Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/30/2007

HUTTE

霧ヶ峰の山小屋「コロボックル・ヒュッテ」で手塚宗求さんに出会いました。

手塚さんは松本の出身で、この山小屋にもう50年も暮らしている。

標高1800メートル。

かなり観光地化されたとはいえ、まだ十分に自然を残す美しい山地に、手塚さんの小屋はひっそりと建っています。

そこを訪れたのは、ほんの偶然でした。

長い山小屋生活を、手塚さんは自然と共に生き、詩や随筆を書いて、何冊も本を出されています。

その本を読んで彼の生き方に憧れて、同じように山を目指したヒトも多かったみたい。

ぼくはただの観光客だから、会話もなく立ち去りましたが。


なにもなく、欲もなく、純粋に生きることは、それはそれで素敵な人生かもしれない。


ところ変わって、次には東京のド真ん中。

友人たちがイベントに出るというので、滅多に足を向けない六本木のバーに行きました。

インド系のイベントだったのですが、現代的でかなりヒップ。
客の半分が外国人。

とはいえ。
その俗っぽさと喧噪を、静かな山と比較するつもりはありません。

いろいろな生きる場所があり、いろいろな人の時間がある。

そこを横断できるのも、ひとつの生きる喜びです。

もっとも、
六本木より霧ヶ峰の方が美しいし、ずっと好きですが。

01:48

コメント

宗求さんの生き方はひとつの理想ですね。
地位や名誉や経済や現代の社会のしがらみ
を超えて、生きてみたいと思っちゃいます。

投稿者:
左京亮
Jul 5, 2007 12:27:21 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム