Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/20/2007

VACANCY

日本中が猛暑に茹だっているとき、涼しい高原の風に吹かれていい気に散歩していたら、すっかり陽に焼けてしまいました。

一応日焼け止めを塗り、長袖のシャツを羽織り、帽子も被っていたのですが。

高原の陽差しを甘くみてました。

特に、丈の短いパンツだったもので、脚が焼けてしまいました。

みっともない。

いかに日頃、健康的な生活をしていないか思い知らされましたね。

日焼け対策も満足にできない。


まあ、クーラー効かした部屋にコモッてるよりは、高原のハイキングは多少マシでしょうか。


霧ヶ峰は視界360°、山並と緑と青空に雲が広がり、わあ、本当にぼんやりしてしまう。

高台の岩に腰をかけ、
何もせず風に吹かれて、
雲が流れるのを眺めている。

こんな時間が、ずっと欲しかった(かも)。

街にいると、つい余計なモノが眼について、何か具体的に考えたり、始めたりしてしまう。

携帯でメールしたり、とか。
ブログ書いたり(笑)。

1日家にいるときなんか、ずっと落ち着かないもの。

アレをしよう、コレをしなきゃと目移りしちゃうし、実際やることが山ほどあるし、溜まってるし、

ああ、いま書きながらどんどん思い出してきた。

当面やることのリスト。


待てよ。

いま頼まれた原稿に取り組んでいて、アタマ疲れたからちょっと休憩しようとしてたんだっけ。

コレ書いてちゃ休憩にならないじゃないか〜。


こんな調子ですよ。

アレコレやるのは嫌いじゃないのですが。

でも、ぼんやりするのって、やっぱり大事だし、
ぼくの場合は貴重かもしれません。


人間その気になれば、いつどこでもぼんやりできるはずです。

そうやって現代人は生きるバランスとらなきゃ。


ことによると猛暑も大切かもね。

いやでも、ぼんやりさせられてしまうから。

17:13

コメント

小生なんかずーっとぼんやりしていたいと思ってますよ。
ただのぐうたらなんですけどね。

投稿者:
左京亮
Aug 21, 2007 7:39:06 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム