Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/13/2007

ARRT

昨晩も会った、恒松正敏さんの個展を見に立ち寄りました。

会場はいつものギャラリー椿GT2。

今回は新作ではなく、80年代から90年代にかけての初期作品と未発表作。

ひとりのアーティストの歴史につきあうのも興味深いものです。

80年代といえば、恒松さんは画家よりもやはりフリクションでの音楽活動の方が際だっていたから、その陰で(本人には陰じゃないかもしれません)こんな繊細な作品を描いてたんだ。
と想うと、もうひとつの時間がぼんやり見えてきます。


絵画っていいな。
人間が手で描いたものが時を超えて残るもの。

まあ映画も残りますが。
少しちがうかなあ。


そういえば『白痴』のときに恒松さんの作品を劇中で燃やしたんだっけ。

いまでも「勿体ない!」というヒトがいるそうです。
「なにも本当に燃やさなくても、CGとか載せてできたんじゃないの」

まあ、そうやってもできなかないけど。

でもCGじゃ、映画作ってる気がしないでしょ。
燃やすために作ってもらった作品だし。

ムカシ、黒澤明監督がお城を燃やしたときも「勿体ない」と言われてましたが、黒澤監督も
「だって燃やすために作ったんだよ」
と言ってましたね。

別に真似したつもりじゃありませんが。


昨晩のライブで、指を怪我しながらもハードにピアノをプレイしまくったいっちゃん。

作品を燃やされて涙にくれていた恒松さん。

痛みや切なさを知っているアーティストたち。

そんなヒトたちの歴史。


恒松さん個展は今月23日まで、やってます。
http://www.gallery-tsubaki.jp

02:34

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム