Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/28/2007

NATTO

それにしてもこの国はオモシロイ。

納豆を食べてそれでやせるかどうかと、そんなことが社会的な関心を呼んで問題になっている。

小学校の教室のようだ。

もし海外のどこかの国で、テレビ番組でインチキなダイエット紹介があったことが国家的な波紋を呼んでいる、と聞いたら呆れるかもしれない。

ダイエットのハナシだよ。


捏造の何が問題なのか?

間違いなく世界的に影響力のある「聖書」の記載に捏造があったら問題なのか。
アダムとイブの話は捏造か。
サンタクロースは捏造だと怒る子供は正しいのか。


ぼくは、この騒ぎの底辺にあるのは「科学という名の迷信」だと想う。

科学的に検証されたものは、真実でなければいけないという思いこみ。

テレビやネットから発信される情報は、少なからず正しいという偏見。

仮にとなりのオヂサンが「納豆かきまぜて食うとやせるらしいよ」と言って、それがウソでもそれだけのことですよ。

信じて納豆食べて、ああ損した。
それで終わり。
騒ぐほどのハナシじゃない。

逆に、言われた通りに納豆食べたらやせましたというヒトがいてもいい。
個人差だったり自己暗示かもしれないけど、科学的根拠が薄いことがあってもいいと想う。


科学だのテレビだの報道だのというものは、生きる上で参考程度に役立つかもしれないけど、盲信するほどの真実じゃあないと、日ごろから想ってる。

そういう意味では占いや迷信と変わりない。

「科学」と名がつくと、たちまちすべてが正しくすべてが許されてしまうとしたら、それはコワイかも。


少なくとも、ファーストフードを食べ続けるより、納豆の方がダイエット効果ありそうだけど。

01:50

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム