Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/28/2007

AIRPORT

太った。

そんなバカな。

たしか香港に行く前は痩せていて、しかも、お腹を壊してでかけたはず。

それがなぜ、たった3日で太るのか。

帰宅するや、「丸くなったわね」と笑われてしまつた。

たしかに、丸い。
しかも、ガッシリと。

成田の税関で係員に呼び止められ、「荷物ですか?」と聞き返したら、
「いや、お腹を触らせてください」
だと。


ええ〜っ!

そんなに不自然に太ってみえるのか。

めちゃくちゃ、ショックなんですけど。

(T_T)


ところで、香港空港で驚くことがあったんです。

飛行機を待つ間、時間潰しに港内をブラブラしていたら、「手塚さん・・・」と呼ばれて見ると、
なんと『ブラックキス』の共同プロデューサーのA氏。

思わずふたりとも「なんでここに?」と目を疑いましたよ。

なにしろ、翌日に東京で会う予定になっていたのですよ。

A氏は小さな映画祭の審査員の仕事で来ていたとのこと。

しかも『ヤクザ23区』のプロデューサーも来ていたそうな。

みんな、なぜ香港にいるのか?
しかも、なぜバッタリ会ったりするのか。

この広い世界で。


結局、A氏とは搭乗機も同じと判明。
一緒に東京に戻りました。


香港には、ジャッキー・チェンの会社に古い知人のAさん(同名)がいるんです。

彼は日本人では数人しかいない、アメリカのアカデミー賞の会員。

しかも決して名前がマスコミに出ない。

連絡したのだけど、彼には会えなかった。


香港では、もうひとりとんでもないヒトと出会ったのですが、それはまた別の機会に話しますね。

00:33

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム