Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/01/2007

MICHELANGELO

アントニオーニ監督も逝ってしまいました。

ベルイマンと同じ30日に。

どおりでその夜は寝苦しかった。
嫌な夢にうなされてました。


94歳。

高齢だったと言ってしまえばそれまでですが、
またひとり、映画の歴史を作った人を失ったと想うと、やはり侘びしいです。


フェリーニ、パゾリーニ、アントニオーニ。

ぼくが強く刺激を受けたイタリアの巨匠たちは、もうみんないません。


アントニオーニの『欲望』を観て、フォト・カメラマンに憧れた人は少なからずいるはず。

ハービー・ハンコックの即興的なプレイを効果的に使っていました。

『ある女の存在証明』は日本ではひっそりと上映されましたが、なんとジョン・フォックス(!)をはじめとする当時のUKエレポップをふんだんに使っていましたっけ。

人生の虚無を巧みに描いた作家でしたが、音楽の感性は豊かでした。

かつてのヨーロッパの映画作家には、ハリウッドとは異質の明確な個性がありました。

その個性が、そのまま映画の歴史になった。

そして、作家の教養や趣味から溢れ出たイメージが豊かに映画を彩っていました。


ただストーリーをわかりやすい画にするだけじゃなく、ただ感動させるだけの感傷的なドラマではなく、迫力あるCG映像を羅列するだけじゃない、
広がりと深さがあり、違う世界や次元に触れられる、
それが映画なんだと無意識に感じてきたのです。


そんな映画が減ってはいけないと想う。

17:36

コメント

相武紗季チャン温泉撮影でのチラ見えハプニングと新ドラマ『歌姫』での長瀬とのキスシーンを先取り公開!!見ごたえあり!!
http://aibusaki1.blogspot.com/

投稿者:
相武紗季ブログ
Aug 6, 2007 6:27:45 PM

今の映画はなにか作ってます、っていうのが強く感じられて見づらいです。
率直な意見としては、白黒の映画時代が好きでした。

投稿者:
みみ
Aug 14, 2007 10:06:47 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム