Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/03/2007

PEARL

パール兄弟のライブが渋谷であるので行く。

一時期はメンバーが次々抜けてしまって、サエキけんぞうさんひとりのユニットと化してたけど、またオリジナル・メンバーの3人(サエキけんぞう、窪田晴男、バカボン鈴木)が戻ってライブ始めました。

ぼくはデビュー前からビジュアル担当でPVをよく作ったけれど、レコード会社移籍からは単なる客として楽しんでます。

そのせいか、やっぱりムカシの曲が演奏されると盛り上がるし、ウレシイ。

この日は最近のアルバムの曲が多かったけど、『焼そば老人』とか『快楽の季節』とかはやっぱりいい曲だし協力だし、懐かしい。
そしてアンコールの『バカ野郎は愛の言葉』で、みんなでサエキさんに「バカヤローッ」て叫ぶと、図らずもジーンと来るものがありましたね。

ぼくも歳重ねてもろくなったのかな。

パール兄弟で感動するなんて。

ひさびさのライブ、ちょい長かったけどね。


ああ、
繰り返しですがサエキさんと窪田晴男さんは今月16日の「やの雪・テルミンコンサート」にもゲストで出ますのでヨロシクね。

17:22

コメント

ご多忙中、恐れ入ります。
ヨーコ分解のPVに登場するダンサー?の素敵な女性は誰なのか、教えてください。お願い申し上げます。
http://www.youtube.com/watch?v=BpOz5Na8iR4

投稿者:
村谷尚
Aug 25, 2012 9:32:23 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム