Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/30/2007

PRODUCER

映画プロデューサーと企画の打ち合わせをする。


もし皆さんが映画監督を目指すなら、アドバイスしましょう。

プロデューサーの言葉だけは信じてはいけません。


スタッフも場合によっては信用できません。
でもスタッフはいざとなれば頼りになります。

プロデューサーは「俺に任せとけば大丈夫だ」と言いますが、いざというときほど頼りにはなりません。


彼らの意見に耳を傾けるのは自滅行為です。

なぜなら、彼らの意見は日々変わるのです。
中には10分おきに変わるヒトもいます。

「それは常にあらゆる可能性を検討しているからだ」と彼らは言いますが、その可能性を可能にしなきゃならないのは彼らではなく監督です。

そしてまとまりかけた話がネジくれて、取り返しもつかぬほどイビツになると、決まってプロデューサーは
「作品は監督のものだから、後は任せた」
と言い捨てて帰ります。


きっと、どこの国でもプロデューサーは同じ調子でしょうね。


しかし、映画はプロデューサーとの話し合いなしには始まらない。
いったいどうすれば良いのか。


それは、面倒な儀式だと思ってやり過ごすことです。

「わかりました! すべてあなたの言うことが正しいのでその通りにします」と素直に答えましょう。

おそらくプロデューサーは不安にかられ、
「いや、一意見を言ったまでだから、好きにするがいいさ」
と言うかもしれません。


それにしても、なぜプロデューサーは監督のことを子供扱いするのでしょう?

きっと、そうする以外に自分たちのアイデンティティーが保てないからでしょうね。

02:35

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム