Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/28/2007

WOMEN WOMEN

大阪行き新幹線が停電で、1時間の遅れ。

新大阪に到着してからあわててJRに乗り換えて、車両に飛び込んだのはいいけれど、

何かヘンだな。

この車両、いやに女性が多い。

ややや、全員女性じゃないか。

しまった!!

女性専用車両に乗ってしまった!

(>_<)

たったひと駅、時間にして4分くらいなのだけど。
その長かったこと。

でも誰にも注意されず、みんな見て見ぬフリしてました。

ま、まさか女性と思われてないよなあ。

いくらなんでも。


仕事場でも女性ばかりの中にいるので、日頃はあまり気にならないのですが、状況的にさすがに緊張しましたね。


無事にホテル着いて、エレベーターに乗ると、今度は同じ服を来て同じ髪型をした女の子の集団(7、8人)が乗り込んで来ました。

しかもチアリーダーみたいな格好で、みんなかわいい。

たぶん、イベントか何かに出演する人たちなんでしょう。

ふつうならとてもウレシイ状況なのですが、
狭いエレベーターにぎっしりだと、さすがにメチャクチャ緊張するのですが。

目のやり場に困るというか。
身体も動かせない。


もし世の中、自分以外が女性だけになったら、と妄想しましたね。

きっとものすごく怖い。


いまも喫茶店にいるのですが、お客も店員も女性だけです。

もしかしたら、無意識にそういう場所を選んでしまっているのか。

だとしたら、もっとコワイのですが。

16:37

コメント

■全国共通 女性専用車両 総合スレッド Part17■
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/rail/1185684072/

投稿者:
■全国共通 女性専用車両 総合スレッド Part17■
Jul 29, 2007 2:05:21 PM

ミュージアムトーク行きました!質問もできてすっごくうれしかったです!私が手塚真さんのことを知ったのは数年前。そのころどうしてだったのか覚えてないけど、手塚治虫さんグッズを買い始めて、他のに比べるとすごくできがいいなあ。って。特に服が。サイズはLサイズもあるし、素材もよく上品で、ぱっと目をひく!でも奇抜じゃない!工夫もこらさてていて、着心地もよかった!私の友達はブラックジャックのことを知らないのに商品がいい!といろんなもの買ってたよ!ブラックジャックに詳しい別の友達が、手塚真さんが監督してるんじゃないかって・・・手塚治虫さんのショップで働いていた人が、手塚治虫さんのキャラを商品化するにはいろんな試験に突破しないとその会社は商品化することはできないって。手塚真さんは妥協を許さないすごものなのかなあ・・・って。ブラックジャックやらのアニメも監督なさっていてストーリーも完璧だし、すごものなのかなあ・・て。土曜日不定期で手塚治虫記念館の本当に近所で気功を習っていて(あの後も遅れて走ってレッスン行きました。3分くらいで着いたけど)ミュージアムトークがある2週間前、気功の先生になぜか手塚真さんの話ばかりしていた。で、ミュージアムトークのことを知ったのでフンガフンガと興奮しちゃいました!お会いしてみると、すごくやさしいしゃべり方だったのでいやされました。すごものとかごついとかそんなんじゃなくておっとりとしたやさしいかわいらしい方だと思いました。素敵です。ブログとはまた違うかんじ・・・ブログといえば、去年、真さんちアルバイト募集があったんですよねー行きたかったなあ!ルームメートにも会えたりしたのだろうか・・・パソコンをあまり利用しないので気が向いたらまたブログ拝見させていただきます。というかまた関西の方に来てほしいです!

投稿者:
クリームコロン
Aug 5, 2007 9:32:25 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム