Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/07/2007

BUNKASHOW

「手塚治虫文化賞」の受賞式に行きました。

今年で11回め。

マンガ大賞に山岸涼子さんの『舞姫 テレプシコーラ』。
(すいません、名前の正しい漢字が携帯で出ません)

新生賞は岩田和博さんとのぞゑのぶひささんの『神聖喜劇』。

そして短編賞は森下裕美さんの『大阪ハムレット』。

どれも挑戦的であり、読んでおもしろく、そして日本人の心や感じ方、見方、感性をきっちり描いています。

日本のマンガとアニメは一緒に語られることが多いのですが、やや無国籍(というより秋葉原籍?)なアニメより、マンガの方が日本人をきちんと表現しえているのは、言うまでもありません。

海外で日本のアニメは真似できても、日本のマンガはなかなか真似できないでしょうね。

少なくとも今回の受賞3作品は。

現代の日本マンガを十分代表できる資質を備えた作品です。

ぜひご一読を。


ちなみに
ぼくは毎年ここでは祝辞と乾杯をする役目になってしまっています。

それにしても色んな立場がありすぎて、かえって客観的になれます。

手塚治虫の遺族であり子息として。
手塚プロダクションの取締役として。
来賓を代表して。
マンガやアニメにも関わるヴィジュアリストとして。
加えて過去の受賞者として。


マンガ界のお歴々を前にマンガの話をするのはとても恐縮いたしますが。

20:04

コメント

手塚眞さん、はじめてコメントを書きます。私は現在、秋葉原へのまちづくり会社設立に向け、観光促進。産業創出分科会のマネージャーをしてます。ここでの議論の一つに、近くの中学校跡地に日本のマンガ・ジャ二メーションの博物館・図書館と、東アジアの若い漫画家を育てるためのSOHO、貸スタジオからなるインキュベーション施設をコンバージョンとして整備できないか、があります。私自身、アキバの背後地(路地裏)にコンテンツ産業クラスターを形成するのが夢で、この施設はその拠点になるものです。今年、民間で勉強会を立ち上げ、手塚さんらをお呼びし拠点形成を中心にディスカッションをしたいと考えますがご協力頂けないものでしょうか。

投稿者:
佐藤賢一/なりわい文化都市研究室
Jun 9, 2007 9:23:21 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム