同い年。
それを知ればうらやましい、いや幾分か悔しい。
どうやら昔からホラーにウルサイ人みたい。
でも『ジェヴォーダンの獣』より数段も巧くなった。


観終わったあと、不可思議な気分が抜けなかった。

ひさしぶりに本当に嬉しかったホラーだ。

ただ、この映画が好きかと尋ねられれば、キライかも。

また観たいかと問われても、微妙だ。


少なくとも今は。

10:45

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム