Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/04/2007

FASHONSHOW

ショーは盛況で、お客が会場に入りきれなくなるほど。

こじんまりとしたイベントでしたが、雰囲気はかなり良かったです。

会場、ファッション、音楽、映像がうまくコーディネートされて、はっきりした世界になっていました。

SERAPHIMのナカモトさんのコレクションではありましたが、アーティストもスタッフも、誰がだれということもなく、みんなで手伝って作り上げたイベントでした。

なんかこういう、仲間が集まってほのぼのとしたイベントもいいものですね。

映像を映すスクリーンは、白い花に囲まれてかわいいのですが、事務所の舞さんがひとりで作りました。

スクリーンなんて白い紙さえあればいいのですが、
ひと工夫あればずいぶんと違うモノです。


弦楽のライブをやった「青い月赤い薔薇」の選曲と演奏もよかった。

チェロとヴァイオリンの二重奏なんですが、
クラシックのライブに映像をつけるのは好きです。

テーマが「Romantique」だったので、フワフワと羽が生えたような、夢の中みたいな映像になりましたけど。

ナカモトさんの服は相変わらずきれいでかわいいし。

それを着たモデルは異色の豪華さで、あんじ、朱里さん、島村千草ちゃんが揃ったのがなんか同窓会っぽくて懐かしかった。

ぼくも10年前に返った気分で、映像をプレイしましたよ。

いろいろ反省はありますが、気持ちのよいイベントでした。

23:43

コメント

ファッションショー一度みてみたいなぁ(^O^)
私の住んでいる所は田舎でファッションショーなんてないから(^_^;)

投稿者:
Nov 4, 2007 11:52:06 PM

映像に音がつくだけで、不思議と感動の大きさが変化します。その中でもピアノの音、ヴァイオリンなどの音色は脳と心を鷲掴みしてしまいます。脳や心に残るモノを作る仕事って本当に素晴らしいです。人の心はお金では買えないと思うので、アイディアと心だと思います。

投稿者:
美里
Nov 5, 2007 9:46:59 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム