Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/15/2007

GOLDIE

もちろんウチにはネオンテトラがたくさんいます。
大きな水槽の中でそれなりに寛いで泳いでいるわけですが、ほかにも何種類かのテトラの仲間がいまして、
意外にかわいいのがラミーノーズ・テトラ。
(通称レッドノーズ)

その名の通り、顔が赤い。

しかも彼らは賢い。

無論、魚だって魚なりの賢さは皆あるわけですが、よく見ていると賢さのタイプがあって、ラミーノーズは体型もくずれず、いつも身ぎれいにしている。

人間でいえば上品な魚です。

実はそのうちの一匹が、頭が金色に輝き出した。
よく見れば頭だけではなく、身体中から金の光を発散している。

これは神童ならぬ神魚かもしれない。

そして彼は極めて賢い。

少なくとも、こちらのことがわかっていて、何か会話しに近づいてくる。

ほかの仲間とは一線を画しているんです。


魚なんて、みな同じだと想うでしょ。
表情なんかなさそうでしょ。

個性ってあるんです。
顔つきや感情もありますよ。

現実に、気分で色が変化します。

気分がさえなかったり、眠かったり不安があったりすると、色がくすんで顔つきも好くないから、すぐわかります。

目付きで賢さもわかります。

人間と同じです。
ぼんやり淀んで冴えない目付きの魚は、やはりどこかどんくさい。
賢い奴は目でわかりますよ。


きっと魚の方でも、人間のことそんな風に見てるんでしょうね。

水槽の中の小さな世界でも、人間が知らないことでいっぱい。

そう考えると、
ちょっとホッとします。

02:54

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム