Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/30/2007

STUDIO

朝5時に起きて川崎のスタジオに向かう。
連休中なので道は空いていて、予定より1時間もはやく到着。

今日の予定表には「祝クランク・イン」と書かれています。

映画界で撮影初日というのはめでたいのですね。
出演者や関係者の事務所からも、ちょっとしたご祝儀が届けられる。
制作現場にはそれについていたノシ紙が貼り出されて並びます。

建築の棟上げ式みたいな感じ。


なぜ撮影がすべて終わった日ではなく、始まる日がお祝いなのか。

こういう風習はおそらく歌舞伎あたりの舞台の伝統を受け継いでいるのじゃないかな。

船出みたいな気分です。

だったらシャンパンでも抜いて、
と想うのですが、そこまでオシャレではない。


ショートムービーで予算も多くはないので、スケジュールはタイトです。

それでも6日間たっぷりある。

今日は5シーンもあったのですが、20時には何事もなく終了。
食事して解散。

意外と早撮りなんですよ。わたし。

明日は5人のスターが一斉に揃います。

楽しみ。

23:53

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム