Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/04/2007

SUWA

先祖だと想っている手塚太郎光盛の居城、霞ヶ城跡に佇む。

ここは諏訪神社の秋宮の敷地内にあります。

以前に先祖は神主の家系、とザックリしたことを書きましたが、正確には諏訪神社下社の宮司をしていた金刺盛澄の弟に当たります。

それで神社の境内に城があった。

いまは温泉ホテルになってしまってるけど、ここは眺めが素晴らしい。

諏訪湖と市街が一望できる。
さすが城跡。

800年前の先祖と同じ目線で眺める景色はなんとも美しい。

00:00

コメント

私も去年霞ヶ城跡に行きました。
盛澄の像をしげしげと眺め、光盛もこの地にいたのかと、なんとも言えぬ感慨に耽りました。

ただ、諏訪には光盛に関する史跡は少なく霞ヶ城を除けば、少し山を上ったところにある唐糸万寿の供養塔があるくらいです。

上田市の「手塚」という地区には光盛に関する史跡が多く見られます。 手塚太郎五輪の塔,手塚大城,唐糸観音堂,光盛寺跡,光盛の守本尊といわれる元木の地蔵など。。。

光盛のホームグランドは上田の手塚であって、
諏訪神党の結束とかの理由で諏訪にも居城をもったのなあと推測してます。
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kanazasi.html

系図を見ても盛澄の実弟とは考えにくいんですよね。 武力強化を図る上で義兄弟とかの契りを結んだのかなあと。

あ、そうそう、最近の上田の史家の方の研究では、流鏑馬の走路と思われる道も見出されており手塚氏のものと考えられているようですよ。

投稿者:
左京亮
Feb 6, 2007 3:23:26 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム