Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/30/2007

3D MAP

最近、立体地図にハマっています。

立体地図、
なんてぼくが書くとなにやらデジタルな最新ソフトみたいに思うかもしれませんが、
違います。

プラスチック製で、山のところが立体に盛り上がっている、ホラ、学校に置いてありそうなアナクロな地図ですよ。


信州に行ったときに、長野県の立体地図をみつけて買ってしまったのがキッカケ。

コレ、意外と見ていて飽きないのですよ。

平面の地図と違って、地形のどこに国道や線路ができているのか、どの山が高くて何があるのか、感覚的にひと眼でワカル優れモノなんですよ。

朝晩、これを見ていると「日本」がぼんやり見えてくる。

なるほど、日本の中心部はこうなっていたのか、
て感じ。

で、図に乗って(シャレじゃないけど)発売されている県地図を全部入手してしまった。

立体だから、意外にかさばる。
高さも50センチほどある。

でも、できれば日本全土を手に入れて、日本を征服、

いや、

把握しきりたい。


ええと、商品名は「日本百名山立体地図シリーズ」で、通称「日本あちこち・ひとめぐりシリーズ」です。

本屋さんで注文すると手に入ります。


少しずつ近刊が出ているようですが、ぼくはやっぱり東京の立体地図がほしいなあ。

ちゃんと山になっている山の手とか、谷になっている渋谷とかが見たいです。

だって東京の四谷から西はほとんど山でしょう。
いまは高いビルが建っているからわからないけど。
坂が多いしね。

天からの視点で見ていれば、意外な発見がありそうじゃないですか。

知らなかった東京というか。

04:14

コメント

立体地図への想い、共感です。ちなみに「東京の立体地図」ですが、江戸東京博物館に各種あって、特に「関東大震災」のコーナーにある、高度差をデフォルメした樹脂製の立体地図は、下町在住者にとっては「見ちゃいけない・・・」というくらい刺激的ですよ。

投稿者:
やすし
Aug 30, 2007 12:48:02 PM

 ホントの立体模型じゃないけど、参考情報として……。
 「地べたで再発見!『東京』の凸凹地図」っていう本が昨年はじめごろ出てます。立体メガネで見るスタイルです。東京の地形の起伏に興味のある人向きには「とりあえずオススメ」です。

投稿者:
YanaKen
Aug 30, 2007 4:27:41 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム