Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/18/2007

HAPPENING

東京文化会館で開かれた、やの雪さんのテルミン・コンサート。

サエキけんぞうさん、窪田晴男さんの“パール兄弟”ふたりに、赤城忠治さん(ex.フィルムス)も出演するなど80s好きには堪らないゲストに加え、本邦初のテルミン六重奏など、
見どころ、聴きどころいっぱいでした。

「手を触れずに演奏をする」テルミンは、見た目もフシギですが、
その音色は生で聴くと胸を打ち、清らかな涙が出るのです。


しかも。

来られた方には説明の必要もありませんが、とんでもないハプニングが!


なんと、

演奏中に主役のやのさんが、舞台中央で失神して倒れてしまいました・・・

(◎o◎)


病気じゃありません。
それだけテルミンは厳格に‘気’を遣う楽器なんです。
テルミンに‘気’を取られたんでしょう。

ぼくは本人をよく知っているのでさほど驚きませんでしたが、
舞台と観客の皆さんをどうフォローしたものかと、ちょい真っ青。

そこへ駆け寄る赤城忠治と岡野玲子の姿が感動を誘いましたが、
さらにサエキさんの見事なフォローMCで観客は胸をなでおろし、救われたのでした。

サエキさん、男を上げたと大評判。

そして数分後、立ち直ったやのさんは、不屈の精神力で最後まで演奏を続けましたが、
喝采を浴びたのはいうまでもありません。

こんなライブ感あふれるライブは滅多に見られるものじゃありません。

事故といえばそれまでですが、
不思議と「いいモノを見た」という幸せな気分になった一夜でした。

02:09

コメント

次回は竹内正美さん、井伊英理さんのテルミンライブを見たいです。ぜひ企画してください。よろしくお願いいたします。

投稿者:
nushi
Mar 22, 2007 1:05:25 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム