Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/24/2007

YABUSAME

夜中に青山のクラブでポールダンスみてたと思えば、次には下諏訪で流鏑馬をみてます。

神出鬼没というより、日本の過去といまを行ったり来たり、という感じ。


家内はベリーダンスにハマってますが、ぼくはポールダンス。

いや、正確にはまだハマっているというほどではありませんが、時間のモンダイかもしれず。

諏訪は御柱祭で有名ですが、神柱とポールダンスは文化が違えどやがて日本では意味が接近する予感。

という心理的なつながりでこじつけられたふたつの地ですが。


流鏑馬(やぶさめ)にはすぐハマるかもしれません。

諏訪流鏑馬祭は、今年で3年目。

これは京都の公家流鏑馬と鎌倉の武家流鏑馬の始祖ということで、450年ぶりに再現されたという触れ込みの行事。

そもそも日本最古の神社のひとつ諏訪神社の祭神は軍神であり、大祝だった金刺盛澄(手塚光盛の義兄)は流鏑馬の名手であり、諏訪は古代から狩場として名を馳せていた等の話が積み重なって、神事としての流鏑馬が復活したわけで、とりあえずメデタイ。

まだ町祭りの域を脱していない向きもありますが、そんな微笑ましさも吹き飛ぶのは、やはり生で見る流鏑馬の素晴らしさ。

いや、格好いいこと、美しいこと。

馬上の日本人の、なんと勇壮なこと。

加えて諏訪湖と山々を借景にした湖岸の会場も、いにしえの日本はかくあったかと彷彿させる情緒も感じさせます。

祭は、神太鼓から始まり珍しい長持ちやら木遣りがあり(説明割愛)、剣道の演舞が様々あり、居合抜きなどが奉納され、たっぷり半日堪能できました。

ありがとうございます。

まだ全国区という名の通りはありませんが、年に1度の諏訪流鏑馬祭、ぜひ来年はいらして見てみてください。

と、つひ宣伝してしまうのは、諏訪が次第に生まれ故郷のように感じられているこの頃もあって。

03:21

コメント

流鏑馬ですか~。
近くで見ると迫力でしょうねえ。
小生も見に行かなくちゃ。

眞さん、くどいようですが、
手塚関連の史跡という点では、
上田の方が、はるかに濃いですよ。

http://yamajiro.hp.infoseek.co.jp/teduka-oosiro/index.html

投稿者:
左京亮
Sep 24, 2007 5:56:15 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム