Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/07/2007

AMATUREISM

“部活”フリーハンドのショートムービーの撮影がありました。

メンバー全員がスタッフ兼キャスト、
といっても監督+撮影+プロデューサーは自分なので休みなく動いてます。


今回の主演はあんじ。

彼女の「もうひとつの顔」を見せる、『AFTER』という企画です。

ホール楽屋で打ち上げの場面があって、リアルに見せるため、本当にホール楽屋を借りて、本当に客を呼んで打ち上げ(パーティ)をしちゃいました。

友人、知人ほか関係者数十人が昼間からかけつけてくれた。

持つべきは画になる友ですね。

客に紛れてそのまま撮影。
その部分は台本もなし。
ほとんどドキュメンタリーのノリです。

そこに、役を演じるメンバーがさりげなく混ざるという。

ちょっと新鮮な演出です。

『ブラックキス』のときもクラブ・イベントをやって、まんま撮影しましたが、今回はさらに自然に。

しかし、撮影の後に打ち上げはよくありますが、撮影しながら打ち上げというのもフシギなものです。


それから、
衣装と美術コーディネイトをヴィヴィアン佐藤さんに任せました。

彼(彼女)の本業は建築(とイベント・プランナー)です。

でもスタイリスト以上の仕事をしてくれて、結果は良かった。

こういうのも小さな冒険。というか、挑戦。

ふつうにスタイリストに任せたら、美術全般はコーディネイトできないし、美術のスタッフはセンスの良い衣装を安くは集められない。

問題は美的センス。


ちいさな自主作品だから、そんな思い切りができます。


ぼくは出演者やスタッフに専門外の人をよく使います。

いい意味でのアマチュアイズムです。

「完全主義」という言葉があって、黒澤明さんに言わせると「完全主義じゃない作家なんかいるか」
ってことなんですが。

ぼくは「不完全主義」です。

ベテランの俳優、スタッフを揃えて、時間と予算をふんだんにかければ、イメージは厳密になるけれども、フットワークは当然鈍くなるし、視界も狭くなる。

あらゆる偶然のチャンスに従順でいるためには、アマチュアでも学生でも参加させて、一緒にどんどん作る。

スキはできるけど、ユニークなものになるから。

いわゆる偶然のノイズを作品に生かす、という考えです。

クラシックの演奏ではなく、コンテンポラリーの発想といいますか。

ノイズや歪みを美的と見なければ、このアマチュアイズムはやや危険ですけども。

ただヘタなだけの出来損ないに見えたりもするから。

そのあたりが観る人との距離が微妙です。

出来損ないもいいもんですけどね。

ぼくにとって、映画はすべてモダン・アートだから。

14:47

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム