Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/27/2007

WORKSHOP2

朝日カルチャーセンターでの「映画演出ワークショップ」が終了。

完全に初心者向けでしたが、
さまざまな年齢、職業の方が集まり、話し甲斐がありました。


しかし、たったの2回、合計3時間で映画の演出のやり方を教えよう っていうのがどだい無謀です。

案の定、最後は時間切れの感。

まあ、それでも基礎の基礎だけはなんとかレクチャーできたかしら。

基礎をわかりやすく、ちゃんと教えるところは意外と少ないですよ。

日本の映画教育は「まずやってみろ」スタイルが多いから。


今回はあくまで「演出」という観点からのワークショップなので、カメラほか技術のレクチャーは省略。

映画制作の目的意識とか、俳優とのコミュニケーション、撮影アングルの選択、なんていう話に、
ミステイクを編集で救うテクニック、音楽の付け方など、現場で起こりそうな話題に軽く触れた感じです。

ダメな編集の例を見せたりとか、けっこう具体的ですよ。


ところが・・・

ここにトラブルが。


設備機材が扱えないよ〜〜(ToT)

PC、DVDなどを駆使するつもりが、自分の機材じゃないからうまく使えない。

手間取って、結局それが致命的に時間を奪ってしまった。

メカ・オンチなのがバレバレでしたね。

まあメカ・オンチでも演出はできるんですよ。

もし、次回やるときはもう少し時間に余裕を持たせて、
できれば10回連続、
ダメでも5回くらいのワークショップが良いかもしれません。

今日は台風の影響で大雨。

予定していたロケ撮影は中止になりました。

思わぬ休日が訪れて、個人的にはひと息・・・ 。

16:46

コメント

手塚さん、私もメカ・オンチですよ(*^_^*)エアコンなんか、温度上げ下げしかできませんから。あと何かのメカを1つ壊してしまった事もあります(笑)

後この話には関係ないのですが、私は漫画家を目指しています。出来ればですけどね…

そしていつか賞をとって手塚眞さんに会いたいですね。

夢の話だな…

投稿者:
Oct 27, 2007 6:39:56 PM

時間の流れは速いですよね。特に、焦っているときや急いでいるときの時間の流れは、本当に速いと思うんです。人を待っている時だけは、時間の流れがのんびりに感じてしまいますが、一日の時間が24時間では足りない・・・です。

投稿者:
美里
Oct 28, 2007 8:20:30 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム