Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/25/2007

WARS

温暖化の影響もあってか、この夏は虫が多い気がします。

このところ、家の中に虫が多量に侵入、もしくは発生し、ずっと攻防戦が続いてます。

虫は嫌いじゃないのですが、さすがに家中を荒し回られるとタイヘン困るし、「出て行け」と言っても聞かないので、やむなく撃退することになりました。

まず、蟻の大軍がリビングに侵入。
これは一網打尽にして脅すと、さすがにおびえたのか、一日で退去。
少しは部をわきまえている。

次には羽蟻軍団。
彼らは水周り、特にバスルームに侵入。

この闘いは日数かかりました。
やっつけてもやっつけても、どこからかやってくる。

なんとか、最後の一匹までしとめましたが。

そして今度はタバコシバンムシ。
ゴマ粒みたいな鬱陶しい奴らです。

毎年このシーズンに必ず現れる。
今年はまだ少ないほうですが。


さて問題は、ぼくのルームメイトであるリックとチェスの寝床を荒らしている、小型の蛾。

コクゾウムシかとも思えますが、いきなり大量発生。

毎日、部屋で闘い続けてます。

ルームメイトの手前、やたらに殺虫剤をまくわけにもいかないし、ティッシュで潰すというあまり美しくない手段に出ていますが、全滅させたかと思うと、翌日もシッカリはびこっていて、もうウンザリです。

話し合いも脅しも効かない彼らには、熾烈な攻撃あるのみ。

こうして部屋の中では、片手に殺虫剤、片手にティッシュで目を光らしているという、情けない状況です。


はあ・・・ 。

13:52

コメント

初めてコメントします。miyaです。
バルサンとかないですか?蟻専用の。
ルームメイトには事情を説明して絶滅させた方がいいと思いますよ~。

投稿者:
miya
Jul 26, 2007 10:53:23 AM

はじめまして/"
羽蟻ですけどシロアリの羽蟻ってことないですか?
シロアリは白ですがその羽蟻は黒いので、
我が家に出たときは2~3年ムシしてしまいました。
見分け方は羽蟻が着地した際に抜け落ちる、
4枚の羽の大きさが全部同じならシロアリです。
シロアリだった場合は早めに手を打ったほうが良いと思います。

投稿者:
プリん
Jul 27, 2007 1:14:29 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム