Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/20/2007

TAARAB

ザンジバルのターラブを聴きに行きました。

いつもながら、
何でしょうか、それは。


ザンジバルは東アフリカのタンザニア沖、インド洋に浮かぶ小さな島国です。

歴史の中で、様々な民族の文化が入り乱れた国。

アフリカ、イスラム、ヒンドゥー・・・。

ここで19世紀から流行っている大衆音楽が「ターラブ」。

現地を代表する人気バンドが今回来日した「カルチャー・ミュージカル・クラブ」です。
(ボーイ・ジョージではない)


これ、いきなり聴くと、どこの国の音楽か、さっぱりわかりません。

アラブ音楽がベースで、イスラム的な味付けですが、メロディはインド音楽でもあり、ときにインドネシアやマレーシアのポップスのニュアンスもあり、リズムはしっかりアフリカで、歌はスワヒリ語なんです。

楽器編成もアラビアの楽器やアフリカン・パーカッションに混ざって、ヴァイオリンやウッドベース、バンドネオンがあったりと、西欧的な香りすらある。


いや〜。
参りました。

ぼくもいろいろな音楽聴いてますが、この味は初めて。
(来日は2度めなんですってね)

もちろん曲はノリノリのダンス・ミュージックですよ。

そして、ゲストとしてステージに現れたのは、推定95歳ともいわれる「生きる伝説」の歌姫、ビ・キドゥデ。

ターラブの女王です。

太鼓を叩いて熱唱する姿に、素直に感動。
DNA内のアフリカの血が騒ぐ。

アラビックに始まったライブでしたが、ラストはしっかりアフリカで締めました。


ここのところインド、イスラム関係のライブが続いてましたが、ついにアフリカが来ましたか。

人類史をエンターテイメントにどんどん遡ってます。

ターラブで腰を振って乱れるコーラスダンサーに見とれていると、
そうか、ベリーダンスのルーツはアフリカか。
なんて思えてきます。

あれは上半身がインド、下半身がアフリカ、ハートがイスラムかしら。


あ、
そういえば。

青山のクラブでポールダンスのショー、初めて間近で見ました。

なかなか美しかった。

コレ、流行ってるんですってね。
ポールダンス。


実はポールダンサーの友達、何人かいるんです。

みんな、ちょっとエロいところがポイント。

チョイエロ・エキゾダンスが女子に人気なんです。

02:43

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム