Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/26/2007

SHOOT,SHOOT

フリーハンド・ショートムービー『ラブシステム』の撮影が続いてます。

本日は川崎の映像探偵社スタジオ(の一部)を【無理矢理】お借りしてのセット撮影。

例によって機材はすべてぼくが乗用車で【無理に】持ち込み、極少スタッフ(4名うち学生2人)で準備。


撮影というとなにか華やかな世界を想像するかもしれませんが、
汗かきながら地道に手で作るしかないのです。

華やかなのは映画の中だけで、舞台裏はなかなかセコくて情けないもんです。


それでも今日のゲスト出演者だけは(相変わらず)豪華。


まず、漫画家の内田春菊さん。

もちろん漫画家の役ではありません。

彼女は俳優としても活躍していますが、ぼくの映画には初です。

ひさしぶりにパーティで会って【無理矢理】口説いてしまった。

そんなときぼくは有無をいわせないんです。


そういえば、お宝ポラ写真を1枚持っているのですが、
ずいぶん前にウチのパーティで撮ったもので、
そこには春菊さん、玖保キリコさん、故・杉浦日向子さん、それに岡野玲子の4ショットで、しかも全員のサイン入り。

メチャ貴重です。

あと、春菊さんの本の表紙に先日モデルをしてもらった朱里さんが写っていたことがあり、

世の中はせまい。

というか、繋がっている。


さて、今日のもうひとりのゲストは萩原佐代子さん。

といわれてピン! とくる方は、彼女のモデル時代を知っているか、

さもなければ特撮オタクです。

実際、スタッフの八月さんは興奮気味に
「え〜〜! 伝説のヒトですよ」
と言うので、たぶん伝説の方なのです。


実は少し前にもショートムービーに出演してもらったのですが、
(ぼくも実はファンだった)
二度あることは三度あるでしょう。

やはり【無理矢理】お願いしての出演。

萩原さんも小野みゆきさんや甲田さんと近い世代のモデルでしたね。


そしてさらに、春菊さんの夫役で俳優の松山鷹志さん。

しかも見学でなぜか矢島晶子さん(クレヨンしんちゃん)までいらっしゃる。

もう、なにやらわからない現場です。

しかしぼくは和む暇も休む間もなく、1日中働いている。

一度撮影モードに入ると、ひたすら働き続けるだけ。

平然と見えて、過酷です。


明日は映画ワークショップで、あさつてはまた撮影、しあさつては横浜学生映画祭に舞台挨拶に行きます。

00:40

コメント

みょ~に無理矢理の言葉が多かったですな(笑)

しかも無理矢理スタジオを借りちゃってるし(^o^)/

今日のブログを読む限り、手塚治虫先生みたいでした。やはり親子ですね。

あまり無理しないで下さいね。
あと矢島昌子さんって凄いですよね、クレヨンしんちゃんの声をどうやって出しているのか不思議に思います。

投稿者:
Oct 26, 2007 7:14:53 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム