Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/03/2007

0093

久しぶりに映画出演依頼がくる。

やった〜!
これも「ヤクザ23区」効果か。

と喜んでいたらば、脚本は届かず、1ページだけのコピーがペラッと送られてくる。

タイトル『0093女王陛下の草刈正雄』。

・・・・。

これって、なんか、やな予感。

役柄を尋ねると、
「ご本人で」
と。

な〜んだ、出演といっても、役じゃなくて顔見せかい。


朝、7時45分に埼玉の新座まで呼ばれる。
某大学構内を使った撮影。

草刈正雄さんと仕事したことのある監督(本人)が集まっている。
なぜか水野晴郎さんも(やはり本人役で)いらっしゃる。

ギャグスパイ映画らしい。

現場に着くと、説明もないまま会場に通されて座らされる。

やはり呼ばれてきた小中和哉さん(『ウルトラマン』や『アストロボーイ・鉄腕アトム』の監督)がいたので、隣に座って話していると、やはり説明もないまま(着替えもメイクもなく)座り位置を指定され、なんだか本番らしい。

2、3テイク撮るとすぐ終了で、名前書いて、交通費もらって帰る。

なんか、エキストラみたい。

みたいじゃなくて、エキストラか。


監督の篠崎誠さんは『刑事(デカ)まつり』の仕掛け人。
プロデューサーの丹羽多聞アンドリウさんは『スパイ道』や『携帯刑事』の生みの親で、ふたりともお世話になっていますが、
実は篠崎さんは小中さんの大学の後輩であり、丹羽さんはやはり小中さんの高校の後輩であった。

その小中さんは、高校でぼくの1年後輩だ。

つまりぼくはみんなの先輩なのである。

先輩だけども、エキストラなのですね。

いい後輩を持ったなあ。

01:37

コメント

ぅゎっ、そーとー楽しみ!
これはスパイ道の一編なんでしょうか。

最後のほうのくだり、
少し前にマイブログで書かせていただいたネタだったので、なんかびっくり。
これがシンクロニシティっていうやつなのかしらん(笑)

投稿者:
OSeN
Mar 4, 2007 3:02:25 AM

私は今日「0093 女王陛下の草刈正雄」のヤフーニュースを読みました。そして、”93”は私の誕生日の数字なのです。何でタイトルにこの数字が付いているのでしょうね?そこが知りたくて検索しました。その第一歩がこちらのブログでした。さらに、ココは手塚眞さんのブログなんですね。私は偶々NHKサイエンスZERO「未来を切りひらくスーパーコンピュータ」の回を見ていて、自分が発明した技術が次の時代を切り拓く鍵に成ると確信しました(そんな縁があるような)。私は映画が公開されたら劇場に見に行きます。また、ドラマと映画のDVDが発売されたら是非買いたいと思います。最後に手塚眞さんの映画出演に期待します。

投稿者:
swing
Mar 12, 2007 2:58:26 PM

私は手塚さんに教えて頂きたい事があるのですが、質問宜しいでしょうか。

私達は、鉄腕アトムがアメリカで放映されるにあたり、アストロボーイ(Astroboy)と名づけられたと言うことを知識として知っているのですが、私が先ほど辞書を引いたらAstroboyなる単語がありませんでした。

手塚さんは、この造語ができた経緯などをご存知なんでしょうか?

さらに、上記「女王陛下の草刈正雄」のタイトルに「0093」の数字が使われている経緯もできれば知りたいのですが。

私は、今日「0093」の数字の訳を知りたくて検索していましたが、結局分りませんでした。こうなれば出演者又は制作に関わった方に直接お伺いするしかないようです。

あと、私自身はブログを持っていないのですが、私はヤフーブログの「山茶ののほほんシネマ日和」さんの所に何時も出ている”swing”又は”ジャパンダ(ジャイアント・パンダの略)”と申します。

投稿者:
swing
Mar 12, 2007 10:07:22 PM

ドラマの「0093女王陛下の草刈正雄」を観まして、検索したら、こちらに当たりました。
すっごく面白くて、友達にも宣伝しまくりです。
手塚さんは映画の方にご出演されているのですね?有名な方々がエキストラなんて、なんて贅沢なキャスティングなんでしょう。

公開は夏頃ですか?
ぜひぜひ観にいきたいです~!

有名な監督さんたちが、手塚さんの後輩とは。
やはり、才能のある方のそばには才能のある方が集まるんですねぇ。

今後のご活躍にも期待しております。

投稿者:
如月
Apr 1, 2007 7:54:18 PM

今日は、鉄腕アトムの誕生日なんですね。また記念の投稿に来ました。前回ココへの投稿後のテレビ放送直後にヤフーブログTOPページで女王陛下の赤坂支局長M(テレビ版)こと『森田さんのお天気のブログ』に出会いました。そして、4月4日4時40分頃『4月の雪(ヨン様の映画、また、日時にヨンが続きます)』が東京に舞い降りた直後にもヤフーニュースのリンクで同じ『森田さんブログ』に出会いました。私は共に記念の投稿を残してきました。また、最近、迷惑メールが頻発していると思ったらココにメルアを残していた事を思い出しました(フィルターがかかっていますから実害はありません)。テレビ版が面白かったです、映画「0093」の公開を楽しみにしています。ちなみに「0093」に関連して9月3日誕生の有名なロボットにドラえもんがいます。

投稿者:
swing
Apr 7, 2007 12:33:12 PM

初めまして。
今朝のフジテレビの新聞ヘッドラインで映画「0093」のニュースを見ました。草刈正雄さんの娘さんが出演されてるそうですね。参加されたときの撮影秘話面白かったです。そんな打ち合わせも短く撮影ってあるんですね。友情出演、特別出演になるのでしょうか。

プロデューサーの丹羽多聞アンドリウさんは「ケータイ刑事」などで良く存じてます。真面目で面白い方です。

投稿者:
tom-hills
Jun 26, 2007 7:01:32 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム