Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/12/2007

2525MOVIE

ニコニコ動画を見てる方ならすでにご存知と思いますが、

「国際ニコニコ映画祭」

をスタートします。


ドワンゴさんとニワンゴひろゆきさんとでやりますが、

一応ぼくは企画プロデューサーというか、審査委員長というか、まとめ役というか、そんなような感じです。


これは、

・オリジナリティがあり、
・ニコニコ的にオモシロく、
・突っ込める

動画作品を応募(投稿)してもらって、
ニコニコ度の高い作品に賞を与えるという、
いわゆるコンペティション形式の映画イベントです。


知っているヒトは、

「ついにぼはなん最低映画祭がニコニコに進出したか」

と思ってもらってもよい。


「動画」は「映画」なんですか?

という素朴なツッこみに対しては、

これは
「ニコニコ」の「映画祭」ではなく、

「ニコニコ映画」のお祭りなんですよ。

いま「おまつり」と入力して変換したら
「男祭り」になってしまった。

なんという携帯か。


ええ、なんだったか。
そう、
「ニコニコ映画」とは何かというと、

まあ要するに動画に投稿されるような映像で、既存の作品ではないオモシロイもの。

つまりPC発の新しい映像エンターテイメント
です。

これまでの映画とも番組とも違う世界を期待しています。


審査員(という名前も古いから、変えようと思っとりますが)にはニコニコのユーザーをはじめ、
多彩なゲストを予定してます。
(いま「豪華な」と書いて消した)

定期的に選考するほか、
年1回のスペシャル・ライブイベント、

そして優秀作はなんと

「本当の映画になり映画館で上映される」

という構想もあります。


詳細はニコニコのページで見てください。

お楽しみに!

17:26

コメント

いい作品になるといいですね(*^_^*)頑張って下さい。

面白そうですね(^o^)/

投稿者:
Oct 12, 2007 10:19:13 PM

初コメントです。今更ですが・・・現在、ブラック・ジャック(アニメ)にハマってます!すべてDVDを大量レンタルし鑑賞しました。アニメでここまで泣いたのは、初めてです。ナダレ、メールの友情、ピノコ誕生、ちぢむ、がんばれ古和医院など、何度観ても涙がこみ上げてきます。ブラック・ジャックが存在していたらいいなぁ・・・と命の大切さを考えさせられたアニメ・作品です。めぐりあえて感謝です!

投稿者:
美里
Oct 20, 2007 9:36:18 AM

最低な作品が大賞に決定して本当に残念です。
不特定多数のユーザに見られ、さまざまな反応があるのも承知で、なぜこの作品にしたのでしょうか。
個人的には審査員たるあなたの過去の作品も含め考えされられる結果となりました。
非常に残念です。

投稿者:
すみぃ
Nov 28, 2007 8:57:44 PM

どうしてあの動画が選ばれたのかよくわかりません。
確かに感性は人それぞれだと思いますが、私にはどうしてもあの場のノリだけで決めてしまったように見えました。
もう少し見る人の気持ちも考慮して真剣に選んで欲しかったです

投稿者:
ぱっく
Nov 28, 2007 10:19:52 PM

初めまして、ニコニコ動画にてプレミア会員で動画を楽しんでいるkiriと云う者です。

国際ニコニコ映画祭の大賞作品【サンタ狩り】を見て大変不快に感じました、無抵抗のサンタをバットで殴り倒す動画は不快極まりないです。
何故に、暴力動画を大賞にしたのでしょうか?
見ていてニコニコ出来ませんでした、二回目の国際ニコニコ映画祭・大賞作が非人道的な物が選ばれない事を切つに願っています。

投稿者:
kiri
Nov 29, 2007 2:10:25 AM

はじめまして。
私も今回の国際ニコニコ映画祭大賞の「サンタ狩り」を見て不快に思った一人です。

サンタを古谷実さんが考え出した稲中のキャラクターである死ね死ね団の格好をして追いかけてバットのようなものでボコボコ殴るだけの動画のようですが、それが手塚さんのおっしゃる

・オリジナリティがあり、
・ニコニコ的にオモシロく、
・突っ込める

という内容だったのかと思うと疑問が強く残ります。
古谷実さん原作の漫画のネタを用いたことに、・オリジナリティがありますでしょうか?
ただバットで殴ることに・ニコニコ的にオモシロいことを感じることが出来ますでしょうか?
ほぼ無言でコメント(合いの手など)もしようのない動画に・突っ込めることが出来ますでしょうか?

ちょっと考えればわかることでしょう。
もしよろしければ私だけでなく、この記事についてコメントされた皆様にも審査委員長手塚さんのご返信もいただきたいと思います。

よろしくお願いします。

投稿者:
G
Nov 29, 2007 6:57:07 PM

サンタ狩りという作品が選ばれましたね。
・オリジナリティがあり
・ニコニコ的にオモシロく
・突っ込める
ですか。審査動画は見る気がしませんでした。

オリジナリティは感じませんでしたし、ニコニコユーザーにも不評のようだし、現に私もすごく不快です。「ニコニコ的」ってなんでしょうか?

突っ込むとしたら「サンタの格好をしてるひとを追いかけて暴力をふるう短い動画のどこがおもしろいのかまったくわからない」ということだけです。

別に期待していませんでしたが、この調子では二回目も期待しません。ただ自分の意見が書ける場所だけでもあってよかったと思います。
失礼します。

投稿者:
Dec 4, 2007 1:07:03 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム