Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/14/2007

VODOU

今日もいろいろあって、

午前中は科学博物館でロボット博の打ち合わせ、

午後は音楽誌でビートルズ関係の取材、

夜はヴードゥーの儀式を観に行く。


なんだか、とりとめなくメチャクチャに見えるかもしれませんが、自分の中では筋が通っています。


おそらくダンスや音楽はもともと儀礼から始まっていて、神さまとのコミュニケーションのために、あるいは神さまを讃えて表現するために行われていたことでしょう。

それが歴史の中で変貌を遂げ、近代以降は自分たちのために、愛を歌う音楽家が神さまに代わってポップスターとなる。

人間が偶像(アイドル)になってしまったワケですが、その姿を前に涙し、叫ぶ少女たちはある種のトランス状態にあるので、古代の儀礼と似ていなくもない。

と、ビートルズの映画『ハード・デイズ・ナイト』を久しぶりに観ながら想いました。


人間が生命なき物質に命を降ろす、つまり命を与えるのは、神が人間に命を吹き込んだことを模しているので、ロボットの開発とは未来的な神聖儀式であるのかもしれません。


人類が生まれたアフリカで始まった儀礼が、
現代ではロックミュージックの中にその影を落とし、
未来にはさらにロボットを生み出す。

実に科学には神秘が宿るものです。


それにしてもヴードゥーの儀式は生では初めてみましたが、想っていた以上にアフリカ色が強かった。

おそらく日本では初公開じゃないかしら。

まさか祭壇ごとステージに載せるとは想っていなかったので、
いちいち興味深かった。

司祭がいろいろな精霊を降ろしてました。


ロビーで、フォトジャーナリストの佐藤文則さんに久しぶりにお会いしました。

『ブラックキス』の制作の折りには、ヴードゥーについていろいろお教えいただき、資料をお借りしました。

きっと今日は、日本のヴードゥー業界(なんだそれ)の人はみんな来ていたのでしょうね。

〈東京の夏〉音楽祭の1プログラムでした。

02:17

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム