Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/05/2007

STUDIO 3

毎日、撮影ログ書こうと思ってたのですが、タイトなスケジュールでそれどころじゃなく、あきらめました。

例によって現場では様々な出来事が起きているわけですが、
今回はさしてトラブルもなく、楽しく監督やらせてもらってます。

それもこれも『探偵事務所5』の撮影チームがすでにできていて、ぼくは演出だけに専念していられたからですね。

だっていつもショートムービーは、プロデューサーと監督と撮影を兼ねるわけだから。


撮影監督の異才・長田勇市さんとも初めて仕事できたし、なんでも作ってしまう嵩村さんの美術もあきれるほど面白かった。
なにかお願いすると、その倍のものを用意してくれるんです。


主演の山下真司さんは元漫画家で離婚歴ありの探偵という複雑な役を余裕でこなし、ユーモアと格好よさは期待以上でしたね。
あまりおかしくて思いだし笑いしちゃう場面が多数。
オチャメな大人です。

その娘役のエロミさんはすっかりTZKムービーの常連ですが、今までで一番ナチュラルな役です。
なにしろ脚本があることが驚き。
と、本人が言ってました。

エロミさんはこの撮影の後、朗読の舞台をこなし、秋葉原でDVD発売記念のイベントをやります。
アイドルDVDなんですって。
実は彼女はなんちゃってアイドルなんです。

もうひとりの、正真正銘グラビア・クイーン、ヤブキさんとの2ショットは他では見られない光景でした。

ヤブキさんは数年前から仕事したくてオファーを続け、やっと実現したってワケです。
ウレシイです。
極めて美人なのですが、顔かわります。
魔法みたいに。
そこが気になります。

ヤブキさんもかなわない(役の)佐野史郎さんとぼくは、20年ほど前に映画で共演したのが初めての出会いでしたっけ。
しかも主演は郷ひろみさんだった・・・ 。
(その映画はなにか。 答えはそのうちに)

かつての共演といえば、水島かおりさんとぼくとのカンケイは彼女のブログを読んでください。

もうひとりのカオリンは今回もセクシー路線。
やっぱり似合いますな。

それから、ハードなアクションがさすがに決まるプロレスラーの大向美智子さんは、実は『ブラックキス』の面接で会っていて、今回やっと出演となりました。
山下さんとの対決は、かなりヤバイかも。
フツウの女優にはここまでできない。
って場面。

アイドルからプロレスラーまで。
やっぱりTZK映画ですね。

そして夢あり笑いあり涙あり、セクシーありアクションありと、相変わらず詰まってます。


明日はやっと撮休。

寝るぞ〜。

02:46

コメント

pjodbu wzfqtlh bhoxwkpmv plnijo jqxhpdgim crnbztovw yxqktu

投稿者:
rkcs wotldyas
Sep 29, 2007 3:49:20 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム