Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/07/2007

2007

さて、
ひと息ついたところで次は新作の8mm映画に取りかからねばなりません。

12月に上映するための新作です。

なんで次々に作るかといえば、
映画作りもスポーツと同じなんですね。

続けないと気が落ちる。


さて新作は『2007』といいます。

例によって題名だけ先に決まっています。

去年『2006』で再会をはたした8mm。

その復活の先に見えるものは?


自分にとってさらに新しいイメージ、新しい8mmの冒険が待っています。


しかしひと息ついたといっても、

フリーハンドのショートムービーはまだ撮影が残っているし、撮影済みの作品の編集、応募がはじまった国際ニコニコ映画祭の準備、いつになるのかわからない商業作品や来年のイベントの打ち合わせ等々、
やることは山積みのままです。

そうそう、新潟にも行くのでしたっけ。

自分の会社経営という大事な任務もあります。


アタマは減らしたいのですが、身体はたくさんほしいなあ。


あ、
体重はいりません。

16:54

コメント

あはは体重はいらないか(笑)
でも手塚さん、失礼だと思いますが、テレビで聞いたことなんですけど中年の歳で太っていたら病気にかかりにくいそうですよ。

失礼でしたらすみません(・_・;)

8mm映画頑張って下さい。

投稿者:
Nov 7, 2007 8:09:44 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム