Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/05/2007

SIMO−SUWA

中央道の諏訪湖サービスエリアには、なんと温泉がある。

ちょいバカにしてたけど、眼下に壮麗な諏訪湖を眺めての湯は気持ちいいかもしれない。

しかし入口まで行って決心がつかなかったのは、こんなところで寛いでしまっては運転して帰るのがイヤになっちゃうかも、と想ったから・・・。


立春の日を下諏訪で過ごしました。

アルプスに囲まれた小さな宿場町だけど、昔ながらの気風が静かに満ちていて、日本らしい佇まいが残る。

こういう町は好き。
町の人たちとも、すぐ顔見知りになれそうな。

泊まったのは諏訪の杜の隣、甲州街道と中山道が出会った追分にある、いにしえの本陣がいまは温泉旅館になっていて、良心的な価格で心尽くしのサービスが受けられる。
湯も柔らかく上質。

かつては将軍家、皇室も御用達の館で、当時の部屋もそのまま残っている。
明治以降は島崎藤村、芥川龍之介ら文豪がよく滞在していた様子。

ここ、なかなか気に入りました。

今日は風も冷たく寒かったけど、諏訪湖の向こうにきれいな富士ものぞいて絶景。

先祖を探し訪ねる旅で、素敵な巡り合わせがあると、なんだか導かれているような気分で心が安らかに弾む。


これからの趣味にいいんじゃないかな。

自分探しじゃなくって、先祖探しの旅。


流行るかな〜。


その前にハイウェイ温泉入れよ って?

こ、こんどね。

01:30

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム