Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/10/2007

TALK

日が開いてしまいました。

スミマセン。

忙しかったというより、気が足りなかったというか。

ふだん何についても「しゃべれる」「書ける」という自負があるんですがね。

気の乗らないときはダメですね。

ときどきブログに何を書いてよいかわからなくなることがあります。

自由度がありすぎると、かえってそれが制約になってしまう。


それで思い出したけれど、ムカシ下北沢の劇場で、「何でもいいから1時間ひとりでしゃべってくれ」といわれて、
『広辞苑との対話』
というネタやったことあります。

舞台に広辞苑を持って出て、てきとに「ぱ」と開いたページに指を置き、そこに示されたことばについて何分かしゃべるという。

それを1時間続けた。

究極のトーク・パフォーマンス。

なに話したか忘れましたが。


そういえば明朝、ラジオ生放送でます。

J‐WAVEの「GOOD MORNING TOKYO」。

別所哲也さんとのフリートークです。

ネタないのですが。
(ふだんは映画のプロモーションとかです)

朝8時20分頃から。

頭が起きているといいけれど。

ええと。

「国際ニコニコ映画祭」のネタは、また明日書きます。

15:47

コメント

ラジオ生放送頑張って下さい。関西では聴けないのかな?
聴きたいなぁ(*^_^*)

明日もブログ楽しみにしています。

投稿者:
Oct 10, 2007 10:50:34 PM

生放送頑張って下さい。

投稿者:
Oct 10, 2007 10:56:08 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム