Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/06/2007

TG

仕事の合間にタワレコに立ち寄りました。

ひさびさにCDを物色。

スパニッシュギターのスーパーデュオ、ロドリゴ アンド ガブリエラ、アフリカの新しい歌姫アンジェリック・キジョー、ネパール語マントラを熱唱する中国の新時代のポップスター、サ・ディンディン・・・。

世界には素敵な実力派が増えています。


おや?

こ、

これは・・・ !

なんと、
スロビング・グリッスルのニューアルバムがっ!!!

見つけてしまいました。

びっくり。

まだ生きていたんだ、このヒトたちは。

そんな感じですよ。

しかもオリジナル・メンバーによる、24年ぶりのスタジオ録音。

あまりに意外な再結成。


TGといえば世界のノイズ・ミュージックをリードしてきたカリスマ・グループ。

血も体液も流れる過激なパフォーマンスも話題でした。

学生時代、彼らの音も存在も大きな刺激だったし、影響は計り知れない。

B級映画音楽屋に堕落してしまったSPKのグレアム・レヴェルと違って、さすが元祖の風格というか、老舗の意地というか。

あくまでマニアしか相手にしないその潔さがインディーズの真骨頂。
これぞ正真正銘のオルタナティブと想います。


曲は、多少聴きやすくなったと感じるのは録音が良くなったせいかな。

ジェネシスPがジョン・フォックスのようなロマンティックな歌声を聴かせる曲らしい曲もあって、なんか大人っぽい。

そうか、大人のノイズ・ミュージックか。
(そんなのアリ?)


ついでにぼくの音楽趣味遍歴を書くと、

小学生で効果音レコード(つまりノイズ)にはまり、それから映画音楽に行き、クロスオーバー(今で言うフュージョン)からジャズ、そして80年代はテクノからニューウェーブ、オルタナティブ、ノイズと正しく歩み、最後にワールドミュージックに行き着いた感じです。

だからノイズは心のふる里。


逆に、
まったく聴かなかった(いまも聴いてない)のはJポップかな。

それでみんなが知っているような歌手やバンドわからないんです。

だからカラオケ無理。

曲知らないんだもの。

01:40

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム