Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/27/2007

KOWLOON

香港は九龍に泊まる。

しかし忙しいとは前置きしたものの、本当に慌ただしかった。

来年の手塚治虫生誕80年を記念して、香港ではひと足はやく、地下鉄とショッピングセンターで大々的に展開したキャンペーン。

宝塚の手塚治虫記念館を模したミニ展示室も設けられて、なかなかの規模です。
4月いっぱいやってます。

その開会式のセレモニーに出席するための来港だったんですが、もう畳み掛けるような取材責め。
グループ取材2回とテレビの取材も含めて、次から次へと香港のほとんどのメディアが来たといっても過言じゃない感じ。

当然翌日の新聞各誌は派手に記事で埋まってました。

それだけ手塚治虫の人気が絶大だという証ですが、
加えてゲストに駆けつけてくれた俳優の鄭伊健(イーキン・チェン)さんが話題のヒトでもあったため。

彼は自分で監督をして『ブラック・ジャック』の映画をやるのが夢なのだって。

ちなみにアニメの『BJ』も香港ではまだ放送中。


ところで2泊のこの出張がどんなに忙しかったかといえば、香港滞在中に使ったお金の総額がなんと、20元。
日本円にして300円。


はあ?

さ、300円ですよ。

3万円でも3千円でもなく。

つまり、食事は飛行機の中で済ませ、空港には迎えの車が来ていて、ホテルへ着くとすぐに打ち合わせで深夜まで。
翌朝、迎えが来て会場に行き、開会式を挟んで夜まで目一杯取材。
昼食と飲み物は主催者持ちで、夜はそのまま打ち上げ。
疲れたのでホテルに戻ると爆睡し、翌朝も取材があって、そのまま空港へ向かい、また機内食を食べて帰ってきたという。

観光も散歩もな〜んにもなし。

空港〜ホテル〜会場だけ。
(T_T)
仕事だから、しょうがないか。


300円は何かといえば、ホテルで使ったチップでした。

02:40

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム