Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/01/2007

PREVIEW

夏の終わりに、2本の作品の(自主)試写を一度にしました。

8ミリ映画『2006』とネットシネマ『漫画探偵539』。

『2006』は7月までフェスティバルで上映してましたが、編集を変えて場面を増やしたニュー・バージョン。

一度完成させた作品をすぐに変えてしまう悪い癖ですが、ムカシから(30年も!)そうなんです。

どちらもエロミさんとカオリンが出演している、という以外はまったく対象的な2作。

同じ作者とは思えない、ひとつは純粋なアートシネマで、ひとつはコミカルなドラマ。

はかなく繊細な美的イメージと、やんちゃでポップで、でもしっとりとしたドラマ。

どちらも自分らしい。

自分の二面性が如実に出てますね。

二面どころか五面くらいありそうですが。

ゴメンなさい。


その後、打ち上げ兼ねて夏の締めくくりパーティを行ったんですが、その模様はいつもながらお見せできません。

前にも書きましたが、このブログ、完全に携帯で書いてます。

が、携帯が古くて、うまく写メできないので、写真は撮らんのです。


集まった顔ブレは、
内田春菊さんご一家、飴屋法水さんご一家、ツネマツ“フリクション”マサトシさん、赤城“フィルムス”忠治さん、女優さま水島かおりさん、あんじさん(誕生日おめでとう!)、『エヴァ』大月さん(初日おめでとう!)、『ニコニコ動画』川上会長、オブジェ作家・菊地拓史さん、催眠術師アリさん、ポールダンサーNoemiさん、ヴィヴィアン佐藤さん、そしてもちろん岡野玲子ほか、
いつもながらの品よく濃いメンツですわ。

顔が五面もあると、いろんな才人と知り合うもんで。


そんな50人が、何を語るというワケでもなく、ただガヤガヤ交わっているだけなんですが、フシギと眼に見えない何かが生まれてゆく感じがして、

それがちっちゃな歴史なのか、ユニークな未来なのかワカリマセンが、

ワクワクするんです。

憂さ晴らしやストレス発散ではない、サロン風パーティの醍醐味です。

今月は、何が生まれるのかな。

02:45

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム