Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/03/2007

THE DAY

11月3日といえば、

もちろん手塚治虫の誕生日です。

文化の日、
ということはつまり明治天皇のご生誕日と重なっています。

で、マンガの日でもあります。


とはいえ、今年は特別な行事はありません。


ぼくはショー・イベントでささやかに映像やってます。


そうやって少しでも表現者活動をしている、現場に出ているというのが何よりの贈り物になるのでしょうか。


ぼくは父親に呪文をかけられていて、

それは

「お金もうけに生きるような人間になるな」

という言葉です。


おかげで貧乏暇なしです。

やりがいのある暇なしですが。


今回のショーも予算ゼロ。
たぶんギャラも限りなくゼロ。
おそらく持ち出しです。

予算ゼロではない仕事、どこかにありませんか?

16:04

コメント

手塚治虫先生お誕生日おめでとう!!

やはりあなたはすごい人です。尊敬します。

そして手塚さん、私も手塚治虫先生が言われたお言葉を心の中に入れておきたいと思います。
私は漫画家を目指していますが、漫画界はそうあまくないと思ってます。

私も頑張ります。

手塚さんも頑張って下さい。

後この話には関係ないのですが、手塚さんと私のお父さん一緒の年齢です(笑)
ちなみに私は平成元年生まれです。(ほんまに関係ない話しや)

投稿者:
Nov 3, 2007 4:45:49 PM

お誕生日おめでとうございます!!
お金は大事ですが、お金では買えないモノもあるから、人や世の中の価値観が平行だったら戦争や争いもなくなる気がします。平和を願いながら戦闘機を作ってお金を稼いで生活をしている人も居る。生きるためにはお金が要る。こういう矛盾だらけの世界で生かされている。
お金もうけに生きるような人間になるな・・。とても重い言葉ですが、私もそうありたいと思います。

投稿者:
美里
Nov 3, 2007 5:53:52 PM

1日遅れですが・・・
お誕生日おめでとうございます!

とっても素敵な映像でした!
脳に響いた気がします。
壁ギリの真横から観ておりましたので
できればもう一度正面から観てみたいです。
かけがえのない瞬間を共有できて光栄です。
お疲れ様でした!
(出張臨時PA&SE兼雑務係・・)

(・・・いつか手塚さんの映像に音を付けてみたいなんて大それたことを考えています)

投稿者:
Kサワ
Nov 4, 2007 5:59:27 AM

お父様のご生誕記念日おめでとうございます。
初めて書き込みさせて頂きます。
たぶん手塚様と同世代の者だと思いますが、呪文はやはり厳しいですね。
私は一般人ですが、今更ながら父の偉大さを思い知らされている毎日を過ごしています。小さな町の住人にすぎなかった父にこんな私が偉大さを感じているのですから、手塚様のご苦労とご心中おさっし致します。
しかしながら、手塚様の作品「夢で逢いましょう」の頃より楽しく拝見させて頂いております。
手探りで斬新な作品を追い続ける姿勢に共感しています。あえて頑張って下さいとは言えませんが、つぎのステップを追い続けて下さいませ。

さて、私の友人にも金儲けが下手で毎日を模索し続けている者がおります。雑学がお好きでしたら、是非立ち寄って下さいませ。
http://tisen.jp/
下記は手塚治虫先生の雑学。
http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/1_616d.html

投稿者:
ばら太郎
Nov 4, 2007 8:44:08 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム