Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/25/2007

BEER GARDEN

夜半ともなればさりげなく秋風そよぐこの頃、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

とはいえ昼間はまだまだ猛暑の夏。

夏といえば。

ウチの事務所は新宿にあります。
新宿といえば、デパート。

デパートの夏といえば、

屋上ビアガーデンです。
なんたって。


そんなところに行くのか? って。

数年ぶりに行きましたよ。

ちょうど“部活”フリーハンドの日。

部員(メンバー)と、「どっ」と繰り出そう。
団体予約しようかな♪

なんてワクワクしていたら、

あらら。部員のみなさん欠席多くて(夏だし暑いし)、しかも忙しそうで、
結局、参加者は5名だけ。

なので予約なしに直行!

東口のルミネエストには屋台村が並ぶような、ちょいオシャレでアトラクション的なビアガーデンがあります。

いや、そんなところは邪道だ。

と、ムカシながらの西口京王デパート屋上をめざす。

はたしてそこは、ペットショップと児童遊具に囲まれて、ズラリと並ぶパイプ椅子。
これぞデパ上ビアガーデンの王道。

渋い!


特設ステージでは知らないブラコンが派手に音をたてる。

適度にアルコールに浸った兄ちゃん姉ちゃんが最前列スタンディングで踊っている。

背景は見事な夕空に浮かぶ新都心の摩天楼。


いや、こうこなくちゃ。


これで夕立で雷雨にでもなれば言うことないのだが。
(幸い、雨は降らずビショぬれは避けられた)


実は、新宿西口ビアガーデンには苦い思い出あります。

まだ学生のころ。

自主映画仲間とあるデパートの屋上へ飲みに行くと、突然の雷雨。

しかしその屋上はテーブル毎にパラソルがあって、ぬれずに飲める。

しかも眼前には稲光りが次々に落ちる高層ビル群。
大音響!
大迫力!

いや、最高の見物で、調子にのって結構飲んじゃったんですよ。

それでその帰り、皆でバスに乗ったんですが、席につくと即、眠りこけてしまいました。

途中で、ハ、と眼を覚ますと、車内はなにやら妙なムード。

みんながぼくの方を向いているし、仲間はニヤニヤ笑っている。

な、なんだろう。

と思ったら、

実はぼくは乗り物寝相がとても悪いのです。

船を漕ぐ、なんてかわいいモノじゃない。

船が撃沈する、くらいの爆発的動きで身体を揺すってしまう(らしい。自分じゃ見たことないので)

しかも酔っている。

これは最悪の下の下であります。

友人は、
「あまり寝相が凄いから、ふざけているのかと思った」
とあきれて笑う。

ひえ〜〜〜。


あれから数十年。

今夜はバスには乗るまい。

そう心に誓い、ジョッキを傾けるのでした。

02:28

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム