Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/31/2007

INGMAR

最近、ベルイマンの映画をDVDで観直していました。

若い頃に熱中した、

というより一番影響を受けて、一番尊敬していた映画監督。

いま観てもどの作品も色あせない。

『仮面・ペルソナ』の静かな衝撃、『狼の時刻』の神秘、映画の教科書のような『鏡の中にある如く』、『沈黙』の冷徹な完璧さ・・・

『叫びとささやき』の美しさと怖さに改めて震えて、エンディングでは図らずも泣いてしまった。

とてつもなく冷たいやさしさ。

こんな映画は撮れない。

観れば観るほどそう想えてくる。

そのベルイマンが亡くなった。

89歳だった。

映画の歴史が、また去って行ってしまった。

そう、ベルイマンこそ映画の歴史だった。

彼の映画から学ばなかった作家はいない。

あのスピルバーグでさえ。


深く豊かな『ファニーとアレクサンデル』の長い引退のあと、急に作られた新作『サラバンド』の見事な出来映え。

フィルムをまったく使わず上映されていたのにも驚いたのですが、
本当の遺作だったのですね。

そしてそれに出演していたリブ・ウルマン。

切ない。

「映画の面白さを味わいつくした」
と彼は語った。

ぼくらはまだ、彼の映画を味わいつくしていない。

14:02

コメント

こんにちは。
昔から有名な映画監督が亡くなられたのですね。
とてつもなく冷たいやさしさ。
いったいどんな感覚をもつ感情なのか、私のようなものには分からないことですが、そういった言葉を理解したいなっていう欲望はあります。
ただ泣ける映画、面白い映画というのもいいですが、もっと深いものを表現している映画を分かることができる観客でもありたいなと思いました。

投稿者:
そそ
Aug 2, 2007 6:25:01 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム