Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/25/2007

LAKME

昼間は『漫画探偵539』の打ち合わせをし、夜から朝まで8ミリ『2006』の仕上げをするというハードな日々が続いて、
睡眠時間なくついに倒れるか!
というところで8ミリはやっと完成。

間にあった・・・。

なにしろ30日に上映です。
イメージフォーラム・フェステイバルにて。

ところが同じ日が『539』のクランク・イン。

重なるときは、ホントに重なるものです。
自分の新作の上映にも立ち会えない。

しょうがないか。

ひとりで2人分+αくらい生きてるのだし。

こんな状況になるとは知らず、オペラのチケットが買ってあったので、隙間をみて行きました。


ドリーブの『ラクメ』。
日本では80余年ぶりの上演だそうで、珍しい作品です。

しかし、まさか日本でこれが観られるとは想わなかった。
あまり知られたオペラじゃないし。

80年代に『ハンガー』というデビッド・ボウイー主演の風変わりなバンパイア・ムービーがあって、その中で甘美な歌が使われていた。
それがとても気に入って、以来、ずっと観てみたかった幻のオペラです。

今回はスロヴェニア国立マリボール歌劇場の初来日公演。
期待のソプラノは人気上昇中のデジレ・ランカトーレ。

初めて生で観るのが美形のかわいいラクメでよかった。

難アリア『鐘の歌』も端正に歌って絶賛を浴びてましたが、
ぼくは最初に聴いた第1幕の、バラとジャスミンの歌、メゾ・ソプラノとの2重奏がなんといっても良かった。

これが生で聴けただけでも、かなり癒されましたよ。

01:14

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム