Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/04/2007

DALI

鏡の中の顔が丸くなってきた。
お腹もお餅のように丸くなってきた。

危険、 キケン。

年末年始は食べて呑んで食べてと繰り返しで、例年太るのである。

こわごわ体重計に乗ってみる。

や〜ん。

あれっ。

平均体重より、なんと!
1キロ
痩せてるぞ。

どうしてっ?
本人自覚は太ったはずなのに。

しかし、コレはきっとフェイント。
ここで気を許すと取り返しがつかぬほど

デブる

のは眼に見えている。

そこで今日のチャレンジは ‥‥

「1週間で4キロ痩せる。」

なんかダイエット広告のコピーみたいですが。

平均体重を現状から5キロ引き下げるのである。

壮大な計画だ。

とはいえ、まだノープランだけど。

まあ食べすぎず呑みすぎない基本から取りかかるか。


今日は「ダリ回顧展」の最終日。
だということに、実は昨晩気づく。
いただいた招待券があったので、おそるおそる出かけてみると、

うわっ。

2時間待ち。

ディズニーランドじゃあるまいし。

寒空の下(しかも日暮れに)待ちましたよ。
2時間。
館内も押すな押すなと、通勤ラッシュの様相。

ダリ、そんなに人気あったんだ〜。
3ヶ月で50万人突破らしい。

これで展示がショボければ怒るところですが、想像よりたくさん展示されていたし、珍しい作品や貴重な作品もあったので、
2時間+ラッシュ状態1時間 でも満足。


ぼくは小学生の頃からダリが好きで、美術としてはかなり潜在的にも影響されているはずなので、オリジナルを東京で見られるのは単純にウレシイ。


改めて見ると、シュールレアリストとくくるより、ダリはダリ独自のアートだなあ、と想えた。

予想外にエネルギー使ったので、少し痩せたかもしれない。

ダリ、アリがとう。

話もどるけど、昨日のブログで先祖のことに触れたけど、
手塚太郎光盛は木曽義仲の右腕ともいうべき武将で、歴史の本や歌舞伎にも出てくる。
(『実盛物語』)

ウチの家系図がニセモノでなければ、シッカリ名前があるので、彼がご先祖になります。

もとは信州の家で、しかも諏訪大社の宮司だった。
諏訪大社の系図と照らしても合っていた。

つまり手塚治虫のご先祖は神主で武将だったみたい。

話のタネに。

23:16

コメント

手塚治虫のご先祖様が神主さんだったんですね。始めてしりました(^o^)私けっこう歴史が好きなので楽しみながら読めました。もっと手塚先生の歴史が知りたくなりました。

投稿者:
蛍虫
Jan 4, 2007, 11:43:51 PM

私も光盛の子孫のはしくれです。 母親の実家が山梨の高根町というところにあるのですが、その家は代々手塚太郎光盛の子孫と言い伝えられてきました。
 
私はその家の敷地内で育ったのですが、若い頃はあまり気にもとめずにいました。 最近になって(年をとったせいか)光盛のことが気になって調べ始めました。 

眞さんのお宅のような家系図は焼失してしまって現存しないんですが、金刺系図というのがありまして、光盛以降15世の光経という人で終わっています。 一方高根町手塚家の石祠には「天正年中左京亮光経当書蟄居」とありましてこの光経が同一人物で証明できればなあと思っています。

そして光盛の前を辿っていくと眞さんのおっしゃるように、下諏訪社大祝さらにどこまでホントかわからないですが、神武天皇さらに神話の世界にとんでしまって「すんごいなあ」と勝手に感心してしまっています。 

もしもしお差支えなければ、光盛に関することなどお教えいただければ幸いです。 長々と失礼いたしました。


投稿者:
左京亮
Jan 5, 2007, 1:04:29 PM

そうか、『妖怪天国』で手塚治虫さんが神主役をされていたのは、そういうことだったのか…。

投稿者:
OSeN
Jan 5, 2007, 11:43:46 PM

「火の鳥(乱世篇)」では、木曽義仲に伝令にくる武将を光盛にしていて、その顔に治虫さんご自身の顔を描いています。

前の書き込みの訂正
当書蟄居 → 当所蟄居
下諏訪社大祝 → 諏訪下社大祝 です。

投稿者:
左京亮
Jan 6, 2007, 11:39:48 AM

へー。そんなすごい方がご先祖様なんですかー……。知らなかったです……。
しかも家系図まで残ってるって……。
本当にすごいです。
手塚先生に関する知識が増えてちょっとうれしいです。

投稿者:
サファイア
Jan 6, 2007, 1:38:35 PM

手塚家について調べていて、
こちらのブログにまいりました。
父の家系が手塚太郎光盛の子孫と伝えられていて、
父の祖母は江戸時代のお姫様だったとか。
父や父の兄弟にさまざまなことが起こるので、
気になって調べていました。
そちらが本家様・・・でしょうか?

投稿者:
綾香
Feb 14, 2008, 10:16:52 AM

うわっびっくり
昨日家紋が同じ方から木曾義仲について聞き、
調べていたら、祖先が同じでした・・・
知らなかった・・・

投稿者:
ユニコ
Oct 20, 2009, 2:55:46 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム