Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/28/2007

YOKOHAMA

今日はこれから横浜学生映画祭に行ってきます。

日本とアジアの国々の学生たちが作った映画の競演。

ぼくが高校生のときに作った8ミリ映画『HIGH−SCHOOL−TERROR』がデジタル上映されるので、顔を出します。

この映画、学校の放課後にひとりで4時間で撮影した6分のショート・ムービーですが、内容はズバリ“学校の怪談”。

でも「学校の怪談」が流行るずっと前だったし、まだ日本に「ホラー」って言葉がない頃で、エンターテイメント的なショートムービーもあまりなかった、

つまり今となっては先駆けの映画。


評論家に絶賛され、ぴあのフェスティバルに入選し、街の名画座でプロの映画と一緒に上映されたり、角川映画が参考にみたいとフィルム借りていったり、いろいろありました。

でも自分では当時もいまも、あまり見せたくないほど「恥ずかしい」。


技術がヘタだから。


まあ、高校3年生じゃしょうがないのだけど。


そのときある評論家が、
「こんなうまい怪奇映画は観たことがない。しかし手塚さんにはクラシックの名演奏家になるより現代の音楽を奏でるような作家になってほしい」というような言葉をいただき、「そうか」と想って職人的な映画作りを捨てて、どんどん新しいことを始めちゃった。


そうなるには早すぎたのですが。


このあたりがぼくの幸と不幸ですね。

11:38

コメント

………頑張って下さいな(*^_^*)

私だって漫画家目指していますから。今日は専門学校の試験の日なのですよ(;_;)

投稿者:
Oct 28, 2007 12:48:20 PM

高校生のとき・・何を考えて生きていたのやら・・。15年前・・。タイムマシーンにのって、高校生の自分を見てみたいものです。きっと失敗とか気にしていなかった・・今はものすごい小心者で・・。手塚先生、ガンバ!ファイト!!です!長崎から応援しています!!

投稿者:
美里
Oct 28, 2007 7:45:59 PM

はじめまして。

11月21日の日記で各地の映画祭を紹介し、イベント情報を調べていて訪問しました。

本家のイベント検索サイトのアットサインでは、誰でもイベント情報を告知できます。
コンサート・展示会・フェア・ワークショップ・講演会等何でも紹介できますので、ぜひ御活用下さい。

ブログTOPからもリンクしていますが、下記から直接でもどうぞ。

http://atsign.jp/

ブログはこちらです。

http://plaza.rakuten.co.jp/atsignyu/

投稿者:
アットサインyu
Nov 22, 2007 3:22:10 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム