Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/23/2007

DIVA

今日の新潟の天気予報は雪。

降水確率は80%。

ほとんど撮影は無理かな、

と思いつつ、ダメもとで現場まで行きました。

今日の出演者は岡村知子さんといって、新潟市でただひとりインド舞踊を教えていて、インドで4年間修行してきた方。

踊りはバラタ・ナティアム。
南インドの古典舞踊です。

岡村さんは背が高く、端正できれいな方で、インド舞踊をする日本人にしては珍しいタイプかも。

もちろん初対面で、今日いきなりの映画出演でした。


すると。


彼女が装束を身につけて、メイクをして踊り始めると、たちまち雲が切れて太陽が当たるではないですか。

しかも、背景の日本海は強風で荒波。

そこに陽が射す美しさといったら。


ちなみに岡村さんの踊りはシバ神に捧げる踊りでした。

まあ、ぼくも晴れ男といいますか、いつも撮影には女神がついていてくれるのですが。


踊り終わって片づけて、さあ帰ろうとなったらたちまち曇って悪天に。

これを偶然というのは簡単です。

だからこそ、感謝しましょう。
天と地と、すべてのものに。


そのあと、さらに凄いことが起きたのですが、

その話はまた後日。

00:45

コメント

おっ、寸止めですね(笑)。
是非続きを。

新潟といえば、小生所縁の手塚一族の中に新潟で活躍された方がいます。 昭和初期の話ですが、新潟県内の中学校,高等学校の校長を歴任し、数多くの校歌を残しています。

つい最近その方の句集を入手することができ、読んでいるところなんですが、我が一族ながら
その内容に感心してしまっています。

ただ、その方の子孫の方とはもうお付き合いはなく。。。 こんなふうに、私達はつながりをなくしていくのかなとしみじみしたりします。

投稿者:
左京亮
Nov 23, 2007 8:24:17 AM

続きが気になりますね~(笑)

手塚さんって晴れ男だったんですか?ぜんぜん知りませんでした。確かお父様が雨男だと聞いた事があるのですが…。

投稿者:
Nov 23, 2007 9:38:35 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム