Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/02/2007

LIVE VJ

明日はSeraphimのショーの映像をやります。

正確にいえば「ファッションショーの前に流す映像」なんですが。

クラシックのミニ・ライブがあるので、その背景にも映像を映す予定。

まあ、背景ですからじゃまにならない程度の薄い映像ですが。


昨日、朝までかかって編集しました。

ライブ用の映像は結構やっているのですが、なにしろデジタル苦手人間でしょ。

自然とアナログ〜な映像になってしまいます。

今回は自然の木や草を使ったグラフィックが中心になりそう。


最近、役者の出るドラマばかり撮っていたから、ひさしぶりに話のないグラフィック映像を作ると、

ああ、

いいなあ、やっぱり。

きれいなだけの映像は。


視覚的恍惚。


もともと大好きなんですよ。

理屈も話もない、純粋な映像美 って。


ふつうの映画好きには退屈かもしれませんが。

脳のちがう部分に響くんです。


ぼくが生まれて初めて監督した映画は50分のドラマでしたが、

2作めは台詞も物語も感動もない映画。


ぼくのアタマはこのふたつのクリエイティブの間を行ったりきたり、揺れています。

それでバランス取っている。


フシギなことに、作るときも意識が変わるんです。

映像そのものに演技をつけるというか。

映像に芝居をさせるというか。


そもそも、ことばや理屈から映画を解放させようというのが、ぼくの趣旨でもあります。

そして究極の目標は、このふたつが自然に組み合わさった、
溶け合った映画かな。

02:53

コメント

手塚さんの映画はあまり見た事ないですね(・_・;)見たとしてもブラック・ジャック二人の黒い医者くらいで…
でもまたいずれ見たいなぁと思っています(^O^)

明日は手塚治虫先生のお誕生日ですね。

手塚さんは、今年どのようなお祝いをするのでしょうか?

昔、手塚治虫先生の誕生日が来ると、必ず家族そろって食事に行ってたらしいですね。

投稿者:
Nov 2, 2007 7:17:23 AM

映画・映像もいいですが、ゲームを作って欲しいです。(心の叫び・・)脳のちがうところに響く・・・不思議な感じですが、そういうのわかる気がします。考えさせられる・・というか、何気に気ななって思い出してみたり・・。脳、記憶に残ると思います。目標のため頑張って下さい!!

投稿者:
美里
Nov 3, 2007 3:49:21 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム